グラブル

グラブルサブ召喚石の選び方何を装備しておくべき?

投稿日:

メイン加護以外でも最大4つまで
装備することができるグラブルの召喚石。

4つの召喚石は「サブ召喚石」と呼ばれ
こちらも戦力を高めるうえで重要な要素になります。

そんなサブ召喚石ですがどんなものを
装備しておくとよいのでしょうか?

サブ召喚石の選び方について紹介していきます。

関連コンテンツ

サブ召喚石の選び方、何を装備しておくべき?

~選び方の基準~
・召喚石の能力値が高いもの。
・召喚石を使用した時に効果が強いもの。
・サブ召喚石に装備していると加護を発揮するもの。

この3つを基準に選んでいきましょう。
サブ召喚石は戦う敵に応じて変えていきます。

短期決戦の場合は能力値が高い召喚石。

中~長期戦になる場合は召喚効果が
強いものを装備しておきましょう。
 

装備する召喚石に悩んだ場合は
HP、攻撃を合計して

総合値が高いもの4つを
サブ召喚石として使って行きましょう。
 

サブ召喚石で加護効果を発揮するものは
アーカルム召喚石、天司シリーズが強力です。

対応している属性の召喚石を所持しているなら
サブ召喚石に入れておきましょう。

スポンサードリンク

メイン武器とサブ召喚石が同じ属性だった場合のメリット

メイン武器とサブ召喚石を同じ属性にしていると
初回召喚のターン数を短縮できます。

メイン武器のレアリティに応じて変化して
SSR3ターン、SR2ターン、Rは1ターン短縮します。

召喚石によっては同じ属性のサブ召喚石を
装備することで加護効果がUPするものもあります。

4つ全て同じ属性にしていると
高い加護効果になるものが多いので

このタイプの召喚石をメイン加護にする場合は
できるだけサブ召喚石の属性は揃えておきましょう。

スポンサードリンク

SRでも使えるサブ召喚石

各種属性にあるカーバンクルシリーズは
SRでも使い道がある召喚石になります。

カーバンクルは最大まで上限解放して
自分のサブ石にして使用すると

各属性攻撃力と防御力が50%UPの効果があります。

特殊技が強い敵と戦う場合は
SSR召喚石よりも役立つので

ガチャでSRカーバンクル召喚石を手に入れたら
3凸を3つまでは作っておきましょう。
 

強化するとSSRになりますが

アーカルム召喚石はSR3凸まで強化しているなら
サブ召喚石として悪くない性能になるので

サブ召喚石で他に良いものが無ければ

SR3凸のアーカルム召喚石を
サブとして使って行きましょう。

スポンサードリンク

まとめ

・HP+攻撃の総合値が高いもの。
・召喚石を使用した時の効果が強いもの。
・サブ召喚石にすると加護効果が発生するもの。

この3つを基準に選んでいきましょう。

短期決戦の場合は召喚効果よりも総合値重視で。

中~長期戦になる場合は
召喚効果の強いものを装備しておきましょう。

どちらにするか迷った時は総合値が高いものを
とりあえずサブに4つ装備しておきましょう。

-グラブル
-

執筆者:

関連記事

グラブルアドラメレク90HELL周回編成紹介やっと討伐時間1分切れました

2019年11月の古戦場HELLは ガチャ召喚石でお馴染みの アドラメレクさんが登場しましたね。 防御値が高い敵なので周回編成は 火力を重視したキャラと武器を 揃えていきたいところですが どのキャラを …

グラブル疾風怒濤の傭兵コンビの使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

スツルム&ドランク傭兵お仕事帖で入手できる SSR召喚石「疾風怒濤の傭兵コンビ」 ありそうで無かったスツドラの キャラ召喚石がついに実装されましたね。 イベント限定入手の召喚石ですが とっておくべきな …

グラブル猫島狂詩曲で取っておきたい報酬

2019年になって最初の シナリオイベント「猫島狂詩曲」 センとダーントの猫達が 活躍するシナリオイベントでしたね。 シナリオイベントは貢献度、討伐章を稼ぐことで 報酬をもらうことができますが 逃さず …

グラブルマックコラボの期間はいつまで?アイテムのもらい方は?

様々なものとコラボして すっかり人気ゲームになっているグラブル。 ゲーム作品だけのみならず今度は マックとのコラボも開催されますねー コラボが始まるにあたって 気になるのは期間ですよねー グラブルマッ …

グラブル白詰草想話で取っておきたい報酬は?

2018年11月30日に 開催されたシナリオイベント白詰草想話。 サビルバラが活躍するイベントで シナリオを少しプレイするだけで 光属性のサビルバラが入手可能になっています。 ストーリーを全て見終わっ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ