FEH

FEH魔器女ルフレにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2022年10月17日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は覚醒から女ルフレ(ギムレー)が
魔器英雄として実装されました。

1度だけですが継承しても
キャラが無くならない魔器英雄。

継承素材だけで無く、性能面も
期待できるキャラになっています。

魔器女ルフレを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

魔器女ルフレにスキル継承するなら何がおすすめ?

補助スキルを継承して
スキルの穴を埋めておきましょう。

入れ替えの継承がおすすめです。
ソール、ツバキなどから継承出来ます。

~その他、スキル継承おすすめ~
・聖盾

遠距離攻撃のダメージを
50%軽減できるスキル。

盾壁隊形と相性が良いスキルなので

遠距離攻撃を軽減したい場合は
スキル継承しておきましょう。

星4ジェイガンから継承出来ます。

・兜の護り手・遠間3

周囲2マス以内にいる味方の
遠距離攻撃を代わりに受けるスキル。

聖盾と相性が良いので
聖盾を継承する場合は
セットで覚えておきましょう。

バレンタインヘンリエッテ
開花フィヨルムから継承出来ます。

スポンサードリンク

魔器女ルフレスキル構成一例

武器:魔器ギムレー
補助:入れ替え
奥義:大盾
 A:邪竜の重鱗
 B:盾壁隊形3
 C:刃の護り手・近間3
聖印:近距離防御3

~継承に必要なキャラ~
入れ替え:ソール、ツバキ

魔器女ルフレは初期スキルで
完成された良さがあるので

無理に崩さず使って行きましょう。

どうしても崩したい場合は
聖盾+護り手・遠間3を継承した

遠距離攻撃対策キャラとして
使って行きましょう。

聖印は近距離防御の他にも
遠反・竜専用がおすすめ。

他のキャラで使っていない場合は
セットしておきましょう。

スポンサードリンク

魔器女ルフレの個体値と個人的な評価

LV40
HP43 攻撃57 速さ44
守備35 魔防33

※武器、スキルを含めた個体値

~個人的な評価~
・初期スキルが完成されているので
補助を継承出来れば即戦力になる。

・速さが高いタイプの重装。
専用スキルに重装特攻無効持ち。

・護り手・近間持ちのキャラ。
近接キャラ対策に使用するのが役割。

・竜特攻は防げないので
竜特攻持ちには注意。

魔器ギムレーは絶対追撃持ちなので
速さが低いキャラに継承するのがおすすめ。

HP回復、ダメージ+もあるので
専用武器が無い竜キャラに継承して

更に活躍出来るようにしておきましょう。

キャラとしても継承素材としても
使える便利なキャラ。

所持していなければ天井交換などで
入手しておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

入れ替えを継承して
スキルの穴を埋める。

初期スキルが完成しているので
補助以外継承する必要無し。

遠距離攻撃対策をしたい場合は
聖盾+護り手・遠間3を継承する。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEH正月アルフォンスにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年1発目の比翼英雄として 実装された正月アルフォンス。 兵種は歩行のままですが 武器と属性が変更され青魔になりました。 正月アルフォンスを運用する時に 気になるのがスキル継承。 運用する場合に …

FEH絆英雄マルス&シーダインファナル攻略クリア編成と手順紹介

2019年7月6日の更新で 実装された新たな絆英雄戦。 ありそうでなかった マルス&シーダが実装です。 ピックアップガチャでカチュアが 入っている状況を私はどうやって 受け止めていいのかわかりませんで …

FEH総選挙ベレスにスキル継承するなら何がおすすめ?

2022年8月17日の更新で実装された新たな英雄。 今回は風花雪月からベレスの総選挙バージョンが実装されました。 安定の人気と強さがあるベレス先生。 総選挙バージョンでは飛行無属性魔になりました。 総 …

FEH聖祭ナンナにスキル継承するなら何がおすすめ?

2021年9月7日の更新で実装された新たな英雄。 今回はトラキアからナンナが聖祭超英雄枠で実装されました。 ナンナの超英雄化は今回が初。 トラキアのキャラは少ないのでどんどん増えて欲しいと個人的に思っ …

FEHディミトリにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年7月22日の ガチャ更新で実装された新たな英雄。 今回は風花雪月からディミトリが 早くもFEHに参戦です。 ゲームをまだプレイしていないので どんなキャラかわかっていませんが 今のところFE …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ