グラブル

グラブルの砂レンガを効率よく集めるならどのクエスト?

投稿日:

グラブル 砂レンガ

「砂レンガ持って来いよ♂」

ウリエルさんの武器を鍛えるのに
砂レンガが要求されますが
どのクエが効率が良いのか?

他トレジャーの使い道は?
トレハンに意味はあるのか?

気になるギモンを解決しよう!

  

関連コンテンツ

砂レンガを集める効率の良いクエストは?

出る場所はメフォラシュなので
出てない方はメインクエを進めます。

メインクエの70章エピソード4
やってみた感じ調子よかったです。

36章のエピソード3でも良いです。
この辺は確率どうしても偏るので
お好みでかまわない感じです。

実際に5回ずつ回してみました。
火属性オリバー、エッセル。
召喚石はカグヤ×カグヤorうさぎ。

メインクエ36章エピソード3
アドベ+ドロップで表記

2+1
3+1
0+1
2+0
1+0

5回で11個という結果でした。

つづいてメインクエ70章のエピ4
上と同じくアドベ+ドロップ表記

2+4
2+2
2+1
3+1
2+1

5回で20個という結果でした。
こっちは古代布も何枚か
出てたんでオススメです。

メインクエ70章の4が
最も効率が良いようです。

スポンサードリンク

他に手に入るトレジャーの使い道は?

「他トレジャーの使い道は?」

とりあえずメインの砂レンガですが
ウリエル武器の他にも使い道が…
エリクシールハーフの交換です。

なので全然たまっていなくて
武器素材にされるのはツラかった…

・古代布

コレも使用頻度高い素材です。

古戦場武器の強化のほかに
ジョブマスターピースにも
使うので集めておきましょう。

古物商のプライドで多く集まります。

・古代樹の葉

ディフェンドオーダーで
使われていましたが…
つまり使い道がないです。

※2017年6月現在の情報です。

今後何かの素材になる
可能性はあります、あるよね?


スポンサードリンク

トレハンに意味はあるのか?

「トレハンがめんどい…」

周回して数をこなしたほうが
良いかなって感じもしますが
トレハンは意味があります。

なんだかんだ宝箱が増えるので
手に入る確率は上がります。

まあ、自分は面倒なんで
つけたりつけなかったりですがw

オリバーやセプティアンバーナー、
カグヤ、ウサギ、エッセル、
そしてシェロサポート。

この辺でブーストかけると
また入手率が違ってきます。

手に入るまで低確率でブン回すよりは
1日に5回みたいに決めて
継続した方が健康的です。

スポンサードリンク

まとめ

そんなわけで効率が良いのは
メインクエ70章エピ4でした。

メフォラシュでは古代布も
いっしょに取れますが
こちらも重要な素材です。

ハーフ目的で稼ぐにはちょっと
微妙な感じがしましたので
あくまで武器素材ですね(・∀・)

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルガチャッティの使い道はある?餌にしてもいい武器?

ガチャピンコラボで入手できる SSR武器「ガチャッティ」 セルエルの解放武器フロッティを パロった武器ですが性能は全然違いますねw イベント期間でしか入手できない武器ですが これって使い道があるのでし …

グラブル嵐竜の琥珀眼を効率よく集める方法

古戦場武器の強化などで 使用するトレジャー嵐竜の琥珀眼。 古戦場武器強化を風属性にしている場合 80個も使用するトレジャーになっています。 数が必要になるトレジャーなので できるだけ効率よく集めたいで …

グラブルアナトは取るべき?代用できる召喚石はある?

「アナト取っておいた方がいい?」 カジノメダル250万枚で 1個交換できるアナト。 グラブルでは珍しいカジノの景品で 入手可能なSSR召喚石になっています。 在庫は全部で4つあるので 全て交換すること …

グラブル永遠拒絶の杖の第二スキルは何がいい?ペンデュラム交換のおすすめ

ダークラプチャーで入手できるトレジャーを 交換することで手に入る武器「永遠拒絶の杖」 攻撃とHPが両方増える 方陣神威持ちの武器なので 交換した人も多いと思います。 レベルを120まで上げると ペンデ …

グラブルのSSRバウタオーダって強い?性能は?サプチケ使うべき?

「バウタオーダさんもSSRであります!」 SRの頃からかばうカウンターが 印象的だったバウタオーダさんが ついにSSRとして登場しました。 実際のところ強いのでしょうか? どんな性能?運用方法は? 相 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ