グラブル

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?使い道はある?

投稿日:

「ユグ弓って使えるっけ?」

ユグマグを討伐していると手に入る
SSR武器、世界樹の蔦弓・マグナ。

背水スキルを持っている
マグナ武器になっています。

背水は武器によってはかなり
使えるスキルになっていますが

ユグ弓も使える武器なのでしょうか?

それともスキル上げの
餌にしてしまってもよいでしょうか?

ユグ弓に使い道はあるのでしょうか?

  

関連コンテンツ

グラブルユグ弓は餌にしてもよい?

マグナ背水IIがあるユグ弓。
餌にしてしまってもよいでしょうか?
 

~ユグ弓は餌にしてもよい?~
ユグ弓は昔はかなり強く
剣の代わりに使用していましたが

かなり前に修正が入って
大幅に弱体された武器の1つになっています。

マグナ編成で背水武器を
使いたい場合は必要になる装備ですが

通常編成で使うことは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

ユグ弓はマグナ武器の中でも
ドロップしやすい部類に入るので

「欲しいなあ」と思った時に
集めても問題無い武器になっています。

スポンサードリンク

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合何本必要?

ユグ弓をマグナ編成で使用する場合
何本必要になるでしょうか?
 

~ユグ弓をマグナ編成で使う場合~
グラウンドゼロで一気に
HPを減らすことができるサラーサ。

ギルティブレイクでHPを
減らすことができるアイル。

この2キャラを土属性の
メインで使っている場合で

背水編成をマグナでやってみたい場合は
ユグ弓を入れてもよいでしょう。

ユグ弓は2本もあれば十分です。

肝心の強さですがそれほど強くは無いので
あくまでも趣味の領域だと思います。

実用性はそれほど無いので
無理に揃える必要はありません。


スポンサードリンク

マグナ武器は剣以外餌にしても大丈夫?

弓以外でも杖、短剣を
SSR武器としてドロップするユグマグ。

剣以外は餌にしてもよいでしょうか?
 

~剣以外は餌でも大丈夫?~
ユグ武器は攻刃枠として使えるのは
基本的にユグ剣だけなので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

剣が理想本数揃っていない場合は
杖で代用することもあるので

剣が理想本数揃っていない場合のみ
杖は餌に使わず取っておきましょう。

短剣に関してはまず出番が無いので
悩むことなく餌に使っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ユグ弓は以前は強い武器でしたが
かなり前に調整されて弱くなりました。

通常編成使われることは無いので
餌として使ってしまってもよいでしょう。

マグナで背水編成をする場合であれば
2本ユグ弓が入ることもありますが

それほど強くは無いので
無理に作る必要は無いでしょう。

ユグ武器は剣以外は
あまり使い道が無いので

餌として使ってしまってもよいでしょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルのクラス4ジョブ優先度が高いのは?コレから取ろう!

「よっしゃあ!クラス4とれる!」 石マルチ…グランデ…銀天… いろいろやってようやく 手が届いたクラス4ジョブ! でも現実問題としてJPを けっこう使うので ヘンに全部取れないなあ… 優先度の高いジョ …

グラブルの砂レンガを効率よく集めるならどのクエスト?

「砂レンガ持って来いよ♂」 ウリエルさんの武器を鍛えるのに 砂レンガが要求されますが どのクエが効率が良いのか? 他トレジャーの使い道は? トレハンに意味はあるのか? 気になるギモンを解決しよう! 関 …

グラブルガチャ更新!スタレジェの属性で一番引きたいのは?

「スタレジェも増えたよな~」 昔は2か月に1度だったんですが いつのまにか月1でやるようになって とうとう月に2回やるように… そのうち週1でやるのかw? 何かと見かける機会の多い ガチャになっていま …

これからのグラブル1月号更新!サムスピコラボと火属性強化

2017年もグラブル盛り上がってますね。 まさかのサムスピコラボに 弱いと言われている火属性の強化! キャラごとにゼニスが!? MVP報酬が変わる!? アニメって結局いつから!? 気になることがいっぱ …

グラブルさくらのメダリオンを効率よく初心者でも集められる方法は?

2017年10月10日から 開始したグラブルCCさくらコラボ。 装備や召喚石、スキンを集めるのに 必要になるトレジャーアイテムといえば さくらのメダリオンですねー たくさん使うトレジャーアイテムなので …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ