グラブル

グラブルの砂レンガを効率よく集めるならどのクエスト?

投稿日:

グラブル 砂レンガ

「砂レンガ持って来いよ♂」

ウリエルさんの武器を鍛えるのに
砂レンガが要求されますが
どのクエが効率が良いのか?

他トレジャーの使い道は?
トレハンに意味はあるのか?

気になるギモンを解決しよう!

  

関連コンテンツ

砂レンガを集める効率の良いクエストは?

出る場所はメフォラシュなので
出てない方はメインクエを進めます。

メインクエの70章エピソード4
やってみた感じ調子よかったです。

36章のエピソード3でも良いです。
この辺は確率どうしても偏るので
お好みでかまわない感じです。

実際に5回ずつ回してみました。
火属性オリバー、エッセル。
召喚石はカグヤ×カグヤorうさぎ。

メインクエ36章エピソード3
アドベ+ドロップで表記

2+1
3+1
0+1
2+0
1+0

5回で11個という結果でした。

つづいてメインクエ70章のエピ4
上と同じくアドベ+ドロップ表記

2+4
2+2
2+1
3+1
2+1

5回で20個という結果でした。
こっちは古代布も何枚か
出てたんでオススメです。

メインクエ70章の4が
最も効率が良いようです。

スポンサードリンク

他に手に入るトレジャーの使い道は?

「他トレジャーの使い道は?」

とりあえずメインの砂レンガですが
ウリエル武器の他にも使い道が…
エリクシールハーフの交換です。

なので全然たまっていなくて
武器素材にされるのはツラかった…

・古代布

コレも使用頻度高い素材です。

古戦場武器の強化のほかに
ジョブマスターピースにも
使うので集めておきましょう。

古物商のプライドで多く集まります。

・古代樹の葉

ディフェンドオーダーで
使われていましたが…
つまり使い道がないです。

※2017年6月現在の情報です。

今後何かの素材になる
可能性はあります、あるよね?


スポンサードリンク

トレハンに意味はあるのか?

「トレハンがめんどい…」

周回して数をこなしたほうが
良いかなって感じもしますが
トレハンは意味があります。

なんだかんだ宝箱が増えるので
手に入る確率は上がります。

まあ、自分は面倒なんで
つけたりつけなかったりですがw

オリバーやセプティアンバーナー、
カグヤ、ウサギ、エッセル、
そしてシェロサポート。

この辺でブーストかけると
また入手率が違ってきます。

手に入るまで低確率でブン回すよりは
1日に5回みたいに決めて
継続した方が健康的です。

スポンサードリンク

まとめ

そんなわけで効率が良いのは
メインクエ70章エピ4でした。

メフォラシュでは古代布も
いっしょに取れますが
こちらも重要な素材です。

ハーフ目的で稼ぐにはちょっと
微妙な感じがしましたので
あくまで武器素材ですね(・∀・)

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル水着ファラはどんな性能?強い?手に入れた方がよいキャラ?

2018年グラブル水着キャラとして 実装されたファラ。 属性も水に変更され カタリナと組みやすくなりました! 水着キャラが実装されると 気になってくるのが性能面。 どんな性能のキャラでしょうか? 水着 …

グラブル封印の杖は取っておいた方がいい?マグナ編成なら何本必要?

2017年10月10日から始まった グラブルのCCさくらコラボ。 今回もイベントSSR武器が 追加されていますねー 前回の刀剣乱舞コラボの武器が強かったので 今回の武器も期待が高まるところです。 CC …

グラブル四象の試練「青竜」攻略法!おすすめの編成は?

「青竜って風属性だよね」 「ブレスが火なんだよね」 トリッキーな青竜さんも 印符を消費して戦う 強力なソロバトルが追加されました。 どんな行動をしてくるのか? おすすめの編成は? 追加の武器スキルは何 …

グラブルふたりの騎士道アーサー信頼度上げ質問と正解全パターン紹介

2017年11月30日に実装された グラブルシナリオイベント。 ふたりの騎士道は今までにもあった 質問に答えていく形で信頼度を上げる パターンになっています。 アーサーの質問に対して 3択式で答えてい …

グラブルウォフ剣は何本必要?理想本数は?

ゼノウォフマナフ復刻で ウォフ剣が新たに追加されましたね。 追加実装されたゼノ武器ということで 高性能になっていますね。 新しい武器が実装されて気になるのが 何本必要か?という点。 ウォフ剣は何本必要 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ