FEH

FEHスラシルにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2019年9月30日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は第三部メインストーリーで登場する
スラシルが神階枠で実装されました。

ガチャで実装されるだろうなー
と、思っていたキャラですが

神階枠になるとは思いませんでした。
あまり神様要素無いですがいいのかなw?

スラシルをガチャで引き当てて
運用していこうと思った時に
気になってくるのがスキル継承。

スラシルに継承しておきたい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

FEHスラシルにスキル継承するなら何がおすすめ?

スラシルは補助スキルを
継承無しで覚えることが出来ないので

優先してスキル継承しておきましょう。

引き寄せの継承がおすすめです。
ニノ、ソワレから継承できます。
 

~その他、スキル継承候補~
・月光

月虹よりも発動は遅いですが
魔防のカット量は月光の方が高いので

奥義の威力を上げたい場合は
スキル継承しておきましょう。

星4カチュアから継承できます。
 

・鬼神飛燕の一撃3
自分から攻撃した時に攻撃と速さを
両方上げることができるスキル。

速さが高い敵から追撃を取りたい場合は
スキル継承候補になります。

総選挙エリウッドから継承できます。

スポンサードリンク

スラシルスキル構成一例

武器:イーヴィングル
補助:引き寄せ
奥義:月虹
 A:柔剣4
 B:死んでほしいの
 C:恐慌の幻惑3
聖印:飛燕の一撃3

~継承に必要なキャラ~
引き寄せ:ニノ、ソワレ
 

スラシルは初期スキルの使い勝手が良いので
あまり形を崩さず運用していきましょう。

聖印は速さを増やせる
飛燕の一撃3や攻撃速さ2。

死んでほしいのを発動しやくするために
死の吐息3などを装備しておきましょう。

スポンサードリンク

スラシルの個体値

LV1
HP18 攻撃23 速さ9
守備 6 魔防 5

LV40
HP40 攻撃47 速さ39
守備23 魔防27

※武器、スキルを含めた個体値。

歩行緑魔の中でも総合値が高く
速さはトップクラスの性能です。

長所を伸ばせる速さ↑個体が
使いやすくアタリ個体になります。

初期スキルで柔剣4、恐慌の幻影3を
所持しているので継承素材にも使えますが

専用武器に竜特攻があるので
ハズレ個体でも十分使えるキャラです。

基本的にはスキル継承素材には使用せず
運用することをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

初期スキルで所持していない
補助をスキル継承しておきましょう。

引き寄せの継承がおすすめです。

初期スキルが強力なので
無理にスキル継承をしなくても
運用できるキャラですが

継承キャラに余裕があれば月虹以外の奥義と

スキルAに攻撃速さを上げられる
スキルも継承しておきましょう。

月光、鬼神飛燕の一撃3が
スキル継承候補になります。

-FEH
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FEH3周年記念ガチャは何属性で引くべき?おすすめ紹介

FEH3周年を記念して登場した 3周年記念ガチャ。 早いものでFEHがサービス開始して もう3年になるんですねえ。 星5英雄が確定で入手できるガチャですが 何属性で引くべきなのでしょうか? 迷った時は …

FEHハールにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年4月11日に 大英雄枠として実装されたハール。 蒼炎+暁に登場したキャラで 第三回の英雄総選挙でも 上位にランクインした 人気キャラになっています。 ハールを星5に覚醒させて 運用していこう …

FEHクリスマスニノにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年クリスマス 超英雄枠で実装されたニノ。 歩行緑魔だったニノちゃんも クリスマスバージョンでは 重装青魔になりました。 超英雄になってそうに見えて 実は今回が初の超英雄化。 狙ってガチャを回し …

FEHヒルダにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年8月7日のガチャ更新で 実装された新たな英雄。 今回は風花雪月からヒルダが 早くもFEHに実装です。 兵種は予想通りの歩行斧キャラ。 条件付きで攻撃、速さを上げることができる 専用武器も所持 …

FEHつばさにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年1月20日の更新で 実装された新たな英雄。 今回は#FEからつばさが FEHに初実装されました。 最近スイッチで#FEが出たので そのビックウェーブに乗って FEHでもキャラが実装されたんで …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ