グラブル

グラブルのチャレンジクエスト百八煩悩がクリアできない人へ

投稿日:

グラブル チャレンジクエスト ジョヤ

「ゴォォォーン…」

ジョヤさんをひたすら殴る
今回のチャレンジクエスト、
ちょっとクセがありますね。

108回殴ればいいんですが
それまでの妨害が
なかなかイヤラしいです。

クリアする方法を
まとめましたので
参考にしてみてください。

関連コンテンツ

年年歳歳チャレクエ百八煩悩の概要

まずはチャレンジクエストの概要を。

消費AP30で挑めるクエストで
報酬は1080宝晶石です。

アンチラを必ず編成にいれなければ
なりませんがバックメンバーでもOK。
レアリティはSR、SSRどちらでも良い。

このクエスト限定の仕様として

・奥義が使用不可能
・与ダメが1になる
・無属性ダメージは0になる

与ダメが1になるので強化や弱体を
入れる必要がありません。

スポンサードリンク

ジョヤが行ってくるさまざまな妨害

ただ108回攻撃すれば終わりなだけに
そうカンタンにはいきません。
ジョヤはさまざまな妨害をしてきます。

まず、幻影を使ってきます。
通常の単体攻撃が入りません。

6ターンに1回「煩悩放出」
無属性で20161231ダメージを
与えてくるので絶対1人倒れます。

あとは全体に暗闇、睡眠、
連続攻撃確率ダウンを
バラまいてきます。


スポンサードリンク

有効な戦法、職業、キャラについて

属性は関係ないので
手持ちのキャラの中で
有効そうなキャラで挑みます。

・状態異常対策
・連続攻撃確率アップ
・追加ダメージが出せる
・幻影対策(全体攻撃、ディスペル)

このあたりが有効そうです。
また6ターンに1回大ダメージがあるので
復活が使えるキャラクターも良いですね。

例えばSSRヴィーラあたりは
非常に優秀なので持っていたら
編成に組みこんでみましょう。

LV100まで上げていれば
状態異常無効、トリプルアタック、
追加ダメージまで持っています。

煩悩のカタマリみたいなキャラですが
他人の煩悩にはキビシイようですw

メインクエストで仲間になるキャラでは
カタリナ、イオあたりが有効そうですね。
ラカムも連続攻撃確率アップがあります。

召喚石も追加ダメージがあるものは
複数カウントされるので有効です。

マルドゥーク、ブリュンヒルデなどは
攻撃回数を稼ぐのに向いています。

ちょっと敷居が上がりますが
4凸したアポロン、バアルが
状態異常対策になるので良いです。

スポンサードリンク

まとめ

ジョヤに与えるダメージは1、
無属性は0になるので不要。

アンチラが必須なこと以外は
属性にこだわらずメンバー編成。

状態異常対策(マウント、クリア)
幻影対策(全体攻撃、ディスペル)
攻撃回数アップ(追加ダメージ含む)

こんな感じでした(・∀・)

DMM版からはじめて戦力が8000に
満たない状態でも勝てたので
工夫次第でイケます!

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル四象の試練「朱雀」攻略法!編成はどうする?

「朱雀LV120!強そうだ…」 「しかもソロで倒さないと…」 朱雀印符を使って挑戦する シングルバトル「四象の試練」は どんな動きをしてくるのでしょうか? おすすめの編成は? そして武器にスキルをつけ …

グラブル勲章交換のおすすめ

グラブルでお馴染みの 騎空団対抗イベント古戦場。 最近始めたばかりの人は 初参加!という人もいると思います。 古戦場は戦貨や討伐章とは別に 勲章というトレジャーをもらい 報酬と交換することが可能ですが …

グラブルサプチケ交換おすすめ2018年5月版

「サプチケ何取ろうかなー・・・」 2018年5月4日のガチャ更新に合わせて サプチケが販売開始されましたね。 事前告知が無く珍しく「サプライズ」でした。 今回のサプチケで何を取ろうか・・・? 悩んでい …

グラブルのフリークエストでおすすめなのはどれ?

「フリークエストって何やればいいの?」 半額キャンペーンになったりすると とりあえずオトクなのが気になりますが フリークエスト、いっぱいありますね。 周回するのにふさわしい クエストは何なのか? いっ …

グラブルサイドストーリーって何?やるメリットはある?

「サイドストーリーって何?」 ワールドマップを開くと 画面の右下にあるサイドストーリー。 よくわからないものなので 放置している人もいるのではないでしょうか? 「これってやるとイイコトあるの?」 サイ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ