グラブル

グラブルのハロウィンガチャは回すべき?

投稿日:

10月中旬頃~31日までは
グラブルでもハロウィンシーズン。

ハロウィンバージョンの限定キャラが
ガチャで手に入る機会になっています。

一度機会を逃すとしばらくは
引けなくなるハロウィンキャラですが

ガチャは回した方がよいのでしょうか?

それとも別に機会にガチャを
回すべきなのでしょうか?

  

関連コンテンツ

グラブルのハロウィンガチャは回すべき?

グラブルのハロウィンガチャ。
回すべきなのでしょうか?
 

~ハロウィンガチャは回すべき?~

お正月、水着、クリスマス。
最近ではバレンタインも加わった
グラブルの季節限定ガチャですが

ハロウィンはその中でも
優先度が低いガチャになっています。

好きなキャラがいるなら
もちろん手に入れるのもよいですが

グラブルのハロウィン限定キャラは
2018年現在追加されたSSRキャラが
そこまで性能面で強くありません。

恒常キャラの方が使いやすく
スタメン入りすることが多いので

ハロウィン限定キャラを手に入れても
使わないという可能性があります。

なので性能面を考えるのであれば

ハロウィンガチャは
回さない方がよいでしょう。

スポンサードリンク

ガチャを回すタイミングはいつにする?

ハロウィンガチャを回さないのであれば

ガチャを回すタイミングは
いつにするべきでしょうか?
 

~ガチャを回すタイミング~
SSRの出現率が6%になる
レジェンドフェス、グランデフェスで
回すようにしましょう。

魅力的なキャラが追加されますが
基本的に通常時はガマンします。

季節限定ガチャであれば
お正月はできるだけ回しておきましょう。

干支キャラは基本的に性能がよく
弱かった場合もパッチで強化が入ったり

最終上限解放が実装されて
強くなったりするので

お正月ガチャを回してできるだけ
干支キャラを確保しておきましょう。


スポンサードリンク

無課金で天井は狙える?

グラブルのガチャは300連で
天井になり特定の武器、召喚石と
交換することができますが

無課金でも天井は狙えるのでしょうか?
 

~無課金でも天井は狙える?~
毎日ログインしてイベントを
しっかりこないしているなら

年に2回くらいであれば
無課金でも天井を狙うこともできます。

天井を狙うことで確実な
戦力UPに繋がるので

チケット、宝晶石は無駄遣いせず
しっかり取っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ハロウィンガチャは性能面だけで考えるなら
SSRのキャラ性能がイマイチなので

できるだけ回さずガマンしておきましょう。

ガチャを回すタイミングは
レジェンドフェス、グランデフェスの
どちらかで回すようにしましょう。

季節限定ガチャであれば
お正月はできるだけ回しておきましょう。

無課金でも毎日ログインして
イベントをしっかりこなせば

年2回くらいは天井ガチャが回せます。

確実に戦力UPしていきたいなら
天井を狙っていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:

関連記事

グラブル栄誉交換のおすすめ

HLマルチバトルをクリアして 一定の貢献度を稼ぐともらえる栄誉の輝き。 一定の栄誉を稼ぐことで 特定の報酬と交換することができます。 交換できるものが多数あるので 何を交換すればいいのか? 悩む人も多 …

グラブルセフィラの玉髄って何?勲章交換しておくべき?

2019年4月の古戦場から 勲章交換に追加された「セフィラの玉髄」 勲章を500個使用することで 交換することができる報酬です。 グラブルをプレイしていても あまり馴染みがトレジャーですが そもそもセ …

グラブルヴィルヘルムはマグナ編成でも使い道はある?

グラニからドロップする SSR武器「ヴィルヘルム」 最終上限解放も実装されていて 暴君と技巧の2つのスキルを所持しています。 攻撃力とクリティカルが上がる武器なので 無課金ヴァルナでは集めておきたい武 …

グラブルサジタリウス召喚石の使い道はある?エレメント化してもいい?

ゼノサジを周回していたり 討滅戦をやっていると レアドロで手に入ることがある サジタリウス召喚石。 特に集める気は無いけど ゼノサジ周回をしていると いつの間にかたくさん手に入っている・・・ というこ …

グラブル穂むらまんじゅうの使い道、集めておいた方がいい?

ラブライブコラボで入手できる イベント専用トレジャー「穂むらまんじゅう」 集めているつもりは無いけど いつの間にか手に入っていた という人もいるのではないでしょうか? 報酬交換で使用しないトレジャーで …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ