グラブル

グラブル討滅戦のマニアックって毎日やるべき?サボっていいコンテンツ?

投稿日:

「討滅戦のマニアックってやってる?」

以前はローテ式だった
エクストラクエスト討滅戦。

現在は常設化されていつでも
プレイできるようになっています。

討滅戦のマニアックは
1日に1回しかプレイできませんが

これって毎日やるべきなのでしょうか?

討滅戦マニアックは日課にするべき?それとも
サボってもいいコンテンツなのでしょうか?

関連コンテンツ

グラブル討滅戦のマニアックって毎日やるべき?サボってもいいコンテンツ?

~討滅戦のマニアックは毎日やってる?~
以前はローテ式で1日2回
プレイすることができたマニアック。

常設化されたことで挑める回数が
1日1回に変更されました。

餌に使えるSSR武器。
属性エレメントになるSSR召喚石。

各属性のプシュケーがレアドロップしますが
グラブルでやっておきたい日課も増え

討滅戦のマニアックを
全てこなすのはかなり大変なので

無理に毎日やる必要は無いでしょう。

どちらかと言えばサボってもいい
コンテンツの1つに入ります。

月に5個までハーフが交換できるので
最低限ハーフの交換だけはやっておきましょう。

スポンサードリンク

討滅戦のマニアックをクリアするにはどれくらいの戦力が必要?

武器、召喚石、所持しているキャラで
クリアできるかどうか変わるので

明確な戦力は提示しにくいですが

目安の一つとして
「各属性のマグナをソロで倒せるか?」

というのが基準になります。

マグナと違い道中戦に厄介な
状態異常を持った敵もいるので
マグナ戦と勝手は違いますが

ソロでマグナが倒せるようになったら
クリアできる可能性はかなり高いです。

スポンサードリンク

ヒヒイロカネが出るって聞いたけどホント?

討滅戦がローテだった頃は超低確率ですが
ヒヒイロカネをドロップしていました。

しかしそれも昔のお話。

常設化されるようになってからは
ヒヒイロカネは報酬から出なくなりました。

以前はわずかな確率を信じて
1日2回日課にしている人もいましたが

毎日通い続けてヒヒイロカネ0
というのも珍しいことでは無かったのです。

むしろ討滅戦のマニアックから
ヒヒイロカネを引けた人は

かなりラッキーだったのでは無いでしょうか?
それくらいのドロップ率でした。

スポンサードリンク

まとめ

討滅戦のマニアックは常設化されてから
ヒヒイロカネがドロップしなくなりました。

SSR武器、召喚石、プシュケーなどが
レアドロップするコンテンツですが

グラブルでやっておきたい日課も増えたので
無理に毎日こなす必要は無いでしょう。

優先度はかなり低いので
サボってもいいコンテンツに入ります。

月に5個までハーフを交換できるので
最低限ハーフだけは交換しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル疾風怒濤の傭兵コンビの使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

スツルム&ドランク傭兵お仕事帖で入手できる SSR召喚石「疾風怒濤の傭兵コンビ」 ありそうで無かったスツドラの キャラ召喚石がついに実装されましたね。 イベント限定入手の召喚石ですが とっておくべきな …

グラブルのアテナ自発はどこの島で?武器のドロップ率は?

「マルチプレイでアテナ見たんですよ」 「ああ、いるねアテナ」 「ボクも自発したいんだけど、どこなの?」 「そこからかーw」 火属性強化するならアテナの自発は マグナ超えに必要なもののひとつですね。 自 …

グラブル火雷大神の使い道はある?餌にしてもいい武器?

6周年イベ、こくうしんしんで 入手できるSSR武器「火雷大神」 シスが使っている武器を 連想させるグラになっていますね。 イベントでしか入手できない武器ですが 取っておいた方がよいのでしょうか? 火雷 …

グラブル永遠拒絶の太刀の第二スキルは何がいい?ペンデュラム交換のおすすめ

闇属性の終末武器「永遠拒絶の太刀」 攻撃とHPを両方上げることができる スキルを所持している武器なので 現在のグラブルで理想編成に 欠かせない武器です。 第二スキルは4種類の中から どれか1つを選択し …

グラブル武勲交換のおすすめ

マルチバトルをプレイして一定数の貢献度を 稼ぐことでもらえる武勲の輝き。 集めることで特定の報酬と 交換することができます。 交換できるものは複数あるので 「どれを交換したらよいのか?」 悩む人もいる …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ