キャンプ

キャンプの持ち物はチェックリストで忘れ物の無いように!

投稿日:

キャンプ 持ち物 チェックリスト

「キャンプに行くときコワイことといえば?」

それはなんといっても忘れ物…
非常に気まずい雰囲気になってしまいますね。
忘れた方も周囲の方もつまらなくなります…

そんな思いをしないためにも
持ち物のチェックはゼッタイ必要です!

今回は基本的なものから
バーベキューで特に必要なもの、
その他あると便利なものをチェックしていきます。

関連コンテンツ

キャンプの持ち物はチェックリストで忘れ物なし!

「おおまかにどんなものを持っていくの?」

まずは寝床の確保、テントや寝具に関する持ち物

□テント本体
□ペグ一式
□ハンマー
□シャベル
□グランドシート
□フロアマット
□アルミマット
□シェラフ(寝袋)
□まくら、クッション
□毛布、かけ布団
□ランプ、ランタン
□懐中電灯
□ヘッドライト

注意したいのがランプやランタンです。
これは電池式のものを用意しましょう。
ガスランタンは火事の原因になります。

「懐中電灯あればヘッドライトいらなくない?」

って思いがちですが両手が使えて
なにかと便利なのでむしろヘッドライト推奨です。

続いてリビング関連の持ち物をチェックします。

□タープ本体
□タープポール
□ペグ一式
□テーブル
□イス
□ランプ、ランタン
□ランタンスタンド
□パラソル
□懐中電灯
□ヘッドライト
□ロープ
□マントルの予備

イスは人数分用意するのを忘れずに。
アームレストは両方あるタイプで
さらにドリンクホルダーがあると快適です。

最後に衣類関係の持ち物をチェックしましょう。

□着替え
□下着
□水着
□帽子
□タオル
□バスタオル
□マリンシューズ、ビーチサンダル
□サングラス
□レインスーツ、雨具

特に急な雨にはヤラれますので
レインスーツは必須アイテムです。

スポンサードリンク

キャンプの持ち物でバーベキューで特に欲しいものは?

「バーベキュー、食事関連の持ち物は何を用意すればいい?」

キャンプといえば大自然の中で食べるごはん!
特にバーベキューはもうチョー最高!ですね^^
持ち物は特にしっかりチェックしましょう。

□バーベキュー用のコンロ
□七輪、焚き火台
□炭、まき
□網
□バーナー
□燃料(ガス、ホワイトガソリン、カセットガス)
□炭用のトング
□軍手
□ライター(チャッカマン)
□うちわ
□新聞紙

「燃料がいろいろ選択肢があって、よくわからない…」

そんな方はカセットガスタイプのバーナーがオススメ。
スーパーやコンビニでの調達がラクなだけでなく
燃料代も若干安いというのが理由です。

肝心の食べ物や食器関連もチェックしていきましょう。

□食材
□飲み物
□調味料
□ウォータータンク
□水
□クーラーボックス
□保冷材、氷
□鍋、フライパン
□包丁、ナイフ
□はさみ
□缶切り、栓抜き
□トング
□まな板
□はし(人数分より少し多めに)
□スプーン、フォーク(少し多めに)
□串
□乾燥ネット
□食器(人数分より多めに)
□コップ
□お玉
□しゃもじ
□フライ返し
□ボウル
□ざる
□計量カップ
□真空パック
□タッパー
□アルミホイル
□ラップ
□キッチンペーパー
□スポンジ
□コンロ用のたわし
□ふきん
□洗剤
□ゴミ袋、ビニール袋
□バケツ

調味料は特に忘れ物が多いので
さらにこまかくチェックしましょう。

□塩コショウ
□しょうゆ
□塩
□油
□焼き肉のたれ
□焼き鳥のたれ
□マヨネーズ
□ソース
□マスタード
□みそ
□バター
□ケチャップ

このほかに用意したいのがお菓子に
カップラーメンもあると良いでしょう。

「食材の量、目安はどれぐらい?」

慣れてないとこの辺もわからないですよね。
だいたいなんですが1食あたり200gから300g、
大食いの方なら500g以上は用意しましょう。


スポンサードリンク

キャンプの持ち物であると便利なものといえば?

「その他あると便利なものは?」

いつもと違う外での暮らしに
あればよかった~ってものをチェックしました。

□めがね、コンタクト
□めがねふき、コンタクト洗浄液
□目薬
□保険証のコピー
□帽子
□救急セット、常備薬
□日焼け止め
□洗顔セット、歯ブラシ
□シャンプー、ボディソープ
□カメラ
□携帯電話
□充電器
□電池
□ラジオ
□ロープ
□輪ゴム
□虫よけスプレー、蚊取り線香
□洗濯石鹸、洗濯バサミ、洗濯ロープ
□針金ハンガー
□本
□新聞紙
□筆記用具(マジック、サインペン)
□トイレットペーパー
□ハンカチ、タオル
□トランプ、ウノなど遊ぶもの
□灰皿(喫煙者必須)
□ガムテープ(布テープ)
□カッターナイフ
□サイリウム
□ミニほうき、ちりとり
□大きめのゴミ袋

メガネやコンタクトをしてる方は特に
汚れが気になるので洗浄系は忘れずに!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?
持っていくものは多いですが
どれも大切で忘れては困るものです。

1つ1つ確実にチェックして
当日は楽しい時間をすごしましょう(・∀・)

-キャンプ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプ場に予約なしで行くなら関東圏のオススメはどこ?

「あ、キャンプ行きたいなあ」 ふと、自然に囲まれて過ごしたくなることがあります。 雑多な都会や人里をはなれて、何をするでもなく ぼけ~っと1日をのんびりしたいこと、ありますよね。 今回はそんなときに飛 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ