グラブル

グラブル新米騎空士応援ミッションを効率よく消化する方法

投稿日:

2019年4月の古戦場から
追加された新米騎空士応援ミッション。

古戦場で出現する敵を一定数討伐することで
戦貨を手に入れることができたり

戦貨ガチャを4回リセットすることで

最大4枚のガチャチケを
手に入れることができます。

戦貨やガチャチケなどが
もらえるミッションということで

できるだけ消化しておきたいところ。

ミッションを効率よく消化する
方法を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル新米騎空士応援ミッションを効率よく消化する方法

~ソロ専用バトルの消化~
ノーマル、ハード、Vハードと
それぞれ難易度が3つ準備されています。

最近はメインクエストをクリアしたり
プレゼント配布で武器がもらえるので

初心者の人でもVハードを問題なく
クリアできると思いますが

討伐に時間がかかる場合であれば
ハードで消化してしまうのもよいでしょう。

ノーマルは消費APが20の割には
もらえる戦貨の量が少ないので

ノーマルで消化するのはおすすめしません。
 

~マルチバトルの消化~
救援要請が出ているマルチバトルに参加する形で
ミッションを消化していきましょう。

HELLは自発にトリガーもかかり
ソロで討伐するのは大変ですが

救援要請で流れてくることが多いので

BPを使って討伐数を稼ぐと
効率よくミッションを消化できます。
 

VH、EXはHELLと比較して
救援要請に出ていないこともあるので

救援要請に無い時は自発で
終わらせていきましょう。

スポンサードリンク

戦貨ガチャで武器が引けたら即リセットするべき?

ミッション消化目当てであれば
即リセットしたいところですが

1~4ボックス目までは宝晶石、回復アイテムが
戦貨ガチャの中に含まれているので

それを全て入手してから
リセットするようにしましょう。

1~4ボックス目の宝晶石を
全て入手することで

1500宝晶石入手することができます。

スポンサードリンク

1~4ボックスを空にするために必要な戦貨の枚数

2019年4月の古戦場から
1ボックス目に入っている報酬が800個。

2~4ボックス目に入っている
報酬が1200個に変更されました。

なので1~4ボックスを空にするために
必要な戦貨の枚数は8800枚になりました。

以前よりも4ボックス目を空にするまでに
必要な戦貨の数がかなり減りました。

スポンサードリンク

まとめ

ソロ専用バトルはVハード
もしくはハードで消化。

マルチバトルに関しては
救援要請に参加して

できるだけ消化していきましょう。

HELLは自発にトリガーを使用するので

救援要請に参加して消化していくと
効率よく終わらせることができます。

戦貨ガチャは1~4ボックス目までは
宝晶石、回復アイテムが入っているので

ボックスをリセットする場合は
全て取ってからにしておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

グラブルのフィンブルって必要?効率よく入手するには?

「フィンブルって弱体されたんでしょ?」 フェンリル討滅戦で手に入る 強い弓だったのですが 残念ながら修正されました… ぶっちゃけ今も必要なのか? もし装備するなら何本欲しい? 効率の良い入手方法は? …

グラブル正義のメダリオンを効率よく集める方法初心者はどうする?

「正義のメダリオン集まらないなあ・・・」 ロボミ外伝専用のトレジャー正義のメダリオン。 アイテムを交換する時に 必要なトレジャーになっていますが これだけなかなか集まらない・・・ という状況になってい …

グラブルソルジャーボウの使い道はある?餌にしてもいい武器?

スツルム&ドランク傭兵お仕事帖で 入手できるSSR武器「ソルジャーボウ」 ルリアノートの紹介文に こだわりを感じるSSR武器ですね。 イベント期間でしか入手できない武器ですが とっておいた方がよいので …

グラブル土属性おすすめキャラは誰?理想編成は?

「土属性って誰使えればいいの?」 無料ガチャ期間でテキトーに ガチャを引いていると最近では キャラがたくさん揃うこともありますよね。 気が付くとSSRキャラがたくさんいて サブメンバーからもあぶれる・ …

グラブル高級鞄って何?どういう意味?

「高級鞄欲しいなあ」 「サプチケで高級鞄取るか」 グラブルの話をSNSでしていると たまーに見かける高級鞄という単語。 これってどんな意味なのでしょうか? グラブルは俗称が多く最近始めたばかりの人は …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ