グラブル

グラブル風ヴィーラって強い?サプチケで交換してもいいキャラ?

投稿日:2019年4月2日 更新日:

2019年3月31日の
ガチャ更新で追加された風ヴィーラ。

キャタピラさんを含めると
属性違いのSSRが5種類もある

グラブルの人気キャラですね。

そんな風ヴィーラですが
強いキャラなのでしょうか?

サプチケで交換してもいいキャラ?

風ヴィーラの強さについて
紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル風ヴィーラって強い?

風ヴィーラは全てのアビリティが
ダメージアビリティで構成されている
アビダメアタッカーになっています。

中でも1アビのプランBは
バトル開始3ターン後から
1度だけ使用できるアビリティで

強力なアビリティダメージにプラスして
攻撃力100%UP、アビリティダメージ上限UP
ガード効果に、弱体耐性100%UPなど

風ヴィーラの性能を大幅
上げることができるアビリティなので

風ヴィーラを運用する場合は
必ず使用していきましょう。

ですがデメリットとして5ターン後に
戦闘不能になってしまうので注意です。
 

~風ヴィーラは強い?~
プランBを使用する前に
決着がついてしまう場合は

別のキャラを使用した方がよいですが

決着に8ターン前後かかるのであれば
かなり強いキャラになります。
 

プランBにクセはありますが
アビリティダメージが豊富で
初心者でもダメージが出しやすく

個別デバフで防御ダウンと
恐怖も付与できるので

敵の強さ次第ではスタメンに
入るキャラになります。

プランBでひと暴れして
後はサブメンバーに任せてしまう。

という使い方をするのもよいでしょう。

スポンサードリンク

サプチケで交換してもいいキャラ?

クセがあるキャラなので
交換優先度は低めですが

強い要素はしっかりあるキャラなので
サプチケで交換してもいいキャラです。

ヴィーラのスキンとしても使えるので
ヴィーラが好きな人はぜひ取っておきましょう。

スポンサードリンク

LBは何に振るべき?

個別デバフの成功率を上げるために
弱体成功率に振っておきましょう。

1~3アビが全てアビダメで
構成されているので

アビリティダメージ上限UPも
有効なLBになっています。

残りはクリティカル確率UPや
風属性攻撃UPに振っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

自身を大幅に強化できるアビリティ

プランBを使用することで
最高性能を発揮できる風ヴィーラ。

プランBはバトル開始から
3ターン後に使用できるアビリティなので

その前に決着がついてしまう場合は
別のキャラを編成しておきましょう。

バトルが8ターン前後かかる場合は
かなり強いキャラになっています。

交換優先度は低めですが強い要素はあるので
サプチケで取っても悪くないキャラなので

主要キャラが揃っているなら
交換候補に入れておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルツクヨミ95HELL攻略90HELLと変わった点はある?

本戦が始まってから実装された ツクヨミの95HELL。 90HELLと比較してHPが大幅に増え 90HELLの約三倍になりました。 HP以外でも特殊技に細かな変更点が 出てくる古戦場の難易度HELL。 …

グラブルの魔鯛って強い?金剛晶を使う価値はある?

2019年3月31日のガチャ更新で 実装された新たなSSR召喚石。 今回は魔鯛が実装されました。 グラブルのお魚系召喚石は カツウォヌスが猛威を振るっていますが 魔鯛は強い召喚石なのでしょうか? 金剛 …

グラブル英雄武器はどれから取るべき?おすすめはある?

EX2ジョブの取得で 必要になってくる英雄武器。 ジョブの種類ごとに専用スキルを 所持している特殊な武器になっています。 英雄武器は数が多いので作成する時に 「どれから取ればよいのか?」 悩む人も多い …

グラブルニーベルンクリンゲは何本必要?理想本数は?

ブローディアからドロップする SSR武器「ニーベルンクリンゲ」 攻刃スキル以外にもレベル120にすることで 守護と見切りの複合スキルを習得できます。 マグナ編成で攻撃を増やしつつ HPを上げることがで …

グラブル書を効率よく集める方法

「250個も使うのか・・・」 古戦場武器の強化で250個も必要になる書。 数個程度であれば簡単に 集めることができますが 250個はちょっとキツイですよね。 たくさん集める場合、気になるのは効率。 ど …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ