FEH

FEH子供マルスにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2020年4月20日の更新で
実装された新たな英雄。

今回はFE暗黒竜発売30周年を記念して
子供マルスが超英雄枠で実装されました。

兵種は変わらず歩行剣士ですが
武器は初期装備を意識して

ファルシオンでは無く
レイピアに変更されています。

子供マルスを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

子供マルスにスキル継承するなら何がおすすめ?

子供マルスは補助とスキルAを
継承無しで覚えることができません。

スキルAは能力値を上げるスキルが多いので
最優先で継承しておきましょう。

獅子奮迅3の継承がおすすめです。
星4ヒナタから継承できます。

補助は引き戻しがおすすめです。
ルーナ、バーツから継承できます。
 

~その他、スキル継承おすすめ~
・遠距離反撃
射程2の攻撃でも反撃可能になるスキル。

レイピアに待ち伏せ3の効果が
セットで付与されているので
相性もよいスキルA。

ヘクトル、フリーズなどから継承できます。
 

・攻め立て3
子供マルスは速さが高いので
攻め立て運用がしやすいキャラ。

封印と入れ替えになりますが
獅子奮迅3を継承するなら

セットで覚えておきましょう。
星4シャニーから継承できます。
 

・守備の紫煙3
戦闘した敵とその周囲2マスにいる
敵の守備を下げるスキル。

バフが味方からもらえる場合は
スキルCを変更しておきましょう。

星4ベルベットから継承できます。

スポンサードリンク

子供マルススキル構成一例

武器:レイピア
補助:引き戻し
奥義:英雄の血脈
 A:獅子奮迅3
 B:攻め立て3
 C:攻撃の紫煙3
聖印:攻撃速さの大覚醒3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し  :ルーナ、バーツ
獅子奮迅3 :星4ヒナタ
攻め立て3 :星4シャニー
守備の紫煙3:星4ベルベット
 

専用武器のおかげで待ち伏せと
攻め立てが両方使える子供マルス。

獅子奮迅のデメリットを活かして
効果を発動させていきましょう。

聖印はHPが減ると能力値が増える
大覚醒3を装備しておきましょう。

スポンサードリンク

子供マルスの個体値

LV1
HP19 攻撃24 速さ12
守備 8 魔防 7

LV40
HP41 攻撃52 速さ40
守備32 魔防26

※星5、武器、スキルを含めた個体値。
 

魔防は若干低めですが
それ以外の能力値は高く
使いやすい歩行キャラ。

専用奥義の性能を考えると
速さ↑個体が一番のアタリ個体。

超英雄枠ですが星4排出もあるキャラ。

入手できた場合は星5に覚醒して
使っていきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

引き戻し、獅子奮迅3、攻め立て3。

子供マルスを運用する場合は
この3つを継承するのがおすすめです。

継承キャラを所持しているなら
スキルAに遠距離反撃も覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEHバレンタインエリウッドにスキル継承させるならおすすめは何?

2018年2月14日から開始した 戦渦の連戦のポイント報酬。 今回はバレンタインエリウッドが入手できます。 これで2018年バレンタイン超英雄は 全て揃いましたねー 兵種も変更され今回は槍重装での参戦 …

FEHオルティナにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年11月28日の更新で 実装された新たな神階英雄。 今回は暁からオルティナが FEHに初実装されました。 所持武器ラグネル&エタルドから キャラを知らない人でも 強キャラオーラが伝わってくるの …

FEHターナアメリアインファナル攻略法は?手順を画像で紹介

2017年12月14日16時から 実装された新たな絆英雄戦。 今回はターナ&アメリアになっています。 スケジュールで予めわかっていたので 準備はある程度していましたが 想像を超える難しさでしたね・・・ …

FEH伝承ユリアにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年8月28日の更新で 追加された新たな伝承英雄。 今回はユリアが青属性に変更され 伝承英雄化しましたね。 聖戦キャラが伝承英雄になるのは今回が初。 狙ってガチャを回す人も 多いのではないでしょ …

FEHプラハにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年9月19日の更新で実装された新たな英雄。 今回は蒼炎からプラハが大英雄枠で初実装されました。 FE界のシーマガラハウでお馴染み?のプラハさん。 兵種は騎馬、武器は原作通りフレイムランスを所持 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ