グラブル

グラブルウシュムガルは何本必要?理想本数は?

投稿日:

ブレイブグラウンドで入手できる
SSR武器「ウシュムガル」

テスト期間のブレグラで
入手可能だった武器ですね。

イベント武器は機会を逃すと

次に入手できるのが
いつになるかわからないので

必要数を集めておきたいですが
何本必要になる武器なのでしょうか?

ウシュムガルの必要数に
ついて紹介していきます。

関連コンテンツ

ウシュムガルは何本必要?理想本数は?

~ウシュムガルの性能~

スキル1でEX攻刃大。

スキル2はLV120にすることで
火属性キャラのアビダメ上限UPが付与されます。

アビダメ上限UPは
スキルLV15で15%上昇します。

火属性のEX攻刃武器はゼノ武器が優秀ですが
アビダメを上げられる貴重な武器なので

ゼノ武器を所持している場合でも
できれば入手しておきましょう。
 

~何本必要?~
ウシュムガルは奥義の追加効果で
火属性の追撃ダメージを与えられるので

メイン武器にも使える優秀な武器です。
3凸1本は確保しておきましょう。

アビダメ上限は最大40%まで上がるので

最大まで上げたい場合は
3凸を3本確保するのが理想ですが

レアドロップで集めるのが大変なので

辛いと感じたら無理に
集める必要は無いでしょう。

スポンサードリンク

ウシュムガルの入手方法

・討伐章報酬で入手。
150枚集めると1本入手できます。

入手難易度は低めなので
必ず取っておきましょう。
 

・ブレイブポイントで入手。
100万、500万、1000万で
合計3本入手できます。

討伐章報酬と合わせると3凸1本までは
レアドロ無しでも入手することができます。
 

・イベントボスからのレアドロップ。
2本以上の作成を目指すなら
レアドロップが必須になりますが

VHからはドロップしないので注意です。
 

・コンプリート報酬で入手
クリア後にもらえるコンプリート報酬で
稀に入手することができます。

スポンサードリンク

ウシュムガルの最終上限解放に必要な素材

・赤星の輝き    20個
・火のプシュケー   3個
・紅蓮の宝珠    80個
・ファイアジーン 100個
・剣のエレメント 200個
・火のエレメント 200個
・火の石片     20個
 

イベントで無ければ入手できない
特殊なトレジャーは特にありません。

なので3凸が完成していれば
いつでも最終上限解放ができます。

火の石片はエクストラクエストの
業火の試練で入手ができます。

スポンサードリンク

まとめ

火属性のEX攻刃はゼノ武器が優秀ですが
アビダメ上限を上げられる貴重な武器なので

ゼノ武器を所持している場合でも
できれば入手しておきましょう。

まずはメイン武器用に3凸を1本。

アビダメ上限を最大まで上げたい場合は
3凸を3本揃えておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルドロシー&クラウディアは強い?サプチケ交換はアリ?

「ガチャからメイドが出てきた」 初実装はSRキャラだった ドロシーとクラウディア。 何故かSSR昇格するとセットにされ 属性も光属性に変更されました。 恒常で追加されているので ガチャチケなどでポロっ …

グラブルニーベルンメッサーの使い道はある?餌にしてもいい?

ブローディアからドロップする SSR短剣「ニーベルンメッサー」 方陣背水とイクシードアースの 2つのスキルが付与されている武器です。 ホルンとクリンゲは現状のマグナ編成で 理想武器として使用されていま …

グラブル風伯の羽を効率よく集める方法

古戦場武器を強化していくために 必要になるトレジャー「風伯の羽」 最近は古戦場武器も手に入れやすくなり 十天衆を仲間にするために 古戦場武器を鍛えている人も 増えてきたように思えます。 300個も必要 …

グラブルティターンは無凸でも使える?使うならやっぱり3凸前提?

マッチョの愛称でお馴染みの「ティターン」 神石と呼ばれる召喚石の1つですね。 特に狙っていたわけでは無いけど 無料ガチャ期間などでポロっと 出てくることもある召喚石です。 そんなティターンですが無凸で …

グラブルヴァジラは強い?どんな性能?天井交換で取る価値はある?

2018年の干支キャラとして 実装されたヴァジラ。 干支キャラですが定期的に レジェフェスで復刻される キャラの1人になっています。 期間限定で入手することができる ヴァジラですが強いキャラなのでしょ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ