グラブル

グラブルアリーザって強くなった?実際運用してみた感想

投稿日:

「そういえばアリーザって
強化されてたよなあ・・・」

火属性恒常SSRキャラの1人アリーザ。

実装当初から目立って活躍することが無く
性能面が微妙なキャラになっています。

アリーザは以前バランス調整が
行われていましたが

調整が行われたことによって
強くなっているのでしょうか?

気になったのでアリーザを
運用してみることにしました。

強化されたアリーザを
実際に使ってみた感想を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブルアリーザって強くなった?実際に運用してみた感想

アリーザって強くなった?
実際に運用してみた感想を紹介していきます。
 

~アリーザって強くなった?~
実際に使ってみると思うのは
「想像以上に弱くは無い」です。

かばうカウンターもあり奥義の追加効果で
クリティカル確率もUPします。

2アビでダメ上限を上げることもでき
3アビで累積攻撃UPがあるので

中~長期戦になればそれなりに
使えるアタッカーだと思います。

ですが理想キャラが強すぎてどうしても
見劣りするというのが正直な意見。

火属性で長期戦になる場面も
古戦場の100HELLくらいなので

理想キャラが揃っていると
やっぱり使う機会がどうしても
無くなるなあと思いました。

スポンサードリンク

LBは何に振るべき?

アリーザのLB。
何に振るべきでしょうか?
 

~アリーザのLB~
クリティカル確率UPが3つと
火属性攻撃UPが1つあるので

まずはこれに全て振っておきましょう。

キャラのクリUPは優秀なので
迷ったらこれに振っておきましょう。

残りは奥義ダメージ、防御力
風属性ダメージ軽減が割り振り候補です。

DAは累積UPがあるので
LBで振る必要は無いでしょう。


スポンサードリンク

アリーザ以外のキャラ編成はどうする?

アリーザを運用していく場合の
キャラ編成は誰を入れるとよいでしょうか?
 

~アリーザ以外の使用キャラ~
アリーザは連撃UPが無いので
連撃UPができるキャラと相性がよいです。

・アニラ
・ツバサ
・ガンダゴウザ

このあたりが候補キャラになります。

特にガンダゴウザは得意武器格闘キャラの
連撃率をUPするサポアビがあるので

サポアビを活かせるキャラになっています。
 

最終上限解放した2アビで
追撃ダメージを付与できる

ユエルとも相性がよいので
セットで使って行きましょう。

自分が運用している時は
ユエル、アリーザ、アニラを
使って行く時が多いです。

スポンサードリンク

まとめ

強化はされているので
弱いキャラではありません。

累積攻撃力UPがあるので
中~長期戦に向きます。

しかし火属性で長期戦をする
機会がほとんど無い点と

理想キャラが強すぎるという点から
使用頻度が少ないキャラである
というのが現状になっています。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルでセラフィムクレイドルの使い道は?倉庫圧迫対策!

「くるりん☆」 「ハイハイワロスワロス」 ほーらおいでなすった! 金箱くるりん演出で出てくる にくいあんちくしょうこと セラフィムクレイドルさんです。 コレどういう使い道があるのか? 貯めておきたいけ …

グラブルのフリークエストでおすすめなのはどれ?

「フリークエストって何やればいいの?」 半額キャンペーンになったりすると とりあえずオトクなのが気になりますが フリークエスト、いっぱいありますね。 周回するのにふさわしい クエストは何なのか? いっ …

グラブルコナンコラボ謎解きの答え

「謎解きがさっぱりわからない・・・」 コナンコラボの謎解きが 予想以上に本格的になっていますね。 謎解きも楽しみの1つなので 自分で解きたい!という気持ちもわかりますが 先に進めないとトレジャーが 集 …

オベロンとオールドオベロンの違いは?どっちが強い?

「オベロンとオールドオベロン って何か違いがあるの?」 マキュラマリウスから ドロップするSSR武器オベロン。 神威、克己と呼ばれる2つの 複合スキルを所持している 珍しいSSR武器になっています。 …

グラブルシヴァとアグニス金剛晶を使うならどちらがよい?

「アグニスとシヴァどっちに使う?」 グラブルをプレイしていると 悩みがちになる金剛晶の使い道。 両方強い召喚石を持っていると どちらに使うべきなのか・・・? いつも以上に悩みますよねー 火属性でどちら …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ