FEH

FEHハールにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2019年4月11日に
大英雄枠として実装されたハール。

蒼炎+暁に登場したキャラで

第三回の英雄総選挙でも
上位にランクインした
人気キャラになっています。

ハールを星5に覚醒させて
運用していこうと思った時に
気になってくるのがスキル継承。

どのスキルを継承するとよいのでしょうか?

ハールに継承しておきたい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

FEHハールにスキル継承するなら何がおすすめ?

ハールはスキルAと奥義を
継承無しで覚えることができません。

どちらもダメージUPに繋がる
重要なスキルなので最優先で継承しましょう。

スキルAは鬼神の一撃3の継承がおすすめです。
星4クレインから継承できます。
 

奥義は守備補正で威力が増える
緋炎の継承がおすすめです。

星4大人チキ、星4男ルフレから継承できます。
 

~その他継承したいスキル~
ハールの場合は入れ替えよりも
引き戻しの方が使いやすい場面が多いので

継承キャラに余裕があれば
引き戻しも継承しておきましょう。

ルーナ、バーツから継承できます。
 

スキルBは初期からキャンセルがありますが
一撃離脱も使いやすいスキルなので

こちらも継承キャラに余裕があれば
覚えておきましょう。

クレアから継承することができます。

スポンサードリンク

ハールスキル構成一例

武器:勇者の斧+
補助:引き戻し
奥義:緋炎
 A:鬼神の一撃3
 B:キャンセル3
 C:守備の波・奇数3
聖印:攻撃3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し  :ルーナ、バーツ
緋炎    :星4大人チキ、星4男ルフレ
鬼神の一撃3:星4クレイン
 

勇者の斧+の性能を活かすために
スキルAと聖印に攻撃が上がるものを
装備しておきましょう。

聖印を守備の波・偶数3にすることで

奇数ターン、偶数ターンどちらでも
守備を+6にすることもできます。

スポンサードリンク

ハールの個体値

LV1
HP17 攻撃17 速さ1
守備10 魔防 5

LV40
HP45 攻撃45 速さ20
守備36 魔防18

※星5で武器、スキルを含めた個体値
 

大英雄枠なので基準値しか無く
能力値のバラツキがありません。

攻撃、守備が高めで速さと魔防が低い
タイプの飛行キャラになります。

ハールは星4でも守備の波・奇数3を
継承することができる貴重なキャラなので

スキル継承素材として
使ってしまうのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

ハールはスキルAと奥義を
継承無しで覚えることができないので

まずはこの2つを優先で
スキル継承していきましょう。

スキルAは鬼神の一撃3。
奥義は緋炎の継承がおすすめです。

初期で入れ替えを覚えていますが
引き戻しの方が使える場面が多いので

継承キャラに余裕があれば
引き戻しも覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

FEH忍者ナバールにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年11月6日の更新で実装された新たな英雄。 今回はナバールの忍者バージョンが超英雄として実装されました。 初期に大英雄枠で登場したナバールさん。待望の超英雄化ということで ガチャを回した人もい …

FEHチキ&ノノインファナル攻略法クリア編成と手順紹介

2018年4月10日 実装された新たな絆英雄戦チキ&ノノ。 距離に関係無く反撃できる ブレスを持ったマム2人が登場する 難易度が高い絆英雄になっています。 マムだけで無く先導持ちの 斧ドラゴンも厄介で …

FEHハロウィンイレースにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年10月9日の更新で 実装された新たな英雄。 今回は蒼炎に登場したイレースが ハロウィンバージョンでFEH初実装です。 今までいなかったキャラが 実装されるのはやっぱり嬉しいですね。 狙ってガ …

FEH正月レギンにスキル継承するなら何がおすすめ?

2022年1月1日の更新で実装された新たな英雄。 今回はヒーローズオリジナルからレギンが正月超英雄として実装されました。 兵種は騎馬のままですが武器種は青魔に変更。 ターン制限はありますが専用武器に再 …

FEHフローラの個体値ハズレ個体だった場合の使い道は?

2018年9月14日の ガチャ更新で追加された新たな英雄。 今回はフェリシアの姉 フローラが追加されました。 FEH初となる赤暗器キャラで 専用装備持ちになっているので 使ってみようと考えている人も …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ