グラブル

グラブルウン・ハイルって何個必要?理想個数は?

投稿日:2019年3月1日 更新日:

リミテッドフェリの解放武器「ウン・ハイル」

レジェフェスで入手できる
初の闇属性武器になっています。

実装当初から最終上限解放実装されていて
スキルに必殺を持っている武器ですが

理想編成に入る武器なのでしょうか?

理想編成に入るならウン・ハイルは何個必要?
理想個数を紹介していきます。

関連コンテンツ

ウン・ハイルって何個必要?理想個数は?

~レベル120で必殺が強化~
ウン・ハイルは最終上限解放して
レベルを120にすると

スキル1が必殺から英傑に変更されます。

英傑は奥義ダメージと上限UPの他に
チェインバーストのダメージと上限UPも
兼ね備えたスキルになっているので

完全に必殺の上位版と考えてよいスキルです。

ダメージ上限を上げることができるので
理想編成候補に入ってくる武器になります。
 

~何個必要?理想個数は?~
メカニック編成など1ターンで
決着をつけるタイプの編成であれば

上限UPをフルに発揮したいので
2個が理想個数になるのですが

1個でも十分に上限を上げられるので

とりあえず4凸1個を用意できれば
いいかなー?と、個人的に思います。

攻刃が無いのでどれを外すか?
というのも悩む武器です。

スポンサードリンク

マグナ編成でも使える武器?

ウン・ハイルは攻刃が一切無く
ハデス加護が無いとスキルの上昇量も低いので

マグナ編成では恩恵があまり無い武器になります。

ですが奥義の効果で闇属性キャラのダメ上限と
クリティカル確率を上げることができるので

楽器を使うジョブのメイン武器として
使える性能になっています。

エリュシオンを闇属性で運用する場合は

メイン武器用に4凸1本を
作っておくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放に必要な素材

楽器のエレメント 300個
闇のエレメント 300個
虚ろなる塊 20個
闇のプシュケー 3個
ガブリエルのアニマ 3個
ウリエルのアニマ 3個
究竟の証 2個
碧空の結晶 5個
 

エレメントの消費は多いですが
それ以外の素材はそれほどでもありません。

究竟の証はトレジャー交換で入手すると
1日1個制限になっているので

定期的に交換しておき
数を集めておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

奥義ダメージ上限UPの上限へ到達する
4凸2個を揃えるのが理想個数になります。

1個でも十分に奥義ダメージの上限を
上げることができるので

とりあえず1個あれば十分な武器です。

ハデス加護が無いとスキルの上昇量が低いので
マグナ編成ではまず使わない武器になりますが

奥義の追加効果でダメージ上限を上げられるので

楽器がメイン武器のジョブ
を闇属性で使っているなら

メイン武器用に4凸1個
作っておくのもよいでしょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル十天衆の2人目は誰がおすすめ?最終上限解放するのはアリ?

「次は誰にしようかな?」 1人仲間にするだけでも大変な十天衆。 1人目は好みのキャラを 選ぶ人も多いと思います。 2人目を仲間にする場合は 誰を仲間にするとよいでしょうか? 2人目は性能重視にするべき …

グラブルでホワイトラビットを入手するには?効果量は?

「アイテムのドロップ率を上げたい!」 周回クエストをしていると 特に感じるアイテムの出にくさ… 少しでも改善したいですよね。 そこで欲しくなるのが 召喚石「ホワイトラビット」! アイテムドロップ率が上 …

グラブルアバターの自発はどこでする?武器のドロップ率は?

セレスト武器が集め終わってから 更に闇属性を強化したい場合に やっておきたいマルチバトル、アバター。 ドロップするSSR武器は 方陣スキルが付いているので マグナ2とも呼ばれています。 早速アバターを …

グラブル騎士道のメダリオンを効率よく集める方法

以前行われたシナリオイベント 二人の騎士道の復刻が始まりましたね。 復刻はイベントトレジャーを集めて 報酬を手に入れる形式になっています。 報酬交換の中で最も使用する トレジャーが騎士道のメダリオンで …

グラブルにダメージ上限ってあるの?最大値ってどれくらい?

「鍛えても奥義のダメージが上がらない」 グラブルをある程度やってる プレイヤーならこの現象は 経験があるだろうと思われます。 「もしかしてダメージに上限ってある?」 ってことで今回はその辺の ギモンを …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ