グラブル

グラブルゴアグラインダーの使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

投稿日:

アオイドスのシナリオイベントで
入手できるSSR召喚石「ゴアグラインダー」

ついに一般人?が召喚石枠で
登場するようになりましたね。

イベント限定入手の召喚石ですが
これって使い道があるのでしょうか?

ゴアグライダーの性能面と
使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

ゴアグラインダーの性能

MAXHP :571
MAXATK:1467

~加護効果~
3凸で属性攻撃60%UPになりますが

防御ダウンが消えないので
加護として使用するのはイマイチです。
 

~召喚効果~
弱体耐性ダウンは敵ではなく
味方全体に付与されます。

デメリットですが敵の弱体は
耐性が無いとほぼ必中なので

あってないようなデメリット。
気にせず使っておきましょう。

効果は1ターンで消えます。
 

味方全体テンションUP付与。
↓30回召喚した結果↓

LV1UP8回 LV2UP16回
LV3UP5回 LV4UP1回

意外にLV2UPが多め。

テンションUPは別乗算枠なので
目に見えてダメージが増えます。

奥義ダメージが上限まで
いかない場合は奥義に合わせて使用。

上限までいく場合は通常攻撃に
合わせて使うと有効です。
 

恐怖効果は個別デバフで1ターン。

トライアルバトルの土属性カカシに
30回中30回命中したので

命中率は問題ない無さそうです。

スポンサードリンク

ゴアグラインダーの使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

テンションUP効果でダメージを
目に見えて増やせる召喚石なので

サブ召喚石でよいものが無ければ
3凸1個は作っておきましょう。

4凸召喚石、アーカルム召喚石
などが揃ってくると

サブに装備する機会も無くなります。

強い召喚石が揃っているなら
エレメント化しておきましょう。

スポンサードリンク

ゴアグラインダーの入手方法

・貢献度報酬で入手。
100万で1個だけ入手できます。

いつの間にかリストにあるので
エレメント化、強化素材などに
使わないよう注意です。
 

・戦貨ガチャで入手。
1ボックスで1個入手できます。

3ボックス目までは引き次第
ボックスをリセットできますが

指輪、宝晶石などの報酬もあるので

ボックスは空にしてから
リセットをおすすめします。
 

・レアドロップで入手。
金箱くるりんやイベントマルチバトルの
赤箱報酬等で入手できます。

貢献度600万稼ぐまでに
1個も出ないこともあるので

3凸を目指す場合はボックス3つは
空にできる戦貨を集めておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

サブ召喚石でよいものが無ければ
3凸1個作っておきましょう。

奥義に合わせて召喚すると
ダメージUPに貢献できます。

4凸召喚石、アーカルム召喚石が
揃っている場合は装備する機会が
まず無い召喚石になるので

エレメント化しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:

関連記事

グラブルカグヤに金剛晶はアリ?それともやめておくべき?

ガチャを回すとごくまれに入手できる召喚石「カグヤ」 サプチケで入手できない召喚石でいつの間にかデュナミスシリーズという 謎のカテゴリー分けがされていた召喚石。 4凸も実装された召喚石ですが金剛晶を使う …

グラブル古戦場予選落ちした場合でもやることはある?

「本戦行けなかったなあ・・・」 本戦出場狙って貢献度を稼いでいましたが まさかの予選落ち・・・ 少人数騎空団ではよくある話ですが 古戦場の本戦に行けなかった場合 残りのイベント期間は 何をするとよいで …

グラブル星土の結晶交換で優先して取っておきたい報酬はどれ?

今回のシナリオイベント 星の獣のレゾナンスは戦貨ガチャ 貢献度、討伐章報酬以外にも 星土の結晶と呼ばれるものを集めて 特定の報酬と交換することができます。 貢献度や討伐章と違い、交換する報酬を 自分で …

グラブルで風属性を鍛えるにはどうしたらいい?課金は必要?

「次の古戦場に向けて風属性を鍛えねば!」 まあ、古戦場に限らずですが 風属性が有利なイベントに対して 鍛えていくのは必要になってきますね。 しかし一概に「風を鍛える」って 言ってもそこはプレイヤーそれ …

グラブルアルカブプリオルって何本必要?理想本数は?

ゼノサジタリウス戦も 復刻が2回以上開催されたので 新しいゼノ武器アルカブプリオル が実装されました。 アルカブを真化させることで名称が変わり 最大LV150、スキルLV15まで 上げることが可能にな …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ