シャドウバース

シャドバのアグロヴァンプに勝てない場合!対策はどうする?

投稿日:

シャドウバース アグロヴァンプ

「あー悔しい!ヴァンパイアに勝てない!」

いろいろなデッキとやりあうと
得意なものもあれば苦手なものも
ありますが…アグロヴァンプが強い!

一体どうやって対策を
組めば勝てるのでしょうか?

いっしょに考えていきましょう。
しっかり分析すれば勝てます!

  

関連コンテンツ

アグロヴァンプってどんなデッキ?

まずはアグロヴァンプの
勝ち筋について考えます。

「勝ち方が知りたいのに…」
「相手の勝ち方知ってどうするの?」

全般的に言えることですが
相手の思い通りになる展開を
阻止するのが大事になってきます。

コストの低いフォロワーを使って
序盤からライフをガンガン削り
後半は疾走と直接ダメージで倒す。

速攻系のデッキのことですね。

「なんでアグロっていうの?」

アグレッシブ、攻撃的という意味。
1ターン目からの爽快な攻めは
たしかにそう呼ばれるでしょう。

1ターン目
蠢く死霊が出る

2ターン目
ブラッドウルフが出る

3ターン目
ヴァイトが出る

4ターン目
ヴァンピィが出る

これらのフォロワーを除去しても
ヴァンピィから眷属の召喚で
2ダメージはもらってしまいます。

さらにもし後攻であったなら
ヴァンピィが進化してコウモリが
もう1体出るので1ダメージ追加。

あとは吸血鬼の古城を出されたり
死の舞踏で除去に加えて
ダメージが飛んできたりします。

インプランサーがフィニッシャー。
進化からの5ダメージがイタイです。

そしてアグロの強みといえば
圧倒的に事故りにくいことです。

普通のデッキは低コストと
高いコストのカードを
混ぜるので事故が起きますが…

アグロは低コストに偏ってるので
序盤からの展開に優れています。

「相手が事故れば勝てるかも…」

みたいな期待はしない方が良いです。

スポンサードリンク

どんな対策をすれば良いの?

「じゃあどうすれば勝てるの?」

相手の思い通りの展開といえば
フォロワーが横に並ぶこと。
それを阻止するのが大事ですね。

コスト1や2のフォロワーだからと
侮らないで丁寧に除去しましょう。

序盤から盤面整理されると
アグロヴァンプは困ります。

削りに関しては1点2点の
積み重ねが大きくなるので
ライフの回復も対策になります。

ユニコ、ヒーリングエンジェルなら
どのデッキにも組み込めます。

あとはエンジェルバレッジは
眷属の召喚で増えたコウモリを
全て退治できるので便利です。

フォロワーが本体への攻撃を
することを防ぐ守護フォロワー
多めにいれると相手は困ります。

以上の点を意識すると
勝率は上がっていきます。


スポンサードリンク

相性の良いクラスは何?

「どのクラスを使えば良いの?」

・守護フォロワー
・除去手段
・ライフ回復

以上3点がすぐれている
クラスといえば
「ビショップ」が1番ですね。

しかしアグロ対策をしすぎると
どうしても他デッキに
勝ちにくくなってしまいます…

例えばエンジェルバレッジは
アグロには有効ですが
中型フォロワーには無力です。

対策は練りやすいですが
コレだけに意識が集中すると
弱くなってしまうのが難しい…

故にアグロヴァンプは
強く感じてしまうんですね。

「他対策もしつつアグロ対策も?」

って考えがちになるんですが
個人的に対策対策~と重ねると
何がしたいかわからなくなります。

まずは自分が使っている
デッキの勝ち筋をくずさずに
できる範囲で対策を組みましょう。

相性が悪いデッキは仕方がない!
くらいに割り切るのが大事です。

スポンサードリンク

まとめ

とにかく序盤の展開を
どう乗り切るかが大事ですね。

回ってしまうとキツイのは
どのデッキと戦っても一緒。
負ける時はどうしても負けます。

しかし対策は必須。

・盤面整理を優先する
・ライフを回復する
・守護フォロワー多めに

このあたりに気を付ければ
勝率はハネ上がります。
がんばって勝ちましょう(・∀・)

-シャドウバース
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シャドバでドロシーに勝てない!対策は?相性の良いデッキは?

「出…出た~ドロシー!まただー!」 ランクマで大人気だったドロシー。 ちょっと落ち着いてはきましたが 扱いやすさからまだまだ人気です。 勝てない!勝ちにくい! そんな方のための対策コーナー。 相性の良 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ