グラブル

グラブル銀天の輝きを効率よく集める方法

投稿日:

ジョブマスターピースの強化などで
必要になる銀天の輝き。

クラス4を取得するために集めておきたい
トレジャーの1つになります。

ジョブマスターピース以外でも
ストッパー素材に使われることが
多いのトレジャーですが

どうやって集めるとよいでしょうか?
効率のよい集め方を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブル銀天の輝きを効率よく集める方法

~効率よく集める方法~
様々なマルチバトルで
ドロップする銀天の輝きですが

ジ・オーダー・グランデ戦を主催して
集めるのが最も効率がよいです。

主催報酬で手に入る赤箱は
銀天が確定ドロップします。

更にディール報酬でも
手に入るチャンスがあるので

まとまった数を集めたい場合は
グランデ戦を主催でやっておきましょう。

また確定入手法として万象の蒼角5個
トレジャー交換でも入手できます。

月に3個制限ですが
こちらも利用していきましょう。

スポンサードリンク

銀天の輝きの使い道は?

ジョブマスターピースの強化に
使用する銀天ですが

他の使い道はあるのでしょうか?
 

~銀天の使い道~
ジョブマスターピースの強化以外でも

・オメガウェポンの作成。
・十天衆の最終上限解放素材。
・バハルシの最終上限解放素材。
・アーカルム召喚石の強化。

これらで使用するトレジャーです。
アーカルム召喚石の強化に5個。

オメガウェポン、バハルシ
十天衆の最終上限解放には10個使用します。

グラブルで強くなるために
必要になるものが多いので

ジョブマスターピースを強化した後も
定期的に集めておきましょう。


スポンサードリンク

ディール報酬を入手する場合の注意点

ディール報酬で銀天の輝きを
入手する場合の注意点も紹介していきます。
 

~ディールで手に入れる場合の注意点~
騎空団メンバーと一緒に
ディール報酬があるマルチバトルを
クリアした場合に関しては

団員にもディール権があります。

ディールをする時は必ず
主催者がどれにディールをするのか
確認してからディールをしましょう。

主催者が欲しいものに対して
自分が被せるようにディールをして

そのままディール報酬を持っていくと
横取り行為とみなされ

騎空団によっては強制退団の
原因になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

銀天の輝きは確定ドロップがある
ジ・オーダー・グランデを主催して
集めるのが最も効率よく集める方法です。

トリガー集めは少し面倒ですが
銀天をたくさん集めたい場合は

グランデを主催して集めていきましょう。

ジョブマスターピースの作成以外でも
十天衆の最終上限解放など

グラブルで強くなるために
必要なものに多数使う銀天なので

ジョブマスターピース取得後も
定期的に集めておくのがよいでしょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル風属性おすすめキャラは誰?理想編成は?

「風属性のキャラ誰使おうかな・・・」 始めたばかりの頃はキャラが少なく 使用するキャラが限られていましたが ある程度プレイしていると 風属性のキャラもたくさん集まり SSRキャラでもサブメンバーから …

グラブルメイクアップ&ゴーの工房ポイントを効率よく稼ぐ方法

2018年9月30日から 始まったシナリオイベントメイクアップゴー。 シルヴァ、ククル、クムユが 活躍するシナリオイベントになっています。 今回は討伐章、貢献度、戦貨とは別に 工房ポイントと呼ばれる …

グラブル島ハード周回編成は誰を入れる?主人公のジョブはどうする?

「島ハードの周回編成どうしようかなー?」 グラブルをある程度プレイしているなら やっておきたい日課といえば島ハード。 強くなるためには毎日やっておけ。 と、よく言われています。 島ハードを周回するうえ …

グラブルイフリートの使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

「またレアドロで出たなあー」 ゼノイフ周回やイフリート討滅戦の レアドロ枠で出てくるイフリート召喚石。 狙って拾っているわけでは無いけど 気が付くと溜まっていく 召喚石の1つになっています。 そんなイ …

グラブルエーケイフォーエイはマグナ編成でも使える武器?

リミテッド武器の1つ「エーケイフォーエイ」 最終上限解放することで 攻刃IIが攻刃IIIになり LVを120まで上げることで 攻刃小+TA確率UP小の複合スキル 土の乱舞のスキルが付与されます。 ティ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ