グラブル

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?使い道はある?

投稿日:

「ユグ弓って使えるっけ?」

ユグマグを討伐していると手に入る
SSR武器、世界樹の蔦弓・マグナ。

背水スキルを持っている
マグナ武器になっています。

背水は武器によってはかなり
使えるスキルになっていますが

ユグ弓も使える武器なのでしょうか?

それともスキル上げの
餌にしてしまってもよいでしょうか?

ユグ弓に使い道はあるのでしょうか?

  

関連コンテンツ

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?

マグナ背水IIがあるユグ弓。
餌にしてしまってもよいでしょうか?
 

~ユグ弓は餌にしてもよい?~
ユグ弓は昔はかなり強く
剣の代わりに使用していましたが

かなり前に修正が入って
大幅に弱体された武器の1つになっています。

マグナ編成で背水武器を
使いたい場合は必要になる装備ですが

通常編成で使うことは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

ユグ弓はマグナ武器の中でも
ドロップしやすい部類に入るので

「欲しいなあ」と思った時に
集めても問題無い武器になっています。

スポンサードリンク

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合何本必要?

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合
何本必要になるでしょうか?
 

~ユグ弓をマグナ編成で使う場合~
グラウンドゼロで一気に
HPを減らすことができるサラーサ。

ギルティブレイクでHPを
減らすことができるアイル。

この2キャラを土属性の
メインで使っている場合で

背水編成をマグナでやってみたい場合は
ユグ弓を入れてもよいでしょう。

ユグ弓は2本もあれば十分です。

肝心の強さですがそれほど強くは無いので
あくまでも趣味の領域だと思います。

実用性はそれほど無いので
無理に揃える必要はありません。


スポンサードリンク

マグナ武器は剣以外餌にしても大丈夫?

弓以外でも杖、短剣を
SSR武器としてドロップするユグマグ。

剣以外は餌にしてもよいでしょうか?
 

~剣以外は餌でも大丈夫?~
ユグ武器は攻刃枠として使えるのは
基本的にユグ剣だけなので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

剣が理想本数揃っていない場合は
杖で代用することもあるので

剣が理想本数揃っていない場合のみ
杖は餌に使わず取っておきましょう。

短剣に関してはまず出番が無いので
悩むことなく餌に使っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ユグ弓は以前は強い武器でしたが
かなり前に調整されて弱くなりました。

通常編成使われることは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

マグナで背水編成をする場合であれば
2本ユグ弓が入ることもありますが

それほど強くは無いので
無理に作る必要は無いでしょう。

ユグ武器は剣以外は
あまり使い道が無いので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルのアテナ自発はどこの島で?武器のドロップ率は?

「マルチプレイでアテナ見たんですよ」 「ああ、いるねアテナ」 「ボクも自発したいんだけど、どこなの?」 「そこからかーw」 火属性強化するならアテナの自発は マグナ超えに必要なもののひとつですね。 自 …

グラブル春ノ柔風は交換するべき?使い道はある?

四象降臨の輝き交換報酬として 追加実装された「春ノ柔風」 武器種は楽器になっています。 四象武器は入手難易度の割には 高性能な武器が揃っていますが 春ノ柔風は交換しておいた方が よい武器なのでしょうか …

グラブル四象開催!2017年4月の変更点と攻略法について

「四象がはじまるよ!」 4月10日17時から15日まで開催される 四象降臨!なにやら変更点が あるようなのですが何なのでしょうか? どんなアイテムを取っておけば 良いのか?攻略法も把握して 効率良くイ …

グラブルの装備は比率によりダメージUP!編成はどうする?

「うーん、なんだか強さが頭打ち…」 「どれどれ、うわ!古戦場武器ばっかり!」 攻撃力が高い武器ということで 鍛えた結果、あまり強くならないと お嘆きのあなた、その編成に異議アリ! グラブルはただ強い装 …

グラブルエビスプレッダーは強い?交換しておいた方がいい?

プレミアムフライデー限定クエストで 入手できるSSR武器「エビスプレッダー」 火属性のSSR銃でエビの形をした ユニークな武器になっています。 エビフライ・レプリカが やっと3個集まったので 交換でき …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ