グラブル

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

投稿日:

レジェンドガチャで入手できるディスペアー。
闇ジャンヌのキャラ解放武器になっています。

サプチケで交換する人、スタレジェで当てる人。

そして5周年キャンペーンの
スーパームックモードで手に入れた人も
多い武器ではないでしょうか?

そんなディスペアーですが
武器として使える性能なのでしょうか?

ディスペアーって強い武器?
使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルディスペアーって強い?使い道はある?

闇攻刃と光攻刃の両方を
所持しているSSR武器。

スキル面を考えると理想装備として
入ることはまず無いですが

剣聖やグローリーで使えるアビリティ
剣神解放を使用した時のスキルが

敵全体に無属性ダメージを
与えるものになっているので

共闘のスライム討伐など
一部クエストでとても使える武器です。
 

無属性ダメージの量は
主人公の現HPの30%を消費して

その100倍のダメージを与えることができます。

ですがダメージ上限が決まっていて

上限UPスキルが一切無ければ
116万ダメージ上限が上限になります。
 

使うクエストは限定されますが
使い道はある武器になっているので

エレメント化することなく
取っておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放した時の強化点

最終上限解放をして武器のレベルを
120にするとスキル奈落の攻刃が
絶望の胎動に変更されます。

絶望の胎動になると闇属性の攻刃に加えて
闇属性キャラのアビリティダメージ上限を
4%UPする効果が追加されます。

最終上限解放後は剣聖解放のダメージが
消費HPの150倍ダメージに強化されるので

周回で使用するつもりであれば
最終上限解放しておいた方がよいでしょう。

スポンサードリンク

最終上限解放に必要な素材

剣のエレメント   200個
奈落の宝珠   100個
ダークジーン   80個
黒星の輝き   7個
ディアボロスのマグナアニマ 50個
闇のプシュケー   1個
覇者の証   3個
碧空の結晶   5個

ディスペアー3凸+素材+1万ルピで
最終上限解放することができます。

討滅戦も恒常化されたので
マグナアニマも以前より集めやすくなりました。

剣のエレメントの数は多いですが
比較的最終上限解放はしやすい武器です。

スポンサードリンク

まとめ

理想装備入ることは
まず無い武器になりますが

剣聖、グローリーで使用すると

敵全体に無属性ダメージを
与えることができるので

一部周回クエストをプレイする時に
とても役立つ武器になっています。

最終上限解放すると闇属性キャラの
アビリティダメージ上限UPと

剣聖解放のダメージを増やせるので

周回クエストで使って行く予定があるなら
できるだけ最終上限解放しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル聖域の守護剣は取っておくべき?

カーオンからドロップする SSR武器「聖域の守護剣」 チェインバーストのダメージと 上限を上げることができるスキルを 所持した武器になっています。 上限を上げる武器は何かと 使われることが多いですが …

グラブルサウザンドバウンドの貢献度初心者が効率よく稼ぐ方法は?

2018年4月30日から始まった シナリオイベント、サウザンドバウンド。 グラブル初の格闘大会ということで 格闘が得意なプレイアブルキャラが 多数登場したイベントでしたねー シナリオを見終わってから …

グラブルドラゴンバスターの使い道はある?餌にしてもいい武器?

シナリオイベントSIEGFRIEDで 入手できるSSR武器「ドラゴンバスター」 レベル100にすることで追加スキルが 付与されるタイプの武器ですね。 イベント期間で無ければ 入手できない武器ですが 取 …

グラブルロボミSSRは強い?サプチケで交換してもよいキャラ?

ロボミZでついにSSR化したロボミ。 シロウの属性は変更されましたが 合わせてSSR化がされたので 喜んでいる人も多いのではないでしょうか? SRと比較すると 大きく性能が変わったロボミ。 SSRバー …

グラブルエルセムとトモイの見分け方似てるけど双子なの?

ローアインが登場するとほぼ100% 登場する「エルセム&トモイ」 グラブルサブキャラクターの中でも トップクラスに目立つキャラですね。 見てるとかなり似ているこの2人。 どっちかわからなくなる時があり …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ