グラブル

グラブルミトロンの弓は何本必要?理想本数は?

投稿日:

方陣枠で渾身スキルを持っている
希少な武器、ミトロンの弓。

カウンターとクリティカル確率UPの
複合スキル「意志」もあり

珍しいスキル構成の武器になっています。

フィンブルやラストストームハープなど
渾身武器は理想編成に入ることも多いですが

ミトロンの弓も理想編成に
入る武器なのでしょうか?

入れるなら何本必要?
理想本数も紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルミトロンの弓は何本必要?理想本数は?

最終上限解放で渾身+意志
2つのスキル持ちになるミトロンの弓。

高いHPを維持できるのであれば
マグナ編成の理想編成に入る武器になります。

シュヴァ剣染めよりも火力が高くなるので
4凸2本を編成に入れておきましょう。

ミトロンの弓はあまり数を増やすと
HPが減った状態の攻撃力が弱くなるので

2本が丁度良い本数になります。
 

~ミトロンの弓を入れるなら何を外す?~
フツルスが入っているなら
フツルスを外して代わりに入れましょう。

2本目を入れる場合はEX攻刃を
1本外しておきましょう。
 

最大HPが7割くらいになると
シュヴァ剣染めとほぼ変わらない火力になり

6割くらいになるとシュヴァ剣染めよりも
火力が下回ってしまうので

4割くらい減ったらHPを
回復しておきましょう。

スポンサードリンク

ミトロンの弓の入手方法トレハンは必要?

ミトロンの弓の入手方法は
現状2つしかありません。

1つはメタトロンのドロップ。
もう1つが月1個制限の栄養交換になります。

栄誉交換は4000で交換可能なので
どうしてもドロップしない場合は

栄誉交換も利用していきましょう。
 

~トレハンは必要?~
メタトロン武器のドロップは
自発赤箱、青箱、MVP枠の赤箱でドロップします。

ミトロンの弓目当てであれば
トレハンの必要はありません。

青箱をもらえる確率を少しでも上げるため
貢献度を稼いでいきましょう。

スポンサードリンク

ミトロンの弓は無凸でも使える?

4凸運用すると強いミトロンの弓ですが
無凸では使い道がない武器になります。

4凸にできなければ無理に使用せず
今の装備編成を維持しておきましょう。

3凸にしてもHPが1割減ってしまうと
シュヴァ剣染めの方が強くなるので

3凸でも使用することはまず無いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

HPが減ると火力が下がることも考えると
4凸2本あたりが理想本数になります。

4凸2本入れた状態で最大HPが
6割くらいになるとシュヴァ剣染めの方が
火力が高くなるので

6割くらいになったらHPを
回復しておきましょう。

ミトロンの弓はトレハンを使用しても
手に入る確率は増えないので

貢献度を少しでも稼いで
青箱報酬を狙っていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルボーンドラゴン攻略でおすすめキャラとジョブは?

2017年11月30日のシナリオイベント ふたりの騎士道で登場するイベントボス。 ボーンドラゴン攻略で おすすめキャラ紹介をしていきます。 攻略するうえで悩みがちになるのが キャラ編成と主人公のジョブ …

グラブルハンサムゴリラの貢献度を初心者が効率よく稼ぐ方法は?

2018年5月31日12時から 開始されたシナリオベントハンサムゴリラ。 タイトルのインパクトが強く 発表されてからツイッタートレンドに なっていましたね! シナリオはルナールを中心に ハーヴィン女子 …

グラブル研ぎ澄まされた狼爪を効率よく集める方法

ふたりの騎士道復刻の報酬交換で 必要になるトレジャー研ぎ澄まされた狼爪。 メダリオンほどでは無いですが 数はそれなりに要求されると トレジャーになっていますが どうすると効率よく 集められるでしょうか …

グラブルコナンの性能は?強い?育てておいた方がよいキャラ?

「コナンって強いの?」 コナンコラボを始めて あっさり手に入ってしまうコナン君。 グラブルで最も手に入れやすい SSRキャラになっています。 簡単に入手できるキャラですが どんな性能のキャラでしょうか …

グラブル黒い羽根を効率よく集める方法初心者でも集められる?

グラブルラブライブサンシャインコラボの 報酬交換で必要になるアイテム黒い羽根。 1年生チーム、3年生チームを 仲間にするために20個必要になります。 ガチャチケットやSSR武器の交換にも 使用するアイ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ