グラブル

グラブル風ヴィーラって強い?サプチケで交換してもいいキャラ?

投稿日:2019年4月2日 更新日:

2019年3月31日の
ガチャ更新で追加された風ヴィーラ。

キャタピラさんを含めると
属性違いのSSRが5種類もある

グラブルの人気キャラですね。

そんな風ヴィーラですが
強いキャラなのでしょうか?

サプチケで交換してもいいキャラ?

風ヴィーラの強さについて
紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル風ヴィーラって強い?

風ヴィーラは全てのアビリティが
ダメージアビリティで構成されている
アビダメアタッカーになっています。

中でも1アビのプランBは
バトル開始3ターン後から
1度だけ使用できるアビリティで

強力なアビリティダメージにプラスして
攻撃力100%UP、アビリティダメージ上限UP
ガード効果に、弱体耐性100%UPなど

風ヴィーラの性能を大幅
上げることができるアビリティなので

風ヴィーラを運用する場合は
必ず使用していきましょう。

ですがデメリットとして5ターン後に
戦闘不能になってしまうので注意です。
 

~風ヴィーラは強い?~
プランBを使用する前に
決着がついてしまう場合は

別のキャラを使用した方がよいですが

決着に8ターン前後かかるのであれば
かなり強いキャラになります。
 

プランBにクセはありますが
アビリティダメージが豊富で
初心者でもダメージが出しやすく

個別デバフで防御ダウンと
恐怖も付与できるので

敵の強さ次第ではスタメンに
入るキャラになります。

プランBでひと暴れして
後はサブメンバーに任せてしまう。

という使い方をするのもよいでしょう。

スポンサードリンク

サプチケで交換してもいいキャラ?

クセがあるキャラなので
交換優先度は低めですが

強い要素はしっかりあるキャラなので
サプチケで交換してもいいキャラです。

ヴィーラのスキンとしても使えるので
ヴィーラが好きな人はぜひ取っておきましょう。

スポンサードリンク

LBは何に振るべき?

個別デバフの成功率を上げるために
弱体成功率に振っておきましょう。

1~3アビが全てアビダメで
構成されているので

アビリティダメージ上限UPも
有効なLBになっています。

残りはクリティカル確率UPや
風属性攻撃UPに振っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

自身を大幅に強化できるアビリティ

プランBを使用することで
最高性能を発揮できる風ヴィーラ。

プランBはバトル開始から
3ターン後に使用できるアビリティなので

その前に決着がついてしまう場合は
別のキャラを編成しておきましょう。

バトルが8ターン前後かかる場合は
かなり強いキャラになっています。

交換優先度は低めですが強い要素はあるので
サプチケで取っても悪くないキャラなので

主要キャラが揃っているなら
交換候補に入れておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルフレイ90HELL攻略キャラ編成は誰を入れるべき?

久しぶりの開催になった星の古戦場。 今回は召喚石でもお馴染みのフレイが HELLとして出現します。 通常の敵よりも防御値が高く 特殊行動が厄介なフレイですが どうやって攻略するとよいでしょうか? フレ …

グラブルハンサムゴリラの貢献度を初心者が効率よく稼ぐ方法は?

2018年5月31日12時から 開始されたシナリオベントハンサムゴリラ。 タイトルのインパクトが強く 発表されてからツイッタートレンドに なっていましたね! シナリオはルナールを中心に ハーヴィン女子 …

グラブルのエッセルって最終上限解放する価値あるの?

「十天衆の最終解放…エッセルに決めた!」 ついに手を付けようとして 迷って迷ってエッセルに 決めてはみたんですが… 動機が「ドロップ率」「トレハン」 メインで使うには弱かったり するのでしょうか?不安 …

グラブル火属性武器のおすすめ

「火属性武器って何使ったらいい?」 グラブルの戦力UPで 重要になる要素といえば武器選び。 メインに1本、サブに9本装備できますが 「どの武器を装備したらよいのだろう?」 と、悩んでしまうことも ある …

グラブルニーベルンメッサーの使い道はある?餌にしてもいい?

ブローディアからドロップする SSR短剣「ニーベルンメッサー」 方陣背水とイクシードアースの 2つのスキルが付与されている武器です。 ホルンとクリンゲは現状のマグナ編成で 理想武器として使用されていま …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ