グラブル

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

投稿日:

レジェンドガチャで入手できるディスペアー。
闇ジャンヌのキャラ解放武器になっています。

サプチケで交換する人、スタレジェで当てる人。

そして5周年キャンペーンの
スーパームックモードで手に入れた人も
多い武器ではないでしょうか?

そんなディスペアーですが
武器として使える性能なのでしょうか?

ディスペアーって強い武器?
使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

闇攻刃と光攻刃の両方を
所持しているSSR武器。

スキル面を考えると理想装備として
入ることはまず無いですが

剣聖やグローリーで使えるアビリティ
剣神解放を使用した時のスキルが

敵全体に無属性ダメージを
与えるものになっているので

共闘のスライム討伐など
一部クエストでとても使える武器です。
 

無属性ダメージの量は
主人公の現HPの30%を消費して

その100倍のダメージを与えることができます。

ですがダメージ上限が決まっていて

上限UPスキルが一切無ければ
116万ダメージ上限が上限になります。
 

使うクエストは限定されますが
使い道はある武器になっているので

エレメント化することなく
取っておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放した時の強化点

最終上限解放をして武器のレベルを
120にするとスキル奈落の攻刃が
絶望の胎動に変更されます。

絶望の胎動になると闇属性の攻刃に加えて
闇属性キャラのアビリティダメージ上限を
4%UPする効果が追加されます。

最終上限解放後は剣聖解放のダメージが
消費HPの150倍ダメージに強化されるので

周回で使用するつもりであれば
最終上限解放しておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放に必要な素材

剣のエレメント   200個
奈落の宝珠   100個
ダークジーン   80個
黒星の輝き   7個
ディアボロスのマグナアニマ 50個
闇のプシュケー   1個
覇者の証   3個
碧空の結晶   5個

ディスペアー3凸+素材+1万ルピで
最終上限解放することができます。

討滅戦も恒常化されたので
マグナアニマも以前より集めやすくなりました。

剣のエレメントの数は多いですが
比較的最終上限解放はしやすい武器です。

スポンサードリンク

まとめ

理想装備入ることは
まず無い武器になりますが

剣聖、グローリーで使用すると

敵全体に無属性ダメージを
与えることができるので

一部周回クエストをプレイする時に
とても役立つ武器になっています。

最終上限解放すると闇属性キャラの
アビリティダメージ上限UPと

剣聖解放のダメージを増やせるので

周回クエストで使って行く予定があるなら
できるだけ最終上限解放しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルチャレンジクエスト家を護る3匹の番猫攻略

シナリオクエストをクリアすると発生する チャレンジクエスト「家を護る3匹の番猫」 猫だけを使って敵を倒す 特殊なクエストになっています。 初回クリアで碧空の結晶がもらえるので できるだけクリアしておき …

グラブル光サルナーンの評価は?育てておいた方がよい?

「光サルナーンって強いの?」 恒常キャラなのでガチャチケや 無料ガチャ期間でポロっと 出る事もある光サルナーン。 闇サルナーンの闇猿砲に 注目が集まりがちですが 光サルナーンはどんな性能の キャラでし …

グラブルSR武器確定ガチャチケットは取っておくべき?

四象降臨の報酬として取得できる SR武器確定ガチャチケット。 1回の四象で最大10枚まで交換ができる 特殊なガチャチケットになっています。 1枚5000ポイントとなかなか 割高なガチャチケですが 取っ …

グラブル永遠拒絶の杖の第二スキルは何がいい?ペンデュラム交換のおすすめ

ダークラプチャーで入手できるトレジャーを 交換することで手に入る武器「永遠拒絶の杖」 攻撃とHPが両方増える 方陣神威持ちの武器なので 交換した人も多いと思います。 レベルを120まで上げると ペンデ …

グラブル「深い闇」攻略法!何を取っておくと良いの?

2017年4月1日… グラブルは 突如!深い闇に包まれた! はい、エイプリルフールでーすw 今回はマンガ「ぐらぶるっ!」の世界と つながっちゃったみたいで ビィくんがこっち来ちゃいました。 どんな感じ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ