グラブル

グラブルラファエルは強い?雄々しき強風はどんな効果?

投稿日:

周年イベントでも登場した
四大天司の1人「ラファエル」

プレイアブル化はしていませんが

ガチャのSSR召喚石枠として
入手することができます。

そんなラファエルですが
強い召喚石なのでしょうか?

召喚効果には幻影付与にプラスして

「雄々しき強風」という特殊な効果を
敵に付与することができますが

これはどんな効果なのでしょうか?

ラファエルの性能に
ついて紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルラファエルは強い?雄々しき強風はどんな効果?

ラファエルは無凸でも
風属性キャラの攻撃力を
100%UPすることができるので

メイン加護で使用しても優秀な召喚石です。

グリームニル、ガチャアナトを所持していなければ
メイン加護に使って行くのもよいでしょう。
 

~サブ召喚石としても最高クラス!~
ラファエルはサブ召喚石に装備すると
風属性キャラのダメージ上限を
5%UPすることができます。

ダメージ上限を上げるものは
装備が整ってくると役立つ効果なので

グリームニル、ガチャアナトを手に入れても
使い道がある召喚石になっています。
 

~雄々しき強風効果~
雄々しき強風効果は敵の特殊行動を
封じることができる弱体効果になっています。

土属性の敵にのみ効果があり

リミテッドオリヴィエが使用する
宵闇の恐怖効果と同じようなものになります。
 

~ラファエルは強い?~
メイン加護の効果も強く
サブ召喚石で使用しても加護効果が得られ

サブの効果もダメージ上限UPなので
かなり強い召喚石と言えます。

数ある召喚石の中でも
アタリの召喚石なので

手に入れたら間違えて
強化素材に使用したり

エレメント化しないように
必ず保護をしておきましょう。

スポンサードリンク

ラファエルに金剛晶を使う価値はある?

ラファエルはサプチケ交換
できない召喚石なので

金剛晶を使う価値は十分にあります。

ダメージUPをするためにサブ加護の
上限UP効果はとても役立つので

風属性の装備が整ってきたら
ラファエルに金剛晶を使うのもよいでしょう。

スポンサードリンク

ラファエルのCVは誰?

ラファエルのCVは???
と、表記されていますが

CVの正体は元グラブルのプロデューサー

春田康一さんであると
以前の生放送で発表されています。

スポンサードリンク

まとめ

メイン加護の効果も高く
サブ加護で使用することで

ダメージ上限を上がることができるので
かなり強い召喚石です。

雄々しき強風効果は土属性の敵に対して
特殊行動を使用させない効果があるので

状況によってはかなり役立つ
召喚効果と言えるでしょう。

サプチケで交換できない召喚石で
ダメージ上限UPもあるので

金剛晶を使う価値は十分にあります。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルティターンは無凸でも使える?使うならやっぱり3凸前提?

マッチョの愛称でお馴染みの「ティターン」 神石と呼ばれる召喚石の1つですね。 特に狙っていたわけでは無いけど 無料ガチャ期間などでポロっと 出てくることもある召喚石です。 そんなティターンですが無凸で …

グラブル水着レフィーエは強い?手に入れた方がいいキャラ?

グラブルで初めて実装された 水着SSRキャラといえば 水着レフィーエですね。 EXPOSEも実装されて 注目されている水着キャラの 1人になっていると思います。 グラブルでも初期の方に 実装された水着 …

グラブル武器所持数の増やし方ってどうするの?最大何個まで持てる?

ガチャを引いているとあっという間に 武器の所持数がいっぱいになります。 始めた時は300個も持てれば 大丈夫だろうーと、思っていましたが 意外とすぐにいっぱいになるものです。 武器の所持数を増やしたい …

グラブルガチャピン人形の使い道コレって集めておいた方がいい?

ガチャピンコラボで入手できる トレジャー「ガチャピン人形」 別に集めているわけでは無いけど いつの間にか持っていた。 という人もいるのではないでしょうか? 報酬交換では使用しないトレジャーですが 何か …

グラブルでダマスカス鋼とヒヒイロカネの違いは?どっちが貴重?

「ダマスカスが黒くて、ヒヒイロが金」 「いや、そういうことじゃなくて」 グラブルの貴重品ということで ダマスカス鋼とヒヒイロカネって あるんですが、アレ同じもの? 違いは一体何なのでしょうか?

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ