グラブル

グラブルアバターのマグナアニマの集め方ってどうしてる?

投稿日:

セレストマグナ最終上限解放で
必要になるアバターのマグナアニマ。

全部で10個必要になるトレジャーになります。

何戦もアバターをしているけど
ドロップを見たことが無い・・・

という人もいるのではないでしょうか?

そんなアバターのマグナアニマですが
どうやって集めるとよいのでしょうか?

集め方について紹介していきます。

  

関連コンテンツ

グラブルアバターのマグナアニマの集め方はどうしてる?

アバターのマグナアニマは
自発赤箱、MVP赤箱、青箱からのみ
入手することが可能になっています。

マグナアニマ自体はドロップ率が低いので

アニマをトレジャー交換して
マグナアニマを集めていきましょう。

ショップ⇒トレジャー交換⇒トレジャー
⇒マグナアニマHLから

闇のエレメント30個とアニマ10個で
マグナアニマ1個にすることが可能です。
 

アバターのアニマは入手率は高くないですが
金箱からもドロップするので

自発以外にもマルチバトルに参加して
アニマを集めていきましょう。

連戦部屋に参加するのも有効な手段になります。
 

~トレハンは必要?~
アバターのアニマ、マグナアニマは
トレハンのドロップ率UPの影響を受けないので

アニマ集めでトレハンは必要ありません。

少しでも貢献度を稼いで
青箱を狙って行きましょう。

スポンサードリンク

アバターのマグナアニマの使い道

セレストマグナの最終上限解放以外にも

・アバター武器の最終上限解放に10個。
・セレストマグナ武器の最終上限解放に15個。
・アーカルム召喚石、デスの最終上限解放に10個。

これらでも使い道があるトレジャーです。

最終上限解放するための
ストッパー素材になっているので

少しでも多く集めておきましょう。


スポンサードリンク

アバター武器のアタリはどれ?

マグナ、ハデス共に使い道がある
アバター杖、アビススパインはアタリになります。

アバター銃、アビスルックは
編成次第でマグナで使えますが

集めるのが手間な割には使い道が無いです。

アバター斧、アビスストライカーは
現状使い道がほぼ無く

アバター武器の中でもハズレ枠になりますが

入手が大変な武器なので
武器倉庫に入れて取っておくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

マグナアニマ自体のドロップは
自発赤箱、MVP赤箱、青箱からの
低確率ドロップになるので

アバターのアニマをたくさん集めて
トレジャー交換していきましょう。

闇エレメント30個とアニマ10個で
マグナアニマ1個と交換できます。

金箱枠でもアバターのアニマが出るので
他人のマルチバトル、連戦に参加して
アニマを集めていきましょう。

ストッパー素材に使われることが多いので
召喚石の最終上限解放が終わっても
定期的に集めていきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルのヴェインSSRは弱い?性能は?編成するなら?

「ついにヴェインもSSRだー!」 フェードラッヘ4人の中で いつまでSRなんだろうと 思ってたら花見SSRになりました。 「でもあんまり話題にならない…?」 もしかして、弱い…? そんなことはないはず …

グラブル聖域の守護剣は取っておくべき?

カーオンからドロップする SSR武器「聖域の守護剣」 チェインバーストのダメージと 上限を上げることができるスキルを 所持した武器になっています。 上限を上げる武器は何かと 使われることが多いですが …

グラブルサプチケ交換のおすすめ2019年5月販売分

みんな大好きサプチケの 5月版が販売されますね。 4月にサプチケの販売が無かったので 待ち遠しかった人も多いのではないでしょうか? サプチケ交換で悩みがちになるのは 「何と交換するべきか?」という点。 …

グラブル十賢者ってどうやって仲間にするの?加入方法の紹介

5周年のアップデートでついに 仲間にできるようになった十賢者。 どのキャラも魅力的で「仲間にしたい!」 という人も多いのではないでしょうか? そんな十賢者ですがどうすると 仲間にすることができるのでし …

FEH伝承ユリアにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年8月28日の更新で 追加された新たな伝承英雄。 今回はユリアが青属性に変更され 伝承英雄化しましたね。 聖戦キャラが伝承英雄になるのは今回が初。 狙ってガチャを回す人も 多いのではないでしょ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ