グラブル

グラブル雷霆公の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

投稿日:2019年10月12日 更新日:

ガチャで入手できるSSR召喚石「雷霆公」

アニメの二期に登場したので
配布もされた召喚石の1つです。

手に入ったのはよいのですが
使い道はあるのでしょうか?

エレメント化してもいい召喚石?
雷霆公の使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

雷霆公の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

以前はガチャのハズレ召喚石として
名前が出てくる雷霆公さんでしたが

最終上限解放が実装されたことで
出番が全くない召喚石では無くなりました。

戦う敵によっては光属性のメイン加護に
使用することもあるので

雷霆公をエレメント化せずに
とっておくことをおすすめします。

光エレメントが足りない場合は

サイドストーリーから入手できる
SSRの光属性召喚石を集めて
エレメント化しておきましょう。

光属性召喚石が入手できる
サイドストーリーは多いので

属性エレメントの中でも
比較的集めやすい方に入ります。

スポンサードリンク

雷霆公を最終上限解放した時の変更点

・加護効果の変更。

火属性キャラはHP30%UPと
風属性ダメージ10%軽減追加。

光属性キャラは攻撃80%になり
奥義性能UPが追加されます。

奥義性能UPは奥義ダメ25%と
奥義ダメ上限が10%UPするので

古戦場のトリガー集めなど
奥義ダメージを高めたい時に役立ちます。
 

・召喚効果に属性防御ダウン追加。
味方の防御UPだけでなく
火属性と光属性の属性防御を
下げる効果も追加されます。

成功率もよく、20%ダウンするので

通常の防御ダウンがレジストされる
敵などに使っていきましょう。
 

・召喚間隔が6ターンに変更。
召喚間隔が3ターンも短縮され
再召喚がしやすい召喚石になりました。

防御UPの効果が4ターン続くので
被ダメを少しでも抑えたい長期戦にも有効です。

スポンサードリンク

最終上限解放に使用する素材

虹星晶        :15個
月光晶        : 1個
覇者の証       : 5個
碧空の結晶      : 7個
真なる光のアニマ   : 5個
真なる火のアニマ   : 5個
プライマルビット   :25個
プロミネンスリアクター:25個
 

属性エレメントを使用しないので
最終上限解放はしやすい方に入ります。

3凸にできたら最終上限解放して
光属性のメイン加護や

火属性、光属性のサブ召喚石として
使うことができます。

スポンサードリンク

まとめ

最終上限解放が実装されたことで
出番が全くない召喚石では無くなりました。

光属性キャラの奥義ダメージ上限を
メイン加護で増やすことができるので

古戦場のトリガー集めなどで
使い道がある召喚石です。

エレメント化するのは
ちょっともったいない性能なので

取っておくことをおすすめします。

-グラブル
-,

執筆者:

関連記事

グラブルのアテナ自発はどこの島で?武器のドロップ率は?

「マルチプレイでアテナ見たんですよ」 「ああ、いるねアテナ」 「ボクも自発したいんだけど、どこなの?」 「そこからかーw」 火属性強化するならアテナの自発は マグナ超えに必要なもののひとつですね。 自 …

グランデフェスとレジェフェスの違いは?どっちで引くのがよい?

「グランデフェスでSSR出現率2倍!」グラブルで月に一度は行われるグランデフェス。 この日を楽しみにしているプレイヤーさんも多いと思います。 しかしグラブルにはもう一つレジェフェスというのがありますよ …

グラブル雷霆公90HELL攻略キャラ編成は誰を入れるべき?

2019年1月の古戦場HELLは 雷霆公になりましたね。 召喚石でお馴染みの雷霆公が ついに敵キャラとして登場。 一番びっくりしたのは CVがあったことでしたw そんな雷霆公ですが討伐編成は どうする …

グラブルルシフェルの5凸って強い?運用してみた感想

レジェンドガチャで入手できる SSR召喚石「ルシフェル」 無凸でも光属性攻撃力を 100%UPできる便利な召喚石です。 数少ない5凸が実装されている召喚石ですが ルシフェルの5凸って強いのでしょうか? …

グラブルプレガンドコーラスで仲間にできるおすすめキャラは誰?

6月30日から始まるシナリオイベント プレガンド・コーラス。 今回のシナリオイベントは チェレンジクエストをクリアすることで 5人のキャラの中から1人選んで 仲間にすることができます。 5人もいるので …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ