FEH

FEHイングリットにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2021年3月5日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は風花雪月からイングリットが
恒常枠で実装されました。

武器種は槍のままですが
恒常では兵種が騎馬に変更。

原作人気も高いキャラなので

狙ってガチャを引いた人も
いるのではないでしょうか?

イングリットを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

イングリットにスキル継承するなら何がおすすめ?

イングリットは補助を
継承無しで覚えることができません。

スキルの穴埋めをするためにも
優先で継承しておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。
ルーナ、バーツなどから継承できます。

~その他、スキル継承おすすめ~
・疾風迅雷
再行動が可能になる奥義。

イングリットは専用武器に
奥義カウント-があるので

迅雷運用がしやすいキャラ。

継承キャラに余裕があれば
覚えておきましょう。

星5ティアモから継承できます。

・遠距離反撃
射程2攻撃でも反撃できる便利スキル。

イングリットは速さが高く
反撃で追撃も狙えるキャラ。

守備の低い敵であれば
反撃で返り討ちにできます。

ヘクトル、フリーズなどから継承可能。

スポンサードリンク

イングリットスキル構成一例

武器:ルーン
補助:引き戻し
奥義:疾風迅雷
 A:攻撃速さの孤軍4
 B:攻撃速さの凪3
 C:攻撃速さの奮起3
聖印:剛剣3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し   :ルーナ、バーツ
疾風迅雷   :星5ティアモ
攻撃速さの凪3:シリウス、シノン

迅雷運用する場合のスキル構成。

イングリットは初期スキルが強力なので
変わった運用法をしなければ

初期スキルのままでも十分活躍できます。

スキル構成一例ではB枠が
攻撃速さの凪3になっていますが

継承キャラがいなければ
速さ守備の凪3でもOK。

スポンサードリンク

イングリットの個体値

LV40
HP37 攻撃51 速さ40
守備28 魔防27

※武器、スキルを含めた個体値。

攻撃、速さが高く、守備面がそこそこ。
代わりにHPが低めなイングリット。

専用武器の性能を考えると
速さをできるだけ伸ばしたいので

速さ↑個体がアタリ個体。

攻撃速さの孤軍4、速さ守備の凪3
攻撃速さの奮起3と

レアスキルを多数所持しているので
継承素材にも使えますが

2021年3月26日現在
槍騎馬の中でもトップクラスの
性能をしているキャラなので

ハズレ個体であってもできるだけ
継承素材には使用せず

育成しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

補助をスキル継承して
スキルの穴を埋めておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。

イングリットは初期スキルが
強力なのでそのままでも強いですが

迅雷運用がしやすいキャラなので
継承キャラに余裕があれば

疾風迅雷も覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEHケセルダにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年12月9日の更新で実装された新たな英雄。 今回は聖魔からケセルダが大英雄枠で実装されましたね。 兵種は歩行、武器種は斧。 配布キャラの中でも比較的多めなタイプになっています。 ケセルダを運用 …

FEHバレンタイン女ルフレにスキル継承するなら何がおすすめ?

2022年2月8日の更新で実装された新たな英雄。 今回は覚醒から女ルフレがバレンタイン超英雄枠で実装されました。 兵種は重装、武器種は無属性魔。 比較的レアな無属性魔ですが重装で実装されたのは今回が初 …

FEHフリーズインファナル攻略クリア編成と手順紹介

伝承英雄追加と同時に実装される伝承英雄戦。 今回はフリーズ戦になります。 フリーズは専用武器、スキルが共に強力で 遠距離反撃も付いているので 倒すのが大変なキャラです。 今回のマップでは増援も出現する …

FEH魔器女ルフレにスキル継承するなら何がおすすめ?

2022年10月17日の更新で実装された新たな英雄。 今回は覚醒から女ルフレ(ギムレー)が魔器英雄として実装されました。 1度だけですが継承してもキャラが無くならない魔器英雄。 継承素材だけで無く、性 …

FEHクリスマスファにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年クリスマス超英雄が 実装されましたね。 今回はファがクリスマス超英雄化しました。 武器、属性に変化はありませんが クリスマスキャラということで重装になりました。 ガチャで引き当て、運用してい …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ