グラブル

グラブル銀天の輝きを効率よく集める方法

投稿日:

ジョブマスターピースの強化などで
必要になる銀天の輝き。

クラス4を取得するために集めておきたい
トレジャーの1つになります。

ジョブマスターピース以外でも
ストッパー素材に使われることが
多いのトレジャーですが

どうやって集めるとよいでしょうか?
効率のよい集め方を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブル銀天の輝きを効率よく集める方法

~効率よく集める方法~
様々なマルチバトルで
ドロップする銀天の輝きですが

ジ・オーダー・グランデ戦を主催して
集めるのが最も効率がよいです。

主催報酬で手に入る赤箱は
銀天が確定ドロップします。

更にディール報酬でも
手に入るチャンスがあるので

まとまった数を集めたい場合は
グランデ戦を主催でやっておきましょう。

また確定入手法として万象の蒼角5個
トレジャー交換でも入手できます。

月に3個制限ですが
こちらも利用していきましょう。

スポンサードリンク

銀天の輝きの使い道は?

ジョブマスターピースの強化に
使用する銀天ですが

他の使い道はあるのでしょうか?
 

~銀天の使い道~
ジョブマスターピースの強化以外でも

・オメガウェポンの作成。
・十天衆の最終上限解放素材。
・バハルシの最終上限解放素材。
・アーカルム召喚石の強化。

これらで使用するトレジャーです。
アーカルム召喚石の強化に5個。

オメガウェポン、バハルシ
十天衆の最終上限解放には10個使用します。

グラブルで強くなるために
必要になるものが多いので

ジョブマスターピースを強化した後も
定期的に集めておきましょう。


スポンサードリンク

ディール報酬を入手する場合の注意点

ディール報酬で銀天の輝きを
入手する場合の注意点も紹介していきます。
 

~ディールで手に入れる場合の注意点~
騎空団メンバーと一緒に
ディール報酬があるマルチバトルを
クリアした場合に関しては

団員にもディール権があります。

ディールをする時は必ず
主催者がどれにディールをするのか
確認してからディールをしましょう。

主催者が欲しいものに対して
自分が被せるようにディールをして

そのままディール報酬を持っていくと
横取り行為とみなされ

騎空団によっては強制退団の
原因になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

銀天の輝きは確定ドロップがある
ジ・オーダー・グランデを主催して
集めるのが最も効率よく集める方法です。

トリガー集めは少し面倒ですが
銀天をたくさん集めたい場合は

グランデを主催して集めていきましょう。

ジョブマスターピースの作成以外でも
十天衆の最終上限解放など

グラブルで強くなるために
必要なものに多数使う銀天なので

ジョブマスターピース取得後も
定期的に集めておくのがよいでしょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルヴァリスは何本必要?理想本数は?

コードギアスコラボで入手できる SSR武器「ヴァリス」 EX攻刃持ちの風属性の銃で 最終上限解放も実装されています。 コラボイベントの武器は入手機会を逃すと 次はいつ入手できるかわからないので 逃さず …

グラブルサムスピコラボイベ開催!キャラや武器の性能は?

「武士道トハ死ヌコトト見ツケタリ」 これまた懐かしいモノと コラボしたものです! サムライスピリッツ好きでしたw グラブルとのコラボで仲間になる キャラクターの特徴と使い方。 追加されたSSR武器は …

グラブル疾風怒濤の傭兵コンビの使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

スツルム&ドランク傭兵お仕事帖で入手できる SSR召喚石「疾風怒濤の傭兵コンビ」 ありそうで無かったスツドラの キャラ召喚石がついに実装されましたね。 イベント限定入手の召喚石ですが とっておくべきな …

グラブル眠れる竜と獅子の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

ひよこ班を呼び出せる 召喚石「眠れる竜と獅子」 シナリオイベントで入手できる召喚石は すっかりキャラを呼び出すものになりましたねw 今回を逃すと次に入手できるのが いつになるかわからない召喚石ですが …

グラブルSSRククルは強い?サプチケ交換はアリ?

待望のSSR!工房三姉妹の次女 ククルがSSR化しましたね。 属性は水属性になり三姉妹で 編成が組みやすくなりました。 そんなSSRククルですが 強いキャラなのでしょうか? 強ければ取っておきたい。 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ