FEH

FEHイングリットにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2021年3月5日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は風花雪月からイングリットが
恒常枠で実装されました。

武器種は槍のままですが
恒常では兵種が騎馬に変更。

原作人気も高いキャラなので

狙ってガチャを引いた人も
いるのではないでしょうか?

イングリットを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

イングリットにスキル継承するなら何がおすすめ?

イングリットは補助を
継承無しで覚えることができません。

スキルの穴埋めをするためにも
優先で継承しておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。
ルーナ、バーツなどから継承できます。

~その他、スキル継承おすすめ~
・疾風迅雷
再行動が可能になる奥義。

イングリットは専用武器に
奥義カウント-があるので

迅雷運用がしやすいキャラ。

継承キャラに余裕があれば
覚えておきましょう。

星5ティアモから継承できます。

・遠距離反撃
射程2攻撃でも反撃できる便利スキル。

イングリットは速さが高く
反撃で追撃も狙えるキャラ。

守備の低い敵であれば
反撃で返り討ちにできます。

ヘクトル、フリーズなどから継承可能。

スポンサードリンク

イングリットスキル構成一例

武器:ルーン
補助:引き戻し
奥義:疾風迅雷
 A:攻撃速さの孤軍4
 B:攻撃速さの凪3
 C:攻撃速さの奮起3
聖印:剛剣3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し   :ルーナ、バーツ
疾風迅雷   :星5ティアモ
攻撃速さの凪3:シリウス、シノン

迅雷運用する場合のスキル構成。

イングリットは初期スキルが強力なので
変わった運用法をしなければ

初期スキルのままでも十分活躍できます。

スキル構成一例ではB枠が
攻撃速さの凪3になっていますが

継承キャラがいなければ
速さ守備の凪3でもOK。

スポンサードリンク

イングリットの個体値

LV40
HP37 攻撃51 速さ40
守備28 魔防27

※武器、スキルを含めた個体値。

攻撃、速さが高く、守備面がそこそこ。
代わりにHPが低めなイングリット。

専用武器の性能を考えると
速さをできるだけ伸ばしたいので

速さ↑個体がアタリ個体。

攻撃速さの孤軍4、速さ守備の凪3
攻撃速さの奮起3と

レアスキルを多数所持しているので
継承素材にも使えますが

2021年3月26日現在
槍騎馬の中でもトップクラスの
性能をしているキャラなので

ハズレ個体であってもできるだけ
継承素材には使用せず

育成しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

補助をスキル継承して
スキルの穴を埋めておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。

イングリットは初期スキルが
強力なのでそのままでも強いですが

迅雷運用がしやすいキャラなので
継承キャラに余裕があれば

疾風迅雷も覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEH飛行弓ロキにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年3月23日に始まった 戦禍の連戦でもらえる超英雄。 今回は飛行弓ロキが ポイント報酬になっています。 兎要素もあまり無く 水着と言っても差し支えない 格好で登場した超英雄のロキさん。 初期ス …

FEH水着ワユにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年6月18日の更新で実装された新たな英雄。 今回はワユの水着バージョンが双界英雄として実装されました。 ワユの超英雄も今回で2人目。イラストが安定しているキャラなので 狙ってガチャを回す人も多 …

FEH水着ウルスラにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年セクシー水着枠として 実装されたウルスラさん。 大英雄で実装されてから音沙汰が 全くなかったキャラでしたが めでたくガチャキャラになりました。 ウルスラ推しの人は貯めたオーブを 一気に使って …

FEHリンカにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年4月8日の更新で実装された新たな英雄。 今回はifからリンカがFEHに初実装されました。 FEでは割と珍しい筋肉女子。 原作と比較して筋肉面が更に強化されていますね。 リンカをガチャで引き当 …

FEHバレンタインルドルフにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年2月7日の更新で 実装された新たな英雄。 今回はエコーズからルドルフが バレンタイン超英雄枠で初実装しました。 今年も誕生したバレンタイン親父枠。 兵種は総合値が高い重装になりました。 バレ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ