グラブル

グラブル討滅戦のマニアックって毎日やるべき?サボっていいコンテンツ?

投稿日:

「討滅戦のマニアックってやってる?」

以前はローテ式だった
エクストラクエスト討滅戦。

現在は常設化されていつでも
プレイできるようになっています。

討滅戦のマニアックは
1日に1回しかプレイできませんが

これって毎日やるべきなのでしょうか?

討滅戦マニアックは日課にするべき?それとも
サボってもいいコンテンツなのでしょうか?

関連コンテンツ

グラブル討滅戦のマニアックって毎日やるべき?サボってもいいコンテンツ?

~討滅戦のマニアックは毎日やってる?~
以前はローテ式で1日2回
プレイすることができたマニアック。

常設化されたことで挑める回数が
1日1回に変更されました。

餌に使えるSSR武器。
属性エレメントになるSSR召喚石。

各属性のプシュケーがレアドロップしますが
グラブルでやっておきたい日課も増え

討滅戦のマニアックを
全てこなすのはかなり大変なので

無理に毎日やる必要は無いでしょう。

どちらかと言えばサボってもいい
コンテンツの1つに入ります。

月に5個までハーフが交換できるので
最低限ハーフの交換だけはやっておきましょう。

スポンサードリンク

討滅戦のマニアックをクリアするにはどれくらいの戦力が必要?

武器、召喚石、所持しているキャラで
クリアできるかどうか変わるので

明確な戦力は提示しにくいですが

目安の一つとして
「各属性のマグナをソロで倒せるか?」

というのが基準になります。

マグナと違い道中戦に厄介な
状態異常を持った敵もいるので
マグナ戦と勝手は違いますが

ソロでマグナが倒せるようになったら
クリアできる可能性はかなり高いです。

スポンサードリンク

ヒヒイロカネが出るって聞いたけどホント?

討滅戦がローテだった頃は超低確率ですが
ヒヒイロカネをドロップしていました。

しかしそれも昔のお話。

常設化されるようになってからは
ヒヒイロカネは報酬から出なくなりました。

以前はわずかな確率を信じて
1日2回日課にしている人もいましたが

毎日通い続けてヒヒイロカネ0
というのも珍しいことでは無かったのです。

むしろ討滅戦のマニアックから
ヒヒイロカネを引けた人は

かなりラッキーだったのでは無いでしょうか?
それくらいのドロップ率でした。

スポンサードリンク

まとめ

討滅戦のマニアックは常設化されてから
ヒヒイロカネがドロップしなくなりました。

SSR武器、召喚石、プシュケーなどが
レアドロップするコンテンツですが

グラブルでやっておきたい日課も増えたので
無理に毎日こなす必要は無いでしょう。

優先度はかなり低いので
サボってもいいコンテンツに入ります。

月に5個までハーフを交換できるので
最低限ハーフだけは交換しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル孤独の竜姫で手に入るSSR武器と召喚石は取っておくべき?

2017年8月31日に始まった シナリオイベント「孤独の竜姫」 今回はバハムートでは お馴染みのマナリア学園のメンバーが グラブルに参戦しましたねー シナリオイベントで 毎回気になるものと言えば SS …

グラブルわたしの愛しのアウギュステのメグ信頼度上げ質問と正解全パターン

グラブル夏のシナリオイベント「わたしの愛しのアウギュステ」 今回は久しぶりに信頼度キャラメグを仲間にすることができます。 加入までに信頼度エピソードがあり質問に対して3択で答えるパターン。 早くメグを …

グラブルマリスフラグメントを効率よく集める方法

「マリスフラグメント集めないとなー・・・」 バハムートを5凸にする時に 必要になる素材「マリスフラグメント」 ティアマトマリスから ドロップするトレジャーになります。 5凸にするには10個必要なトレジ …

グラブルで武器の育成が終わったら何を日課にすると良い?

「武器の育成終わった!グラブル!完!」 「まだまだ極めたとはとはいえんぞ!」 武器の育成が終わっても まだまだ修行(日課)は続くんじゃ! そんなわけで今回は武器の 育成終了後に日課にした方が 良いもの …

グラブルアークエンジェル武器を効率よく集める方法

武器の強化素材として使用する アークエンジェル武器。 レベル100までであれば そこまで使用しませんが 最終上限解放して武器の最大レベルが 150になると不足しがちになります。 たくさん使用するものな …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ