春の食べ物

アスパラの保存方法は?茹で方、ベーコン巻きの栄養効果は?

投稿日:

アスパラ 保存方法

「アスパラを使って料理しようかなー」

でも余らせちゃったらどうしよう…
保存するにはどうしたらいいのかな?

茹で方と定番料理であるベーコン巻きの
栄養効果といっしょに紹介していきます。

おいしく食べるためにも
しっかりギモンを解決していきましょう^^

 

アスパラを保存するには?

「余らせちゃったアスパラはどうしたらいい?」

まず、基本的にアスパラは保存に向きません。
すぐにしなびてしまうので使いきれる量を
購入、調達することが前提と考えてください。

それでもどうしても保存するなら
野菜室より冷蔵庫の方が良いようです。

他の野菜と同じくのびる方向に立てて保存。
しまう前に湿ったキッチンペーパーを
巻いておくと多少効果があります。

野菜保存専用の特殊なパックであっても
1週間を目安に使い切るようにしましょう。

アスパラをおいしく茹でるには?

「茹で方とか、テキトーでもいい?」

おいしく作るにはキチンとコツがあります。

アスパラガス1束に対して
水1L、塩小さじ2ほどを用意します。

根元の皮が硬くて筋っぽくなっているので
硬い部分を折って、さらにピーラーで
皮を数センチむくことでイヤなカタさを取り除きます。

根元側の先を右手で持って、左手でアスパラの
中央あたりを持ちます。
右手をぐっと折り曲げるとポキっと折れます。

根元側の皮をむくときは
まな板の上で、4センチ~5センチほど
うす~くむいていけばOKです。

下ごしらえはこれでバッチリ。

茹で方ですがアスパラがすっぽり入る
フライパンを用意して、水を入れて沸かします。
その後で小さじ2(10g)ほどの塩を加えます。

お湯が用意できたらアスパラを入れます。
ゆで時間は普通の太さで1分30秒~45秒。
太めのもので2分程度が目安です。

ゆでたら冷水につけて冷やしましょう。
色止めしてあげることで鮮やかに仕上がります。

食べる時はしっかりと水気を取ってから食べます。
マヨネーズの他に醤油、オリーブオイル、カラシで
おいしく食べることができます。

ベーコンをよく巻くけどアレってどうなの?

「ベーコン巻きって栄養効果的にはどうなの?」

組み合わせで相乗効果が~!みたいなことはなくて
どちらかというと食べやすさを重視したものです。

アスパラの味がそんなに濃いものではないので
ベーコンといっしょに食べることで食感を楽しみつつ
アスパラギン酸で疲労回復効果を期待しましょう!

古代ギリシャでは肉体労働に対して
効果があると既に知られていたらしく
アスパラを食べていたそうです、オドロキ!

また、アスパラギン酸にはグリコーゲンを
作る働きもあるので体内にエネルギーを
貯蓄することもできますからスゴイですよね。

他にも体内の毒素を排出してくれる作用や
美肌効果まであるというスーパー野菜なので
積極的に摂取したいところですね^^

まとめ

・元々保存に向く野菜ではないので早めに使い切ること
・硬い部分はとってから1分30秒~2分目安でゆでる
・ベーコン巻きはどちらかというと食べやすくするためのもの

ちなみにゆで方を紹介しておいてなんですが
アスパラガスの栄養素は水に溶けやすいので
できれば焼くか炒めた方が栄養価は高くなります(・∀・;

-春の食べ物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふきのとうの選び方と天ぷら以外の食べ方、保存方法は?

「春になったらおいしいものといえば?」 さわやかな苦みが魅力のふきのとう! あったかくなってきた喜びを味わえますね♪ よく知られた食材ですが選び方や 食べ方、そして保存方法など 気になるギモンも多いも …

おはぎの作り方であんこが失敗しがち、砂糖は?冷凍保存は可能?

「おはぎを作っているとあんこ作りが不安…」 おいしいおはぎかどうかが決まる 大事な部分だけに作り方次第では 味や食感が気になってしまいますよね。 いったいどうやって作れば失敗しないのか? 砂糖の種類に …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ