グラブル

グラブルSR召喚石の使い道はある?全部餌にしてもいい?

投稿日:

「ガチャのSR召喚石って使い道ある?」

グラブルのガチャを引いていると
どんどん溜まっていくSR召喚石。

無料ガチャ期間でガチャを引いていると
いつの間にか溜まっていることも多いと思います。

そんなSR召喚石ですがこれって
使い道があるものなのでしょうか?

SSR召喚石があれば不要?
全部餌にしてしまってもいい?

SR召喚石の使い道を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルSR召喚石の使い道はある?

グラブルのSR召喚石は
各属性のカーバンクル以外
ほぼ使い道がありません。

カーバンクルは召喚効果で属性ダメージカットと
属性攻撃UPが付与されるので
サブ召喚石として使えます。

ガチャでSRカーバンクルが当たった場合は
保護をして残しておきましょう。
 

~カーバンクルは何個欲しい?~
最大まで上限解放されたものが
各属性で3個もあれば十分です。

サブ召喚石は4個までセットできますが
カーバンクルをサブで4個使うことはまず無いので

4個目以降は処分しておきましょう。

スポンサードリンク

使用しないSR召喚石の処分方法

レベル上げの餌に使用したり
売却するのが手っ取り早い処分方法ですが

レベル上げの餌にするSR召喚石は
アークエンジェルがあるので

ガチャで手に入れたSR召喚石は
できるだけエレメント化していきましょう。

エレメント化することで召喚石の属性に対応した
属性エレメントが15個手に入ります。

属性エレメントは武器、召喚石を
最終上限解放をする時に使用するトレジャーで

要求数も多いので次々と武器、召喚石を
最終上限解放していくと一気に不足します。

ガチャで当たったSR召喚石に関しては
できるだけエレメント化して

属性エレメントを確保しておきましょう。

スポンサードリンク

ルピが足りない場合の稼ぎ方

ガチャのSR召喚石を1個エレメント化すると
1回で5000ルピも消費します。

ルピが足りなくなってきたら
共闘クエストでルピを稼ぎましょう。

ルピ稼ぎの方法で最も効率がよく
ランク上げ、キャラレベル上げにも使えるので

繰り返しプレイしても損が無いクエストです。

以前はプレイするのに2人以上
必要なクエストでしたが

現在はソロでも出来るようになったので
手軽にルピを稼ぐことができます。

スポンサードリンク

まとめ

グラブルのガチャから出現する
SR召喚石はカーバンクル以外ほぼ使いません。

それ以外の召喚石に関しては
エレメント化で処理していきましょう。

エレメント化するルピが足りない場合は
共闘クエストでルピを稼ぎましょう。

レベル上げの餌にしたり売却したり
することもできますが

属性エレメントは使用数が多いトレジャーなので

できるだけエレメント化をして
属性エレメントを確保しておきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルンナギ交換の報酬はどれを取るべき?おすすめは?

※2019年8月5日追記 復刻版でンナギの交換報酬が変化しました。 復刻版、ンナギ交換のおすすめ報酬は 別記事として書いているので こちらを参考にしてみてください。 ⇒復刻版、ンナギで交換したいおすす …

グラブル水着ディアンサは強い?性能は?天井で交換するのはアリ?

「水着ディアンサって強いの?」 2017年の限定キャラとして 登場した水着ディアンサ。 CDの特典の頃はSRでしたが 水着バージョンはSSRに昇格して ガチャキャラになりました。 CDの特典キャラでは …

グラブル島ハード+が出ない条件はある?

「島ハード+って実装されてるよね?」 1回で3回分の島ハードを プレイすることができる島ハード+。 武勲稼ぎやマグナアニマ集めを するうえでとても便利です。 しかし初期から実装されているわけでは 無い …

グラブル異界の偶像マニアック&120HELLオート周回編成紹介

ラブライブコラボの後半戦から 登場した敵「異界の偶像」 ラブライブ要素一切無い敵だったので 出てきた時のリアクションに困る コラボボスでしたねw 効率よくトレジャーを稼ぐ場合 討伐が必須になる異界の偶 …

グラブルテュロスビネットは何本必要?理想本数は?

エウロペから入手できる SSR武器「テュロスビネット」 正式名称で呼ばれることは少なく プレイヤーからはエウロペ琴、ロペ琴 と、呼ばれることが多い武器です。 最終上限解放してLV120にすることで 奥 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ