グラブル

グラブルゴールデンぴにゃこら太の使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

投稿日:

久しぶりのシンデレラガールズコラボ
ふたたび始まる空の旅で入手できる
ゴールデンぴにゃこら太。

多数のぴにゃ武器を生み出してきた
シンデレラガールズコラボでついに
召喚石のぴにゃこら太が登場しましたね。

イベント限定入手の召喚石ですが
これって使い道はあるのでしょうか?

ゴールデンぴにゃこら太の性能と
使い道について紹介していきます。

関連コンテンツ

ゴールデンぴにゃこら太の性能

MAXHP :730
MAXATK:1570

レベルを150まで上げても
3凸召喚石程度の能力値。
 

~メイン加護効果~
無凸:風と光属性攻撃力30%UP
+防御力10%UP。

3凸:風と光属性攻撃力40%UP
+防御力15%UP。

4凸:風と光属性攻撃力50%UP
+防御力20%UP+バトル開始時
味方全体に被ダメ無効(1回)
 

~サブ加護~
シンデレラガールズの攻撃力UP。
無凸10%、3凸15%、4凸20%。
 

攻防バランスよく増やせる召喚石ですが
上昇量があまり高くないので

メイン加護で使用することは
ほとんどない召喚石。

サブ加護はシンデレラガールズキャラを
使用するなら装備候補になります。
 

~召喚効果~
敵全体光属性ダメージ+味方全体の
奥義ゲージランダムUP+(10%~20%)
シンデレラガールズのテンションUP。

4凸にする味方の奥義ダメージUPと
奥義ゲージランダムUPに30%が追加。

奥義ゲージを増やせる貴重な召喚石。

シンデレラガールズのテンションUPは
2ターン持続するので火力UPに役立ちます。

スポンサードリンク

ゴールデンぴにゃこら太の使い道はある?エレメント化してもよい召喚石?

シンデレラガールズキャラを使用するなら
4凸1個は取っておきましょう。

サブ加護+召喚効果は悪くないので
ガチャ召喚石、アーカルム召喚石など

強力な召喚石が揃うまでは
サブ召喚石装備候補になります。

あまり使う予定が無ければ
エレメント化してもよい召喚石。

光エレにして武器、召喚石の
最終上限解放に使いましょう。

スポンサードリンク

ゴールデンぴにゃこら太の入手方法

・トレジャー交換で入手
最大で4個まで交換できます。

コラボイベントは開催期間が長いので
基本的にレアドロ狙いで召喚石を集めて

足りない分をトレジャー交換で
補っていきましょう。
 

・レアドロで入手
VH以上のイベントバトルで
入手することができます。

入手確率は低めですが
開催期間が長いので

レアドロだけで3凸が
揃うこともあります。

スポンサードリンク

まとめ

シンデレラガールズキャラを使用するなら
サブ召喚石の装備候補になる召喚石。

ガチャ召喚石、アーカルム召喚石など

よい召喚石が揃っていなければ
4凸1個は取っておきましょう。

シンデレラガールズキャラを
使用しなければ使い道はほぼ無いので

エレメント化しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:

関連記事

グラブルヘルメスの錬金術書を効率よく集める方法

2019年3月13月から始まった 復刻イベント「アストレイ・アルケミスト」 000でも大活躍だったカリオストロが 登場するシナリオイベントです。 復刻のシナリオイベントはトレジャーを集めて 報酬を交換 …

グラブル武器倉庫は必要?最大まで使えるようにするべき?

手持ち以外で武器を補完できる武器倉庫。 1個の倉庫で最大200個まで 武器を収納することができます。 現状グラブルは最大で武器を 500個まで所持することが可能ですが 武器倉庫は必要になるのでしょうか …

グラブルで強くなりたい初心者必見!日課はこんな感じ!

「イベントの敵に勝てない!」 「MVPが取れません!」 特にマルチプレイで思い知らされる 実力の差…貢献度数十万なんて どうやって出してるんだ!? 初心者としては気になりますよね。 実は一気に強くなっ …

グラブル人気投票ガチャは引くべき?

プレイヤーが欲しいキャラと 召喚石にそれぞれ投票して 上位になったキャラ解放武器と 召喚石の出現率が上がる人気投票ガチャ。 数か月に1回くらいのペースで 行われているレジェンドガチャですね。 人気の高 …

グラブル古代遺跡の遺物を効率よく集める方法

RightBehindYou復刻の報酬交換で 使用するトレジャー古代遺跡の遺物。 メダリオンほどでは無いですが 交換する報酬によっては 数が必要なるトレジャーになります。 「メダリオンはあるけど遺物が …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ