グラブル

グラブル風属性のユーリって強いの?育てておいた方がいい?

投稿日:

「風属性のユーリって強いの?」
ガチャを引くことで入手できる風属性のユーリ。

古戦場のトリガー集めの編成を見ていると
風ユーリが入っている編成もちらほら見かけます。

レアリティはSRになっていますが

SSRの代わりに使えるほどの
強さがあるキャラなのでしょうか?

風ユーリの強さについて紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル風属性のユーリって強いの?育てておいた方がいい?

~風属性ユーリって強いの?~
風属性のユーリは被弾しなければ

確定TAと高い奥義ダメージを
叩きだせるキャラになっています。

奥義ダメージは並のSSRキャラを
超えるダメージを出せるので

所持しているなら育てておいた方がよいでしょう。
 

普段使いするには被ダメを
できるだけ受けないようにする
工夫が必要になるキャラです。

被ダメを受けてしまうとユーリの周りにいる
帝国兵が負傷してしまい

本来の力を発揮できなくなります。

帝国兵の数が0になってしまうと
連撃が全く発生しない状況になるので

多段攻撃、全体攻撃してくる
敵とは相性が悪いキャラです。

スポンサードリンク

風属性ユーリのLBは何に振るべき?

メカニックや剣豪などの
奥義パーティーで活躍する風ユーリ。

LBの中には奥義ダメージ上限UPがあるので
これを最優先で割り振っていきましょう。

残りは複数ある奥義ダメージに振って

奥義ダメージを上限まで
出せるようにしておきましょう。
 

2019年4月15日現在
サポアビ+がまだ実装されていないので

奥義上限⇒奥義ダメージと割り振ったら
サポアビ+が実装されるまで

LBをあえて振らないのもよいでしょう。

スポンサードリンク

サプチケで交換するのはアリ?

奥義ダメージが強く、条件付きで100%
TAが発動できる風ユーリですが

活躍する場面はかなり限定されるので

サプチケ交換してまで
手に入れたいキャラではありません。

どうしても欲しい場合は
出現率がUPしている期間を狙って
ガチャを引いていきましょう。

「ユーリが好きだからどうしても欲しい!」
「古川さんボイスが聴きたいから交換した!」

という人もいるようですが
サプチケを使用する場合は

できるだけSSRのものを
交換対象にするのがよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

風ユーリは被ダメを受けなければ
確定TA、高威力の奥義ダメージが出せます。

状況によってはSSRキャラよりも
活躍することができるので

所持しているなら育てておきましょう。

LBも奥義ダメージを上げるものが多く
ユーリの長所を伸ばしやすいです。

ですがサプチケを使ってまで
欲しいキャラでは無いので

サプチケで交換するのは
やめておいた方がよいでしょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルSSRククルは強い?サプチケ交換はアリ?

待望のSSR!工房三姉妹の次女 ククルがSSR化しましたね。 属性は水属性になり三姉妹で 編成が組みやすくなりました。 そんなSSRククルですが 強いキャラなのでしょうか? 強ければ取っておきたい。 …

グラブルキャラのリミットボーナスは何に振るべき?おすすめはある?

キャラのLVをMAXまで上げることで 割り振れるようになるリミットボーナス。 キャラを更に強くするための 強化要素になっています。 ですが割り振れるものが多く 「何に振ったらいいのだろう?」と 悩んで …

グラブルラストストームハープは何本必要?理想本数は?

風属性のマグナ編成を強化するために 必要になる武器「ラストストームハープ」 スキルに渾身と技巧があり 使い勝手の良い武器になっています。 最終上限解放も実装されているので ティア銃が揃ってきたら 集め …

グラブルキュアブラック&キュアホワイトは強い?育てた方がよい?

プリキュアコラボで手に入るSSRキャラ キュアブラック&キュアホワイト。 コラボイベントのストーリーを 進めるだけで入手できるので 簡単に手に入れることができます。 入手が簡単なキュアブラック&ホワイ …

グラブルブレイブグラウンドのプラウド+はクリアしなくてもいい?

「プラウド+ってクリアしてる?」 ブレイブグラウンド最高難易度プラウド+。 プラウドもクリアするのが難しいですが それを余裕で超える難易度になっています。 「あと少しでクリアできそうだけど どうしても …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ