グラブル

グラブルイクサバピックアップで300連引くと何本手に入る?

投稿日:2019年8月21日 更新日:

グランデフェス限定で入手できる
SSR武器「イクサバ」

みんな大好きスツルム殿の解放武器ですが
4凸にした時の性能が高性能で

火属性を強くするならコレが必須
という時代になっています。

前の話になりますがイクサバピックアップが
あったので300連ガチャを引いてみました。

「イクサバピップアップで300連
引くと何本手に入るもの?」ということで

実際に引いてみた結果を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブルイクサバピックアップで300連引くと何本手に入る?

イクサバピックアップということで
期待しながらガチャを引きましたが
 

300連で引けたイクサバは・・・
 

0でした。
 

ツイッターを見ていたら
2本連続で引いている人がいたので

自分も引けるかなーと期待していましたが
そんなに甘くは無かったです。

結局ピックアップされても確率が
そこまで上がってるわけではないので

冷静に考えてみると300連で引けない・・・
ということもあって当然ですね。

周りの結果報告を見てみると
1200連で1本という人もいたので

ガチャの怖さがよくわかりました。

しかしイクサバ狙いでガチャを引いて
1本も引けないのはちょっと悔しかったので
天井交換でイクサバ持ってきました。

確定でもらえるってやっぱりいいなあー!

スポンサードリンク

イクサバ以外に引けたSSR、300連で何個手に入る?

イクサバ以外の目当てで引いた
水着ブローディアは無事に引けました。

これで出なかったら天井交換コースでしたが
200連あたりか2連続で出てくれました。

あと画像には無いですが
リッチとサタンも引けています。

当たっても嬉しくないですけどねw

なので今回の300連でSSRは
22個引くことができました。

数が多いのでどうしても武器が多めで
召喚石は少なめになります。

今回の300連でも召喚石は
5個しか引けなかったので

召喚石確定スタレジェを引く価値は
やっぱりあるのかなと思いました。

スポンサードリンク

久しぶりに300連引いてみた感想

今回の300連は単発ガチャチケで
200連くらい引いてみましたが

10連ガチャでは無いとSRの引きが
どうしても悪くなるなあと思いました。

どれくらい悪くなるかというと・・・

ピックアップされたSRキャラが
引けないという状況になるくらいです。

レオ姉・・・欲しかったなあ・・・

なのでSRキャラ目当てで引く場合は
1個SRが確定する10連ガチャで
引くのがやっぱりいいなと思いました。

スポンサードリンク

まとめ

イクサバピックアップで300連引いても
1本も手に入らないというのは
よくあることのようです。

中途半端にガチャを引くと
何も引けなかった時のショックが大きいので

お目当てがあってガチャを引く時はできるだけ
300連1セットで引くことをおすすめします。

-グラブル
-,

執筆者:

関連記事

グラブル水着レフィーエは強い?手に入れた方がいいキャラ?

グラブルで初めて実装された 水着SSRキャラといえば 水着レフィーエですね。 EXPOSEも実装されて 注目されている水着キャラの 1人になっていると思います。 グラブルでも初期の方に 実装された水着 …

グラブルのアサルトタイムを効率よく使うにはどうする?

「アサルトタイムだ!ヒャッハー!」 グラブルを効率よく遊ぶために 欠かせないものになっていますが 具体的にどんな効果があるのか? また、有効に活用するために どんなクエストを回せば良いのか? そして特 …

グラブル2018年7月イベントスケジュール公開

2018年7月に開催されるグラブルの イベントスケジュールが公開されましたね。 今回はコラボイベや新しいイベは無く いつものグラブルという感じですが どんなイベントが開催されるのでしょうか? 日課の見 …

グラブル古戦場の戦貨ガチャを40箱も開けるのはなぜ?

「今回の古戦場で40箱開けないとなー」 古戦場が始まる前にこんなことを 言ってる人をたまに見かけます。 数箱開けるだけでも 苦労する戦貨ガチャですが なぜ40箱という数を 開ける必要があるのでしょうか …

グラブルサポート召喚石のフリー枠は何を置くのがおすすめ?

「フリー枠って何置いてる?」 グラブルのサポート召喚石フリー枠。 他の属性と違いフリー枠は 2つまで召喚石をセットすることができます。 属性枠の場合は対応したものを セットしておけばよいですが フリー …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ