FEH

FEH闇ベルクトにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

闇キャラガチャ第二弾で
実装されたベルクトさん。

ドーマパワーをもらって
CVに銀河万丈さんもプラスされました。

1キャラで2人のボイスが
楽しめるのが特徴的なキャラです。

闇ベルクトをガチャで引き当て
運用してみようかな?と思った時に
気になるのがスキル継承。

闇ベルクトに継承しておきたい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

FEH闇ベルクトにスキル継承するなら何がおすすめ?

闇ベルクトは補助とスキルBを
継承無しで覚えることができないので

まずはこの2つを優先して
スキル継承していきましょう。

補助は引き戻しがおすすめです。
ルーナ、バーツから継承できます。
 

スキルBは切り返し3がおすすめです。
星5ツバキを使用しますが

闇ベルクトと相性がよいスキルなので
継承する価値が十分あります。

どうしても星5キャラを
使用したくない場合は

切り返し2で止めておきましょう。
 

~その他継承したいスキル~
血讐は奥義の中でも若干
使いにくいものになるので

できれば別奥義を継承しておきましょう。

魔防補正で威力が増える
氷蒼の継承がおすすめです。

星4ゼロなどから継承できます。

スポンサードリンク

闇ベルクトスキル構成一例

武器:クリムヒルド
補助:引き戻し
奥義:氷蒼
 A:明鏡の構え4
 B:切り返し3
 C:魔防の波・奇数3
聖印:魔防の波・偶数3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し :ルーナ、バーツ
氷蒼   :星4ゼロ
切り返し3:星5ツバキ
 

闇ベルクトは初期スキルと
専用武器が強いので

できるだけ変えずに運用していきましょう。

奥義だけは使いにくいので
魔防補正で威力が増えるものを
スキル継承しておきましょう。

聖印は自身の魔防も増やせる
魔防の波・偶数3。

もしくは遠距離防御3を
装備しておきましょう。

スポンサードリンク

闇ベルクトの個体値

LV1
HP18 攻撃21 速さ4
守備11 魔防 8

LV40
HP40 攻撃51 速さ17
守備35 魔防30

※武器、スキルを含める
 

速さが極端に低い闇ベルクト。
速さ↓個体が引ければアタリ個体です。

魔防↓個体を-4下がってしまうので
魔防↓個体はハズレ個体になります。

明鏡の構え4が継承可能なキャラなので
ハズレ個体だった場合は継承素材に
使ってしまうのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

闇ベルクトは補助とスキルBを
継承無しで覚えることができないので

まずはこの2つを優先で
スキル継承しておきましょう。

補助は引き戻し、Bは切り返し3。
この2つが継承おすすめスキルです。

血讐は初期スキルですが
若干使いにくい奥義なので

継承キャラに余裕があれば
魔防補正で威力が増える

氷蒼も継承しておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FEH飛行シグレにスキル継承するなら何がおすすめ?

初登場が超英雄だったシグレ。 2018年4月24日のガチャ更新で 恒常キャラとして追加されました。 超英雄の時は青魔歩行でしたが 恒常キャラでは槍飛行になっています。 シグレを運用するうえで 気になっ …

FEH限界突破して使いたいおすすめキャラはいる?

FEH育成要素で強くなるために 必要になってくるのが限界突破。 サービス開始から約1年経過しているので そろそろ限界突破してキャラを強くしたい! そう思い始める人も いるのではないでしょうか? しかし …

FEH水着ヒーニアスにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年に水着キャラの一人として ヒーニアスが超英雄化しましたね。 兵種、武器共に変更され 斧飛行キャラになりました。 しかし水着のまま空に行くと かなり寒いと思うのですが・・・ お兄さま、それでよ …

FEH水着ノワールにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年FEH水着キャラの 1人になっているノワール。 超英雄が初実装になっている 珍しい英雄になっています。 ノワールを運用していくうえで 気になるのがスキル継承。 どのスキルを継承するべきでしょ …

FEHクリスマスソティスにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年クリスマス超英雄 として実装されたソティス。 属性、兵種が変更され 緑属性の重装になりましたね。 竜特攻を無効に出来る専用武器は クリスマスバージョンでも健在。 可愛さと強さを両方兼ね備えた …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ