グラブル

グラブルアバターのマグナアニマの集め方ってどうしてる?

投稿日:

セレストマグナ最終上限解放で
必要になるアバターのマグナアニマ。

全部で10個必要になるトレジャーになります。

何戦もアバターをしているけど
ドロップを見たことが無い・・・

という人もいるのではないでしょうか?

そんなアバターのマグナアニマですが
どうやって集めるとよいのでしょうか?

集め方について紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブルアバターのマグナアニマの集め方はどうしてる?

アバターのマグナアニマは
自発赤箱、MVP赤箱、青箱からのみ
入手することが可能になっています。

マグナアニマ自体はドロップ率が低いので

アニマをトレジャー交換して
マグナアニマを集めていきましょう。

ショップ⇒トレジャー交換⇒トレジャー
⇒マグナアニマHLから

闇のエレメント30個とアニマ10個で
マグナアニマ1個にすることが可能です。
 

アバターのアニマは入手率は高くないですが
金箱からもドロップするので

自発以外にもマルチバトルに参加して
アニマを集めていきましょう。

連戦部屋に参加するのも有効な手段になります。
 

~トレハンは必要?~
アバターのアニマ、マグナアニマは
トレハンのドロップ率UPの影響を受けないので

アニマ集めでトレハンは必要ありません。

少しでも貢献度を稼いで
青箱を狙って行きましょう。

スポンサードリンク

アバターのマグナアニマの使い道

セレストマグナの最終上限解放以外にも

・アバター武器の最終上限解放に10個。
・セレストマグナ武器の最終上限解放に15個。
・アーカルム召喚石、デスの最終上限解放に10個。

これらでも使い道があるトレジャーです。

最終上限解放するための
ストッパー素材になっているので

少しでも多く集めておきましょう。


スポンサードリンク

アバター武器のアタリはどれ?

マグナ、ハデス共に使い道がある
アバター杖、アビススパインはアタリになります。

アバター銃、アビスルックは
編成次第でマグナで使えますが

集めるのが手間な割には使い道が無いです。

アバター斧、アビスストライカーは
現状使い道がほぼ無く

アバター武器の中でもハズレ枠になりますが

入手が大変な武器なので
武器倉庫に入れて取っておくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

マグナアニマ自体のドロップは
自発赤箱、MVP赤箱、青箱からの
低確率ドロップになるので

アバターのアニマをたくさん集めて
トレジャー交換していきましょう。

闇エレメント30個とアニマ10個で
マグナアニマ1個と交換できます。

金箱枠でもアバターのアニマが出るので
他人のマルチバトル、連戦に参加して
アニマを集めていきましょう。

ストッパー素材に使われることが多いので
召喚石の最終上限解放が終わっても
定期的に集めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルザオシェン90HELL攻略キャラ編成は誰を入れるべき?

「ザオシェンの編成どうしよう?」 2018年8月の古戦場ボスで 実装されたザオシェン。 召喚石でお馴染みでしたが 敵キャラとして戦うことになりました。 貢献度を稼ぐうえでHELLの周回は 必要不可欠な …

グラブルのユグドラシルの性能は?強い?サプチケ候補にしてもよい?

待望のプレイアブル化を果たした ゆぐゆぐことユグドラシル。 仲間にしたい人も多いのではないでしょうか? しかし気になってくるのは性能面。 可愛いキャラではありますが 戦闘であまり使えないのであれば 無 …

グラブルのフィンブルって必要?効率よく入手するには?

「フィンブルって弱体されたんでしょ?」 フェンリル討滅戦で手に入る 強い弓だったのですが 残念ながら修正されました… ぶっちゃけ今も必要なのか? もし装備するなら何本欲しい? 効率の良い入手方法は? …

グラブル火属性武器のおすすめ

「火属性武器って何使ったらいい?」 グラブルの戦力UPで 重要になる要素といえば武器選び。 メインに1本、サブに9本装備できますが 「どの武器を装備したらよいのだろう?」 と、悩んでしまうことも ある …

グラブル友情のメダリオンを効率よく集める方法

2018年9月9日から始まった 俺達のレンジャーサイン。 以前やったシナリオイベントの 復刻版になっています。 復刻版ではトレジャーを集めて 報酬を交換していく形式ですが その時にたくさん使用する ト …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ