FGO

第四の門復刻ライト版3ターン周回編成星5鯖少な目でやってみた

投稿日:

ホロウキャンドルが最高効率で稼げる
第四の門、クリスマス開拓史。

2018年11月17日の18時から
配信されたのでそろそろ本格的に
周回している人も多いと思います。

冥府のメリークリスマスは
復刻ライト版になってから

敵のHPが調整されたので
それに合わせて周回編成も変えてみました。

第四の門復刻ライト版の
3ターン周回編成を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

第四の門復刻ライト版3ターン周回編成星5鯖少な目でやってみた

第四の門復刻ライト版の
3ターン周回編成はこんな感じです。

敵のHPが大幅に減ったので

星5鯖を少なめにしても
3ターン周回しやすくなりました。

サポート鯖はスキルMAXの
孔明を借りてきましょう。
 

~どうやって周回するの~

バトル1はパラケルススの宝具で処理。
 

アーラシュのステラはバトル2で
使用していきましょう。

マスター装備の全体強化も
ここで使ってしまいます。

ステラでビッグダディのHPが
少し残る場合もありますが

残りのカードで十分削れるので
カード運が無くても大丈夫です。

アーラシュだらけになった場合は

事前にアーラシュカードで
ビッグダディのHPを削ってから

ステラで倒しましょう。
 

ラストはスパ君の宝具と金時の
宝具を使って処理をします。

スパ君⇒金時の順で使って行きましょう。
 

こんな感じで3ターン周回していきます。

サポ含めてイベ礼装が4枚積めるので
イベトレジャーも集めやすくなりました。

スポンサードリンク

イベ礼装をもっと増やせる編成は?

上記の編成から1枚しか増えませんが
イベ礼装を1枚増やす編成です。

1ターン目はパラケルススの宝具。

2ターン目はアルテラの宝具UPを
ニトクリスに使ってニトクリスの宝具と
残りのカードで処理。

3ターン目は全体強化をかけて
アルテラの宝具でバニヤン処理して
残りのカードでスノーマンを処理します。

カード運次第になりますが

一応これで礼装5枚積み
3ターン周回ができます。


スポンサードリンク

ホロウキャンドルで交換しておきたい報酬は?

スキル上げでたくさん要求される
鉄杭は忘れずに交換しておきましょう。

エレシュキガルを当てた人は
特に必要とする素材になります。

交換優先度としては
星4フォウ君⇒杭⇒蹄鉄⇒鎖⇒星3フォウ君。

今回からイベントを始めた人は
礼装⇒星4フォウ君⇒杭⇒蹄鉄⇒鎖⇒星3フォウ君。

の順番で交換しておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

バニヤンのHPがかなり減ったので
3ターン周回がしやすくなりました。

復刻ライト版らしい
よい修正だったと思います。

鉄杭はエレシュキガル
オケアノスのキャスターなど

最近ピックアップされたサーヴァントの
スキル上げで多数使用する素材なので

できるだけ回収しておきましょう。

-FGO
-

執筆者:

関連記事

フルタイムホワイト級3ターン周回編成紹介星5鯖を少な目にしてみた

2018年1月31日から始まった FGOのバレンタインイベント。 ファンシーシュガーが 効率よく手に入るクエスト フルタイムホワイト級の 周回編成を紹介していきます。 効率よくシュガーを集めるには 3 …

FGO新宿のアーチャーピックアップガチャは回すべき?

限定ピックアップで引くことが できる星5サーヴァント新宿のアーチャー。 星5アーチャーで現状唯一の 単体バスター宝具持ちのサーヴァントです。 (2018年1月4日現在) 期間限定で引けるサーヴァントと …

FGO冥府のメリークリスマスとびおり級3ターン周回する編成は?

2017年FGOクリスマスイベントも 12月15日から始まりましたねー FGOイベントと言えば周回。 アイテムをたくさん集めて お目当ての素材を交換する人も多いでしょう。 今回のイベント収集アイテム …

第一の門串刺しクリスマスを3ターンで周回する編成は?

2017年FGOクリスマスイベント 冥府のメリークリスマスの砂集めクエスト 第一の門、串刺しクリスマスは ホロウキャンドルを集めやすいクエストです。 (2017年12月17日8時現在) 効率よく周回す …

FGO星4サーヴァント確定プレゼント誰を交換するのがよい?

FGOも1000万DL達成! それを記念して星4サーヴァントを 1騎無料でプレゼントする キャンペーンが始まりますねー 全部で42騎いる恒常星4サーヴァント。 (2017年9月23日現在) いざ交換し …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ