グラブル

グラブル古戦場の討伐章銀を効率よく集める方法

投稿日:

「そういえば銀だけ全然溜まらないよなあ」

最近では2ヵ月に1回くらいの
ペースで開催されている古戦場。

討伐章金は溜まっていくのに
銀だけさっぱり溜まらない・・・

という人もいるのではないでしょうか?

イベントで取れそうなものは
とりあえず取っておきたい人にために

討伐章銀を効率よく集める方法を
紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル古戦場の討伐章銀を効率よく集める方法

EX+とHELLを中心にプレイしていると
どうしても討伐章銀が溜まらないので

討伐章銀を専用で集めるために
別のマルチバトルもプレイしておきましょう。

EXをクリアすると確定で
討伐章銀が2個ドロップするので

EX周回で集めていくと効率がよく
討伐章銀を集めることができます。

戦貨、トリガー、貢献度もそこそこ手に入るので

討伐章銀報酬を取り切っておきたい場合は
EXも周回しておきましょう。

装備次第では1分かからず討伐もできます。

~EXを倒すのに時間がかかる場合~
ソロで倒すのが大変な場合は
救援を呼んで倒してもらうか

VHの目玉を倒して集めていきましょう。
VHの目玉からも確定で1個ドロップします。

戦力が低い人の戦貨稼ぎにも
VHの目玉は使えるので

戦貨稼ぎのついでに
討伐章銀も集めておきましょう。

スポンサードリンク

討伐章銀を全回収してもらえる報酬

栄光1枚、戦貨250枚
古戦場SR武器×3、60JP
12400ルピ、六属性星晶獣アニマ×5
エンジェル武器×12、ソウルシード×1

260枚頑張って集めて
もらえるものがこれだけということで

労力を考えるとかなり悲惨な
報酬と考えてもよいでしょう。

討伐章金もそれほど美味い
というわけでは無いので

古戦場の討伐章報酬に関しては
完全におまけレベルと考えておきましょう。

スポンサードリンク

ぶっちゃけ討伐章銀って毎回上限まで集めてる?

もらえる報酬で目ぼしいものが無かったので
基本的に毎回無視してた討伐章銀報酬ですが

報酬内容を見るとわざわざ
回収する必要は無いかな?と思えました。

もう少し報酬内容がよくなると
わざわざ集める意味も出てくるのですが・・・

まあEXを10秒で討伐できるなら
アサルトタイム使って

トリガー集めのついでにサクッと
討伐章銀を集めるというのも
いいかもしれませんね・・・

せっかく集める方法探したので
自分は毎回集めることにしましたw

スポンサードリンク

まとめ

古戦場の討伐章銀は
EXで確定2個ドロップするので

EXで集めると効率よく集めることができます。

EXで集めるのが辛い場合は
VHの目玉を倒して集めていきましょう。

確定で1個はドロップしてくれます。

しかし頑張った割にはもらえる報酬がしょぼく
わざわざ集める必要は無いでしょう。

EXでトリガー集めをしたり
VHで戦貨集めする時の

おまけ程度に考えておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:

関連記事

グラブル黒騎士最終上限解放は強い?運用してみた感想

2019年11月14日のアップデートで 実装された黒騎士最終上限解放。 「古戦場前に実装します。」 という告知がされていましたが まさか古戦場開始2時間前に 実装されるとは思いませんでしたw ラジエル …

グラブルコロゥの使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

ゼノコロゥ、コロゥ討滅戦の レアドロ枠で出現するコロゥ召喚石。 ゼノコロゥ武器のレアドロを狙っていると 自然と入手できる召喚石の1つですね。 気が付くと3凸が何個もできるくらい 手に入ることもあるコロ …

グラブル高級鞄は無凸でも使える?複数手に入れたら重ねてもいい?

カーバンクルと召喚効果が似ていることから 高級鞄の名称で呼ばれているエピックシリーズ。 加護効果は微妙ですがサブ召喚石として 使って行けるものになっています。 そんな高級鞄ですが無凸でも 使い道はある …

グラブル恋話のメダリオンを効率よく集める方法

グラブルの復刻イベント「粧して臨めよ花戦」 スーテラ、コルワ、ラムレッダと ローアイン、エルセム、トモイが 合コンするシナリオイベントです。 復刻イベントはトレジャーで 報酬を交換する形式になっていま …

グラブルティターンは無凸でも使える?使うならやっぱり3凸前提?

マッチョの愛称でお馴染みの「ティターン」 神石と呼ばれる召喚石の1つですね。 特に狙っていたわけでは無いけど 無料ガチャ期間などでポロっと 出てくることもある召喚石です。 そんなティターンですが無凸で …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ