グラブル

グラブルの桃色の団扇って強い?4凸するにはどうする?

投稿日:

グラブル 桃色の団扇

「このピンクのうちわなに?」
「風属性の強い武器だよ」

モバマスコラボ7弾に登場した
桃色の団扇って強いのでしょうか?
4凸まで解放できるようなのですが…

ぶっちゃけ作る価値あるの?

素材や理想本数など
気になるところを
いっしょに見ていきましょう!

  

関連コンテンツ

桃色の団扇って強い?理想本数は?

「コラボ武器だし、よわそう」

ってなりがちなんですが
この武器はなかなか優秀!

武器はスキルが3種類あって
通常、方陣、EXなんですが
コレはEX枠の強い武器になります。

「じゃあ10本作っちゃう?」

武器には比率がありますので
10本作っても意味がないです。

風属性のEX攻刃は1つあれば十分。
4凸1つは作っておくと良いです。
ムリなら3凸でも十分強い!

スポンサードリンク

4凸を作る価値はある?素材は?

4凸になるとLV150上限にくわえて
スキルLVも15まで上がるので
鍛える価値は十分にあります。

「どんな素材を使うの?」

・格闘のエレメント60
・ウィンドジーン60
・真なる風のアニマ1
☆シャイニングスター30
☆桃色のメダリオン220
☆おはぎ150
☆キタミ草90
・1万ルピ

☆印の素材は期間限定!

モバマスコラボ限定素材なので
期間内に作っておきましょう。


スポンサードリンク

ほかに風属性を強化する方法?

ティアマトマグナの銃
たくさん集めるのが一番です。

自発でもBP参加でも良いので
とにかくティアマトマグナを
討伐すると強くなれます。

集めた銃は3凸してLV100に。
たまったSR武器をスキル上げに
使ってスキル10まで上げましょう。

ランク100以上になってきたら
4凸にすることができるので
LV150、スキル15まで上げます。

天司ラファエルの武器も作りましょう。
ダメージ上限を突破できるので
与えるダメージ量が増えます。

EX攻刃枠は桃色の団扇で十分ですが…

「コラボ期間内に作れそうにない!」

そんな場合はローズクイーンの武器が
同じEX攻刃枠の代用品となります。

ダメ軽減がついているので
どちらもあってもかまいません。
状況に応じて使い分ける感じです。

「まだ挑めるレベルじゃない…」

そんな場合はEX攻刃枠も
ティア銃で埋めてしまいます。

こんな感じで育てていくと
あなたも立派なきくうしさまです。

スポンサードリンク

まとめ

「ぴにゃ!ぴにゃ!」

4凸1本くらいなら作る価値は
十分あるみたいなので
作って損は無いでしょう。

期間内に作れなかった場合
EX攻刃枠はローズクイーンで
代用するのが良いです。

スキル15まで上げられる
4凸武器は優秀なので
モバマスコラボ、やりましょう(・∀・)

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル召喚石のメタトロンは強い?攻防UP特大の上昇量はどれくらい?

HLマルチバトルでお馴染みの メタトロンがガチャ召喚石になりました。 初実装時は出現率がUPしていて レジェフェスということもあり 運良く引けた人もいるのではないでしょうか? そんなメタトロンですが …

グラブル大鎌を操りし漆黒の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

SpaghettiSyndromeで入手できる SSR召喚石「大鎌を操りし漆黒」 カッコいい名前が付いてますが 鎧チキンことバザラガさんの キャラ召喚石ですね。 入手機会が限られる召喚石ですが 取って …

グラブル俺達のレンジャーサイン復刻報酬は何を交換しておくべき?

グラブルシナリオイベントの中でも 良イベと言われている 俺達のレンジャーサイン。 2018年9月9日に復刻しましたねー 復刻のシナリオイベントは トレジャーを集めて報酬を 交換していく形式になっていま …

グラブル光サーヤの性能は?どんなキャラ?運の尽きの効果は?

バロワとセットで登場するキャラの1人サーヤ。 コナンコラボにも登場しましたね。 サイドストーリーでも手に入る サーヤですがガチャの方では 光属性のSRキャラとして追加されています。 そんな光サーヤです …

グラブル召喚石スタレジェは毎回引くべき?

SSR召喚石が1つ以上 確定する召喚石スタレジェ。 主にWスタレジェの時に 引けることが多いガチャになっています。 そんな召喚石スタレジェですが 毎回引くべきなのでしょうか? それともスルーでもよいの …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ