FEH

FEHキヌにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2019年2月20日のガチャ更新で
追加された新たな英雄。

今回はFEifの獣人枠ということで
キヌがFEHに初実装です。

ifの子世代キャラとしても人気が高く
実装を楽しみにしていた人も

多いのではないでしょうか?

キヌをガチャで引き当て運用していこうと
思った場合に気になるのがスキル継承。

どのスキルを継承するとよいでしょうか?

キヌに継承しておきたい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

FEHキヌにスキル継承するなら何がおすすめ?

キヌは補助を継承無しで
覚えることができないので

補助のスキル継承を
最優先で行っておきましょう。

引き戻しがおすすめです。
ルーナ、バーツなどから継承できます。
 

~その他継承したいスキル~
キヌは速さが高いアタッカーなので
奮迅攻め立て型にしても使いやすいです。

継承キャラに余裕があれば獅子奮迅3と
攻め立て3も継承しておきましょう。

獅子奮迅3は星4ヒナタから。

攻め立て3は星4シャニーから
継承することができます。

キヌは守備が低いキャラなので守備の低さを
補える攻撃守備の大覚醒3を継承するのも
スキル継承候補の1つになります。

攻撃守備の大覚醒3は星4アレスから継承できます。

スポンサードリンク

キヌのスキル構成一例

~攻撃守備の大覚醒型~
武器:妖狐娘の爪牙
補助:引き戻し
奥義:氷蒼
 A:攻撃守備の大覚醒3
 B:攻撃の混乱3
 C:魔防の波・偶数3
聖印:攻撃守備の大覚醒3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し :ルーナ、バーツ
 

守備の低さを補うことができる
攻撃守備の大覚醒3をスキル継承して
運用するスキル構成になります。

聖印にもあるので両方装備して
守備の低さを補っていきましょう。

スポンサードリンク

キヌの個体値

LV1
HP16 攻撃21 速さ10
守備 4 魔防12

LV40
HP35 攻撃43 速さ38
守備19 魔防38

※武器、スキルを含める
 

個体値選別が難しいキヌ。
速さ↑、魔防↑個体はアタリ候補になります。

攻撃↓個体になると-4になるので
攻撃↓個体はハズレ個体です。

攻撃の混乱3は専用スキルでは無いので
誰にでも継承することが可能なスキル。

ハズレ個体だった場合は攻撃の混乱の
スキル継承素材に使ってしまうのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

キヌは補助をスキル継承無しで
覚えることができないので

補助の継承を最優先でしておきましょう。

引き戻しがおすすめです。
ルーナ、バーツから継承できます。

キヌは守備が低いので守備の低さを補える
攻撃守備の大覚醒3。

速さが高いので奮迅攻め立て型としても
使いやすいアタッカーになります。

継承キャラに余裕があれば
これらのスキルも継承しておきましょう。

-FEH
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FEH飛行ニノにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年6月8日の ガチャ更新で追加された新たな英雄。 ニノの飛行バージョンが登場しました。 最近人気キャラの飛行化が 次々行われているので ニノもそのうちの1人になっています。 飛行ニノを運用して …

FEH水着カミラにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年水着超英雄として 実装されたカミラ。 水着になって属性が青に変更され 武器種も魔法に変わりました。 カミラも人気が高いキャラなので 狙ってガチャを回した人も 多いのではないでしょうか? 引き …

FEHセルジュ&ヴィオールインファナル攻略クリア編成と手順紹介

2019年2月12日に 実装された新たな絆英雄戦。 今回はセルジュ&ヴィオール戦です。 双方とも補正が入って HPがかなり高くなっています。 取り巻きのソードペガサスが 先導の伝令・天を所持しているの …

FEH闇ベルクトにスキル継承するなら何がおすすめ?

闇キャラガチャ第二弾で 実装されたベルクトさん。 ドーマパワーをもらって CVに銀河万丈さんもプラスされました。 1キャラで2人のボイスが 楽しめるのが特徴的なキャラです。 闇ベルクトをガチャで引き当 …

FEHのニノは強い?実際に使ってみての感想覚醒させる価値はある?

「ニノは強いですよ」 FEHの攻略サイトなどでも 太鼓判が押されるキャラでもあるニノ。 しかし攻略サイトの言ってる事って 本当なのか・・・? 疑ってしまうことがあるんですよねw 本当にニノは強いのか? …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ