グラブル

グラブルブラックメダリオンを効率よく集める方法

投稿日:

四象降臨と入れ替わりで始まった
グラブルとコードギアスのコラボイベント。

ルルーシュ、カレン、スザクの3人が
SSRキャラとして仲間にできるので
逃さずやっておきたいイベントですね。

コラボイベントは専用トレジャーを集めて
報酬交換する形式になっています。

3種類ある専用トレジャーの中でも
たくさん集める必要があるブラックメダリオンを
効率よく集める方法を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルブラックメダリオンを効率よく集める方法

ブラックメダリオンはマルチバトルで
ほとんどドロップしないトレジャーなので

ソロ専用クエストで集めていきましょう。
 

EXのジークフリートを周回するのが
効率がよい集め方になります。

今までのコラボイベントと同じであれば

追加シナリオをクリアすることで
難易度EX+が追加されます。

コードギアスコラボの場合は
6月19日の17時から
シナリオが追加されます。

EXよりも若干難易度は上がりますが
メダリオンの入手量は増えるので

クリアできる戦力があればメダリオン集めは
EX+に切り替えていきましょう。
 

~EXを周回できない場合~
最近始めたばかりでソロEXを
周回できない場合は難易度を落として
メダリオンを集めていきましょう。

ノーマル~VHを各10戦ずつやってみましたが
ノーマルは完全に「今日始めた人」向け。

ハードはVHと比較して
それほど入手枚数に変化が無かったので

メダリオンだけを集めるのであれば
ハード周回も悪く無いです。

スポンサードリンク

ブラックメダリオンは何枚集めておくとよい?

あまりグラブルをプレイしない人でも
スザク、10連ガチャチケ、単発ガチャチケ。

この3つの報酬は確保しておきたいところなので

これらを全て交換することができるよう
最低600枚は集めておきましょう。

ヴァリスとCCの最終上限解放にも
メダリオンが必要になるので

最終上限解放する予定の人は
その分のメダリオンも確保しておきましょう。

ヴァリスには220枚、CCには70枚必要です。

スポンサードリンク

難易度HELLはやるべき?

EXを簡単にクリアできた場合は
HELLにも挑戦してみましょう。

100HELLはクリアできれば
メダリオンが普段は10個。

多い時で16個手に入ります。

APを少しでも抑えてメダリオンを
集めたい場合は出現次第やっておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ブラックメダリオンはマルチバトルでは
集めにくいトレジャーなので

ソロ専用クエストで集めていきましょう。

EXジークフリート周回すると
効率よく集めることができます。

いつも通りのコラボイベントであれば
追加シナリオをクリアした後で

EX+が実装されるのでそちらが追加されたら
EXから切り替えていきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル俺達のレンジャーサイン!取っておきたい装備と召喚石は?

6月30日、17時から始まった グラブルのシナリオイベント。 俺達のレンジャーサイン!で 取っておきたい装備と召喚石を 紹介していきます。 装備と召喚石は取っておいた方が いいだろうか・・・? 悩んで …

グラブルヴァリスは何本必要?理想本数は?

コードギアスコラボで入手できる SSR武器「ヴァリス」 EX攻刃持ちの風属性の銃で 最終上限解放も実装されています。 コラボイベントの武器は入手機会を逃すと 次はいつ入手できるかわからないので 逃さず …

グラブル魔導士の信念を効率よく集める方法

英雄武器の強化で必要になる トレジャー「魔導士の信念」 主に共闘クエストから入手可能な トレジャーになっています。 デイリークエストで指定される 共闘クエストから入手できますが ドロップ率が低く、集め …

グラブルバアルって強い?サプチケで取れるキャラ?

シナリオイベントでチラ見せ していたバアル君がついに実装されました。 やはり古戦場に合わせての 実装になりましたねえ。 実装を少し引っ張られたバアル君ですが 強いキャラなのでしょうか? プレイアブルの …

グラブルエーケイフォーエイはマグナ編成でも使える武器?

リミテッド武器の1つ「エーケイフォーエイ」 最終上限解放することで 攻刃IIが攻刃IIIになり LVを120まで上げることで 攻刃小+TA確率UP小の複合スキル 土の乱舞のスキルが付与されます。 ティ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ