グラブル

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?使い道はある?

投稿日:

「ユグ弓って使えるっけ?」

ユグマグを討伐していると手に入る
SSR武器、世界樹の蔦弓・マグナ。

背水スキルを持っている
マグナ武器になっています。

背水は武器によってはかなり
使えるスキルになっていますが

ユグ弓も使える武器なのでしょうか?

それともスキル上げの
餌にしてしまってもよいでしょうか?

ユグ弓に使い道はあるのでしょうか?

  

関連コンテンツ

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?

マグナ背水IIがあるユグ弓。
餌にしてしまってもよいでしょうか?
 

~ユグ弓は餌にしてもよい?~
ユグ弓は昔はかなり強く
剣の代わりに使用していましたが

かなり前に修正が入って
大幅に弱体された武器の1つになっています。

マグナ編成で背水武器を
使いたい場合は必要になる装備ですが

通常編成で使うことは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

ユグ弓はマグナ武器の中でも
ドロップしやすい部類に入るので

「欲しいなあ」と思った時に
集めても問題無い武器になっています。

スポンサードリンク

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合何本必要?

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合
何本必要になるでしょうか?
 

~ユグ弓をマグナ編成で使う場合~
グラウンドゼロで一気に
HPを減らすことができるサラーサ。

ギルティブレイクでHPを
減らすことができるアイル。

この2キャラを土属性の
メインで使っている場合で

背水編成をマグナでやってみたい場合は
ユグ弓を入れてもよいでしょう。

ユグ弓は2本もあれば十分です。

肝心の強さですがそれほど強くは無いので
あくまでも趣味の領域だと思います。

実用性はそれほど無いので
無理に揃える必要はありません。


スポンサードリンク

マグナ武器は剣以外餌にしても大丈夫?

弓以外でも杖、短剣を
SSR武器としてドロップするユグマグ。

剣以外は餌にしてもよいでしょうか?
 

~剣以外は餌でも大丈夫?~
ユグ武器は攻刃枠として使えるのは
基本的にユグ剣だけなので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

剣が理想本数揃っていない場合は
杖で代用することもあるので

剣が理想本数揃っていない場合のみ
杖は餌に使わず取っておきましょう。

短剣に関してはまず出番が無いので
悩むことなく餌に使っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ユグ弓は以前は強い武器でしたが
かなり前に調整されて弱くなりました。

通常編成使われることは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

マグナで背水編成をする場合であれば
2本ユグ弓が入ることもありますが

それほど強くは無いので
無理に作る必要は無いでしょう。

ユグ武器は剣以外は
あまり使い道が無いので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルガチャSR武器の有効な使い道自分はこれに使ってます

「ガチャSR武器ってどうしてる?」 ガチャでも入手可能なSR武器。 武器によっては序盤の 即戦力になるものもありますが ある程度装備が揃ってくると 自然と編成から外れていき そのまま倉庫へ眠ることも多 …

グラブル宝晶石の使い道は?今すぐ使うなんてとんでもない!

「よっしゃ!宝晶石入ったで~♪ガチャポチー☆」 やめて! グラブルの宝晶石は現金と同じように 使えるので浅はかな使い方は厳禁! どうやって貯めるのかから始まって 何に使うと効率が良いのか? ガチャを引 …

グラブルのチャレンジクエスト百八煩悩がクリアできない人へ

「ゴォォォーン…」 ジョヤさんをひたすら殴る 今回のチャレンジクエスト、 ちょっとクセがありますね。 108回殴ればいいんですが それまでの妨害が なかなかイヤラしいです。 クリアする方法を まとめま …

グラブルの初心者、中級者、上級者の基準ってどう決めてる?

「まだまだ初心者ですがよろしくお願いします!」 「ほほーどれどれ…」 マグナ4凸!ハデス!グラシ! シュバ剣で装備埋め尽くし! どっこい!これが初心者…! まだまだ道半ばゆえに…! しょしん…しょ…し …

グラブルオクトポーデ攻略法は?特殊技の対策はどうする?

2017年8月の古戦場ボスは水属性。 新しく追加されたHELLボス オクトポーデが追加されました。 水属性のボスらしく タコのボスになっています。 弱そうに見えますが 特殊技は強力なのでしっかり対処し …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ