グラブル

グラブルブラックメダリオンを効率よく集める方法

投稿日:

四象降臨と入れ替わりで始まった
グラブルとコードギアスのコラボイベント。

ルルーシュ、カレン、スザクの3人が
SSRキャラとして仲間にできるので
逃さずやっておきたいイベントですね。

コラボイベントは専用トレジャーを集めて
報酬交換する形式になっています。

3種類ある専用トレジャーの中でも
たくさん集める必要があるブラックメダリオンを
効率よく集める方法を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルブラックメダリオンを効率よく集める方法

ブラックメダリオンはマルチバトルで
ほとんどドロップしないトレジャーなので

ソロ専用クエストで集めていきましょう。
 

EXのジークフリートを周回するのが
効率がよい集め方になります。

今までのコラボイベントと同じであれば

追加シナリオをクリアすることで
難易度EX+が追加されます。

コードギアスコラボの場合は
6月19日の17時から
シナリオが追加されます。

EXよりも若干難易度は上がりますが
メダリオンの入手量は増えるので

クリアできる戦力があればメダリオン集めは
EX+に切り替えていきましょう。
 

~EXを周回できない場合~
最近始めたばかりでソロEXを
周回できない場合は難易度を落として
メダリオンを集めていきましょう。

ノーマル~VHを各10戦ずつやってみましたが
ノーマルは完全に「今日始めた人」向け。

ハードはVHと比較して
それほど入手枚数に変化が無かったので

メダリオンだけを集めるのであれば
ハード周回も悪く無いです。

スポンサードリンク

ブラックメダリオンは何枚集めておくとよい?

あまりグラブルをプレイしない人でも
スザク、10連ガチャチケ、単発ガチャチケ。

この3つの報酬は確保しておきたいところなので

これらを全て交換することができるよう
最低600枚は集めておきましょう。

ヴァリスとCCの最終上限解放にも
メダリオンが必要になるので

最終上限解放する予定の人は
その分のメダリオンも確保しておきましょう。

ヴァリスには220枚、CCには70枚必要です。

スポンサードリンク

難易度HELLはやるべき?

EXを簡単にクリアできた場合は
HELLにも挑戦してみましょう。

100HELLはクリアできれば
メダリオンが普段は10個。

多い時で16個手に入ります。

APを少しでも抑えてメダリオンを
集めたい場合は出現次第やっておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ブラックメダリオンはマルチバトルでは
集めにくいトレジャーなので

ソロ専用クエストで集めていきましょう。

EXジークフリート周回すると
効率よく集めることができます。

いつも通りのコラボイベントであれば
追加シナリオをクリアした後で

EX+が実装されるのでそちらが追加されたら
EXから切り替えていきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルマグナ+が出ないどうするとできるようになる?

「マグナ+が出ないんです。」 マグナ戦を3回まとめてできるマグナ+。 マグナ武器や素材を効率よく集める場合に とても便利なクエストになっています。 すでに実装されているクエストですが 自分のグラブルで …

グラブル要塞の壁片の入手場所と効率よく集める方法

「要塞の壁片ってどこで取れるの?」 ソードオブミカエルをSSR化するのに 使用するトレジャー要塞の壁片。 全部で30個必要になります。 あまり使用することが少ない 見慣れないトレジャーですが どこで入 …

グラブル古戦場肉集め闇はこの編成でやります

「古戦場は肉集めから勝負です。」 そんなことを誰かが言っていました。 効率よく集めるには1ターンキルが 必須の所業と言ってもよいでしょう。 「1ターンキルできる編成って どんなキャラと装備が必要なの? …

グラブル無垢なる竜の武器はどれを交換するべき?おすすめは?

2019年3月7日で追加される予定の 神の試練で入手可能な「無垢なる竜の武器」 ご存知オメガ武器の強化前武器ということで オメガの器が無くてもオメガ武器の素体が 手に入るクエストになっています。 オメ …

グラブルのユグ杖は理想編成に入る?何本作ると良いの?

くるりん!しかし中身は杖! 「剣が欲しかったんだけど…」 「杖でも編成に入れて良い?」 ユグドラシルマグナと 戦っていると出てくる杖は 編成に組み込むべきかどうか? もし組み込むとしたら 何本くらいあ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ