FEH

FEH水着リンにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2019年超英雄枠で1人はまた
増えそうだなーと思っていたリンさんが
水着枠として実装されました。

通常、花嫁、総選挙
バレンタイン、伝承、水着。

再来年にはリンだけで2部隊組めそうですねw

水着リンをガチャで引き当てて
運用していこうと思った時に
気になるのがスキル継承。

継承しておきたいおすすめスキルを
紹介していきます。

関連コンテンツ

FEH水着リンにスキル継承するなら何がおすすめ?

水着リンは奥義を継承無しで
覚えることができません。

与えるダメージに影響が出るスキルなので
最優先で継承しておきましょう。

発動が早い凶星の継承がおすすめです。

星4ベルカ、星4ロンクーなどから
継承することができます。
 

~その他、継承したいスキル~
水着リンは速さが高いので
攻め立て運用がしやすいキャラです。

継承キャラに余裕があれば
攻め立て3を継承しておきましょう。

星4シャニーから継承できます。
 

飛行パーティーで運用する場合は
スキルBを編隊飛行3にするのもおすすめです。

星4飛行弓ロキから継承できます。
 

スキルCは遠距離警戒3も悪く無いですが

周囲と自分の攻撃も上げることができる
攻撃の波・偶数3も使えるスキルになります。

星4闇デューテから継承できます。

スポンサードリンク

水着リンスキル構成一例

武器:絶海の蒼弓
補助:引き戻し
奥義:凶星
 A:鬼神金剛の瞬撃
 B:攻め立て3
 C:遠距離警戒3
聖印:アイオテの盾

~継承に必要なキャラ~
凶星   :星4ベルカ、星4ロンクー
攻め立て3:星4シャニー
 

水着リンは専用武器、初期スキルで
使いやすいものが揃っているので

初期スキルをあまり崩さず
運用するのがおすすめです。

凶星を継承するだけでも
十分活躍ができるキャラになります。

弓で即死しないためにも聖印は
特攻無効にできるアイオテの盾を
装備しておきましょう。

スポンサードリンク

水着リンの個体値

LV1
HP18 攻撃21 速さ13
守備 5 魔防 5

LV40
HP37 攻撃47 速さ41
守備20 魔防27

※武器、スキルを含めた個体値
 

速さを更に高められる速さ↑個体。
ダメージを少しでも増やせる攻撃↑個体。

この2つがアタリ個体になります。

重装特攻持ちの飛行弓ということで
ハズレ個体でも十分使えるキャラ性能です。

速さ↓、攻撃↓個体であっても
スキル継承素材にはできるだけ
使用せずに運用していきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

水着リンは奥義を継承無しで
覚えることができないので

最優先でスキル継承しておきましょう。
凶星の継承がおすすめです。

速さが高いので攻め立て運用も
しやすいキャラになっています。

継承キャラに余裕があれば
攻め立て3も覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FEH花嫁ニケにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年5月20日の更新で実装された新たな英雄。 今回はニケの花嫁バージョンがガチャ超英雄枠で実装されました。 ニケの超英雄は今回が初。 兵種は歩行のままですが属性は緑に変更されています。 花嫁ニケ …

FEHミシェイルインファナル攻略法は?クリア手順を画像で紹介

2017年11月24日に復刻された 大英雄戦ミシェイル。 復刻に合わせて難易度インファナルが 実装されましたねー ミシェイルは特攻を無効にするスキル アイオテの盾を所持しているので 弓を使えば楽々クリ …

FEHエキドナにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年11月19日の更新で 実装された新たな英雄。 封印からエキドナがFEHに初実装です。 原作をプレイしていた時は エキドナが女性だと気が付くのに 結構な時間をかけた思い出があります。 美男美女 …

FEHアネットにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年3月6日の更新で 実装された新たな英雄。 今回は風花雪月からアネットが FEHに初実装されましたね。 応援を使用することで 移動力を増やせる専用武器が かなり強力なキャラなので 狙ってガチャ …

FEH春ナーシェンにスキル継承するなら何がおすすめ?

待望の超英雄化を果たしたナーシェン様。 まさか春枠でくるとは思いませんでしたw イラストは安定の山田孝太郎先生。 特に被弾絵が個人的にお気に入りです。 ナーシェン様をガチャで引き当てて 運用していこう …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ