グラブル

グラブルウシュムガルは何本必要?理想本数は?

投稿日:

ブレイブグラウンドで入手できる
SSR武器「ウシュムガル」

テスト期間のブレグラで
入手可能だった武器ですね。

イベント武器は機会を逃すと

次に入手できるのが
いつになるかわからないので

必要数を集めておきたいですが
何本必要になる武器なのでしょうか?

ウシュムガルの必要数に
ついて紹介していきます。

関連コンテンツ

ウシュムガルは何本必要?理想本数は?

~ウシュムガルの性能~

スキル1でEX攻刃大。

スキル2はLV120にすることで
火属性キャラのアビダメ上限UPが付与されます。

アビダメ上限UPは
スキルLV15で15%上昇します。

火属性のEX攻刃武器はゼノ武器が優秀ですが
アビダメを上げられる貴重な武器なので

ゼノ武器を所持している場合でも
できれば入手しておきましょう。
 

~何本必要?~
ウシュムガルは奥義の追加効果で
火属性の追撃ダメージを与えられるので

メイン武器にも使える優秀な武器です。
3凸1本は確保しておきましょう。

アビダメ上限は最大40%まで上がるので

最大まで上げたい場合は
3凸を3本確保するのが理想ですが

レアドロップで集めるのが大変なので

辛いと感じたら無理に
集める必要は無いでしょう。

スポンサードリンク

ウシュムガルの入手方法

・討伐章報酬で入手。
150枚集めると1本入手できます。

入手難易度は低めなので
必ず取っておきましょう。
 

・ブレイブポイントで入手。
100万、500万、1000万で
合計3本入手できます。

討伐章報酬と合わせると3凸1本までは
レアドロ無しでも入手することができます。
 

・イベントボスからのレアドロップ。
2本以上の作成を目指すなら
レアドロップが必須になりますが

VHからはドロップしないので注意です。
 

・コンプリート報酬で入手
クリア後にもらえるコンプリート報酬で
稀に入手することができます。

スポンサードリンク

ウシュムガルの最終上限解放に必要な素材

・赤星の輝き    20個
・火のプシュケー   3個
・紅蓮の宝珠    80個
・ファイアジーン 100個
・剣のエレメント 200個
・火のエレメント 200個
・火の石片     20個
 

イベントで無ければ入手できない
特殊なトレジャーは特にありません。

なので3凸が完成していれば
いつでも最終上限解放ができます。

火の石片はエクストラクエストの
業火の試練で入手ができます。

スポンサードリンク

まとめ

火属性のEX攻刃はゼノ武器が優秀ですが
アビダメ上限を上げられる貴重な武器なので

ゼノ武器を所持している場合でも
できれば入手しておきましょう。

まずはメイン武器用に3凸を1本。

アビダメ上限を最大まで上げたい場合は
3凸を3本揃えておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル永遠拒絶の大鎌の第二スキルは何がいい?ペンデュラム交換のおすすめ

火属性のルシファー武器「永遠拒絶の大鎌」 方陣神威スキル持ちなので マグナ編成で攻撃とHPを両方増やすことができる 貴重な武器になっています。 レベル120まで上げることで ペンデュラムという育成アイ …

グラブル古戦場2017年3月の属性は?編成は?ボーダーは?

「今月もはしるぞー!」 毎月恒例だったりやらなかったり。 古戦場の時期になってまいりました。 今月の属性と敵の行動。 オススメの編成。 ボーダー予想と結果。 気になる情報をチェックしましょう!

グラブルワンパン問題とは?それぞれの主張、解決策はある?

「ワンパンばっかり…うんざり!」 「いや、ワンパンはアリでしょ」 「は?おめえワンパンか?」 「ああ?ワンパンですが何か?」 グラブルで問題になっている 「ワンパン」って何か? 具体的にどういうことな …

グラブルのクラス4ジョブ優先度が高いのは?コレから取ろう!

「よっしゃあ!クラス4とれる!」 石マルチ…グランデ…銀天… いろいろやってようやく 手が届いたクラス4ジョブ! でも現実問題としてJPを けっこう使うので ヘンに全部取れないなあ… 優先度の高いジョ …

グラブル古戦場肉集め闇はこの編成でやります

「古戦場は肉集めから勝負です。」 そんなことを誰かが言っていました。 効率よく集めるには1ターンキルが 必須の所業と言ってもよいでしょう。 「1ターンキルできる編成って どんなキャラと装備が必要なの? …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ