グラブル

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

投稿日:

レジェンドガチャで入手できるディスペアー。
闇ジャンヌのキャラ解放武器になっています。

サプチケで交換する人、スタレジェで当てる人。

そして5周年キャンペーンの
スーパームックモードで手に入れた人も
多い武器ではないでしょうか?

そんなディスペアーですが
武器として使える性能なのでしょうか?

ディスペアーって強い武器?
使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

闇攻刃と光攻刃の両方を
所持しているSSR武器。

スキル面を考えると理想装備として
入ることはまず無いですが

剣聖やグローリーで使えるアビリティ
剣神解放を使用した時のスキルが

敵全体に無属性ダメージを
与えるものになっているので

共闘のスライム討伐など
一部クエストでとても使える武器です。
 

無属性ダメージの量は
主人公の現HPの30%を消費して

その100倍のダメージを与えることができます。

ですがダメージ上限が決まっていて

上限UPスキルが一切無ければ
116万ダメージ上限が上限になります。
 

使うクエストは限定されますが
使い道はある武器になっているので

エレメント化することなく
取っておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放した時の強化点

最終上限解放をして武器のレベルを
120にするとスキル奈落の攻刃が
絶望の胎動に変更されます。

絶望の胎動になると闇属性の攻刃に加えて
闇属性キャラのアビリティダメージ上限を
4%UPする効果が追加されます。

最終上限解放後は剣聖解放のダメージが
消費HPの150倍ダメージに強化されるので

周回で使用するつもりであれば
最終上限解放しておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放に必要な素材

剣のエレメント   200個
奈落の宝珠   100個
ダークジーン   80個
黒星の輝き   7個
ディアボロスのマグナアニマ 50個
闇のプシュケー   1個
覇者の証   3個
碧空の結晶   5個

ディスペアー3凸+素材+1万ルピで
最終上限解放することができます。

討滅戦も恒常化されたので
マグナアニマも以前より集めやすくなりました。

剣のエレメントの数は多いですが
比較的最終上限解放はしやすい武器です。

スポンサードリンク

まとめ

理想装備入ることは
まず無い武器になりますが

剣聖、グローリーで使用すると

敵全体に無属性ダメージを
与えることができるので

一部周回クエストをプレイする時に
とても役立つ武器になっています。

最終上限解放すると闇属性キャラの
アビリティダメージ上限UPと

剣聖解放のダメージを増やせるので

周回クエストで使って行く予定があるなら
できるだけ最終上限解放しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルでゼノイフ斧2本目を作るのって大変?労力は?

「ゼノイフ斧の理想本数は?」 「2本くらいじゃないかな?」 いま4凸1本はあるんですが もう1本作るべきでしょうか… どれくらい大変なんでしょうか… ゼノイフ斧4凸を2本 作る場合に気になる ギモンを …

グラブルの天然翡翠を集める効率の良いクエストは?

「天然翡翠持って来いよ♂」 ウリエルさんがワケのわからない 素材を要求してきました。 何その素材?聞いたことない… 天然翡翠ってどこでとれるの? 効率の良いクエストはどれ? トレハンってつけた方が良い …

グラブルでセラフィムクレイドルの使い道は?倉庫圧迫対策!

「くるりん☆」 「ハイハイワロスワロス」 ほーらおいでなすった! 金箱くるりん演出で出てくる にくいあんちくしょうこと セラフィムクレイドルさんです。 コレどういう使い道があるのか? 貯めておきたいけ …

グラブル雷霆公90HELL攻略キャラ編成は誰を入れるべき?

2019年1月の古戦場HELLは 雷霆公になりましたね。 召喚石でお馴染みの雷霆公が ついに敵キャラとして登場。 一番びっくりしたのは CVがあったことでしたw そんな雷霆公ですが討伐編成は どうする …

グラブルシャドバコラボのチャレクエをクリアする方法は?

「倒しても終わらないんですけど」 今回実装されたチャレンジクエストで モルディカイが倒しても倒しても 復活してきて…困っちゃいますね。 一体どうすれば良いのでしょうか? 倒し方を解説していきます。 関 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ