グラブル

グラブルの真理の土を効率よく集めるには?トレハンは必要?

投稿日:

「あれ?真理の土が足りないなあ・・・」

古戦場武器を強化するために
要求されるトレジャー、真理の土。

100個も要求されるので
普通に集めるにはなかなか大変です。

そんな真理の土を効率よく
集めるにはどうするとよいでしょうか?

古戦場武器強化以外にも
使い道はあるのでしょうか?

トレハンは必要?無くても大丈夫でしょうか?

関連コンテンツ

真理の土を効率よく集められるおすすめクエスト

真理の土を効率よく集められる
おすすめクエストを紹介していきます。

~効率よく集められるクエスト~

13章(52章)のフリクエ
剣呑なお香で集めるのが効率がよいです。

レア編成限定になりますが
敵が弱いので討伐も簡単です。

古戦場装備を鍛えようと
思っている人であれば

ホワイトラビットやカグヤ加護でも
周回しやすいクエストになっています。


1回のクエストで10個以上
ドロップすることもあります。

APは20消費しますが手に入る量が多いので
少ない周回で100個集められます。

スポンサードリンク

真理の土他に使い道はある?

古戦場武器の強化に使う真理の土。
他の使い道はあるのでしょうか?

~その他使い道~
真理の土はユグマグ装備の
最終上限解放素材に使用します。

古戦場武器強化と同じく
こちらでも1本で100個使用します。

ユグ剣を多く編成で利用している場合は
かなりの数が必要になるので

お香クエで効率よく集めていきましょう。
主な使い道はこれくらいになっています。


スポンサードリンク

クエストを周回する時にトレハンは必要?

真理の土集めをする時に
トレハンはあった方がよいのでしょうか?

~トレハンは必要?~
プレイしている人によって
意見が分かれやすいトレハン問題。

トレハンをかけて少しでも
ドロップ率を上げておきたいという人と

少しでも早く周回するために
トレハンを使わずそのまま倒す人。

2つのタイプに分かれます。

どちらが正解というのは無いので
自分が周回しやすい方でやっていきましょう。

個人的には真理の土に関しては
ドロップ率がよいトレジャーなので

基本的にトレハンは使わずに
周回することが自分は多いです。

スポンサードリンク

まとめ

真理の土は13章(52章)のフリクエ
剣呑なお香で集めると効率がとてもよいです。

1回のクエストで10個くらい
ドロップすることもあり

あっという間に100個集められます。

古戦場武器の強化以外にも
ユグ武器の最終上限解放素材として
100個使用します。

少しでも効率を上げたい場合は
トレハンはあった方がよいのですが

かけるのが少しでも面倒な場合や
ドロップ率がよいトレジャーを集める場合は

トレハン無しでも問題無いと思います。
自分のやりやすい方法で集めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル騎士章の使い道「集めておいた方がいい?」

コードギアスコラボで 入手できるトレジャー「騎士章」 集めるつもりは無いけど いつ間にか入手していた。 という人もいるのではないでしょうか? 報酬交換で使用することも無いトレジャーですが これって何に …

グラブルの光属性を鍛えるには?装備は?日課は?

「光属性を強くしたい!」 古戦場やイベントなどで 光属性が有利なところで どうしても育成不足が目立つ… 4属性と違って光闇はなんだか 敷居が高そう…どう鍛えよう? 強くなるための方法を 紹介していきま …

グラブルバハムートフツルスは何から作るべき?作成優先度紹介

バハムート武器を更に強化した武器 「バハムートフツルス」 攻撃だけでなく、HPを増やすことも できるのがフツルスの魅力ですね。 フツルスは全部で10種類ありますが 何から作るべきなのでしょうか? 「迷 …

グラブルコロ杖を集め終わったらやっておきたいこと

「コロ杖集め終わったなあ・・・」 マグナ編成を使用するうえで 必要になる装備の1つコロ杖。 コロッサスマグナをたくさん倒して 理想本数を集めた人も 多いのではないでしょうか? マグナ武器が完成するとそ …

グラブルプロミスとミスラの使い道はある?エレメント化してもいい?

グラブルアニメ二期の放送記念で 配布された「プロミスとミスラ」 マルチバトルになっていない 星晶獣ミスラの武器と召喚石ですね。 見慣れない武器と召喚石ですが コレって使い道あるのでしょうか? エレメン …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ