グラブル

グラブルの真理の土を効率よく集めるには?トレハンは必要?

投稿日:

「あれ?真理の土が足りないなあ・・・」

古戦場武器を強化するために
要求されるトレジャー、真理の土。

100個も要求されるので
普通に集めるにはなかなか大変です。

そんな真理の土を効率よく
集めるにはどうするとよいでしょうか?

古戦場武器強化以外にも
使い道はあるのでしょうか?

トレハンは必要?無くても大丈夫でしょうか?

関連コンテンツ

真理の土を効率よく集められるおすすめクエスト

真理の土を効率よく集められる
おすすめクエストを紹介していきます。

~効率よく集められるクエスト~

13章(52章)のフリクエ
剣呑なお香で集めるのが効率がよいです。

レア編成限定になりますが
敵が弱いので討伐も簡単です。

古戦場装備を鍛えようと
思っている人であれば

ホワイトラビットやカグヤ加護でも
周回しやすいクエストになっています。


1回のクエストで10個以上
ドロップすることもあります。

APは20消費しますが手に入る量が多いので
少ない周回で100個集められます。

スポンサードリンク

真理の土他に使い道はある?

古戦場武器の強化に使う真理の土。
他の使い道はあるのでしょうか?

~その他使い道~
真理の土はユグマグ装備の
最終上限解放素材に使用します。

古戦場武器強化と同じく
こちらでも1本で100個使用します。

ユグ剣を多く編成で利用している場合は
かなりの数が必要になるので

お香クエで効率よく集めていきましょう。
主な使い道はこれくらいになっています。


スポンサードリンク

クエストを周回する時にトレハンは必要?

真理の土集めをする時に
トレハンはあった方がよいのでしょうか?

~トレハンは必要?~
プレイしている人によって
意見が分かれやすいトレハン問題。

トレハンをかけて少しでも
ドロップ率を上げておきたいという人と

少しでも早く周回するために
トレハンを使わずそのまま倒す人。

2つのタイプに分かれます。

どちらが正解というのは無いので
自分が周回しやすい方でやっていきましょう。

個人的には真理の土に関しては
ドロップ率がよいトレジャーなので

基本的にトレハンは使わずに
周回することが自分は多いです。

スポンサードリンク

まとめ

真理の土は13章(52章)のフリクエ
剣呑なお香で集めると効率がとてもよいです。

1回のクエストで10個くらい
ドロップすることもあり

あっという間に100個集められます。

古戦場武器の強化以外にも
ユグ武器の最終上限解放素材として
100個使用します。

少しでも効率を上げたい場合は
トレハンはあった方がよいのですが

かけるのが少しでも面倒な場合や
ドロップ率がよいトレジャーを集める場合は

トレハン無しでも問題無いと思います。
自分のやりやすい方法で集めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルSRウィルは強い?性能は?育てておくべき?

「SRウィルって強いの?」 無料ガチャ期間でポロっと 解放武器が引けたSRウィル。 出現率UPしているSRキャラは出やすく 手に入れた人も多いのではないでしょうか? 最終上限解放も実装されていますが …

グラブル古戦場2017年5月の属性は?変更点とボーダーは?

「今月も古戦場でございます」 「なんか、はやくない?」 なんとなく月末にやる 印象のある古戦場ですが 今月はちょっと早めです。 何属性だったかな? 前回からの変更点は? ボーダーはどうなる? 気になる …

グラブル銀天の輝きを効率よく集める方法

ジョブマスターピースの強化などで 必要になる銀天の輝き。 クラス4を取得するために集めておきたい トレジャーの1つになります。 ジョブマスターピース以外でも ストッパー素材に使われることが 多いのトレ …

グラブルのアサルトタイムを効率よく使うにはどうする?

「アサルトタイムだ!ヒャッハー!」 グラブルを効率よく遊ぶために 欠かせないものになっていますが 具体的にどんな効果があるのか? また、有効に活用するために どんなクエストを回せば良いのか? そして特 …

グラブルネツァワルピリは今でも強い?サプチケで交換するのはアリ?

グラブルサービス開始初期の頃から 実装されているSSRキャラネツァワルピリ。 最終上限解放も実装されている 風属性のキャラになっています。 風属性を運用していくうえで アタッカー候補になるネツァワルピ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ