FEH

FEH子供ターナにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2021年4月19日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は聖魔からターナが
子供枠で実装されました。

兵種と武器種は変わらず槍飛行。

専用武器と初実装スキル近影が
セールスポイントのキャラですね。

子供ターナを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

子供ターナにスキル継承するなら何がおすすめ?

子供ターナは補助を継承無しで
覚えることができません。

スキルの穴埋めをするためにも
優先で継承しておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。
ルーナ、バーツから継承できます。

~その他、スキル継承おすすめ~
・疾風迅雷
再行動可能になる奥義。

子供ターナは専用武器に
奥義カウント-があり

速さが高いので迅雷運用がしやすいキャラ。

継承キャラに余裕があれば
覚えておきましょう。

星5ティアモから継承できます。

・攻撃速さの孤軍4
周囲1マスに味方がいないと
攻撃、速さが上昇するスキル。

飛燕金剛の瞬撃も強いスキルですが
攻撃は上昇しないので

与えるダメージを増やしたい場合は
スキル継承しておきましょう。

シャミア、フレイヤから
継承することができます。

・速さ守備の牽制3
周囲2マスにいる敵の
速さと守備を下げるスキル。

攻撃速さの牽制3を
所持しているので

無理に継承する必要は無いですが

ダメージUPに役立つので
突き詰めるなら覚えておきましょう。

忍者リン、ジルなどから
継承することができます。

スポンサードリンク

子供ターナスキル構成一例

武器:フレリアの宝槍
補助:引き戻し
奥義:疾風迅雷
 A:攻撃速さの孤軍4
 B:速さ守備の近影3
 C:攻撃速さの牽制3
聖印:剛剣3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し    :ルーナ、バーツ
疾風迅雷    :星5ティアモ
攻撃速さの孤軍4:シャミア、フレイヤ

迅雷を継承したスキル構成。

専用武器の移動補助効果が強力なので
迅雷発動から安全圏まで逃げることもできます。

聖印は奥義カウントを
早めるために剛剣3固定。

迅雷運用をしない場合は
攻撃、速さが上昇するものを
セットしておきましょう。

スポンサードリンク

子供ターナの個体値

LV40
HP40 攻撃55 速さ41
守備29 魔防23

※武器、スキルを含めた個体値

攻撃、速さが高く
魔防が低めな子供ターナ。

長所を伸ばせる速さ↑個体が
使いやすく、アタリ個体。

瞬撃、近影、牽制と
多数レアスキルを所持しているので

継承素材としても優秀です。

スポンサードリンク

まとめ

補助を継承してスキルの穴埋めを
しておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。

子供ターナは速さが高く
専用武器に奥義カウント-があるので
迅雷運用がしやすいキャラ。

継承キャラに余裕があれば
疾風迅雷も覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEH正月フリーズにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年正月超英雄として 実装されたフリーズ兄貴。 2018年11月28日の 伝承英雄枠で初実装されてから わずか1ヶ月ちょっとで 超英雄化しましたねー 超英雄になったことで兵種が 飛行に変更されま …

FEHレーヴァテインにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年9月21日の ガチャ更新で追加された新たな英雄。 第二部は敵として登場した レーヴァテインがついにプレイアブル化です。 初登場時から人気があったキャラで プレイアブル化を望んでいた人も 多い …

FEHバレンタインリンにスキル継承させるなら何がおすすめ?

2018年2月9日に実装された バレンタイン超英雄。 重装青魔としてリンが 新たなに追加されました。 剣、杖、弓騎馬、重装青魔と 全部で4キャラいるリンさん。 三度も超英雄化しているので 人気の高さが …

FEHジェロームにスキル継承するなら何がおすすめ?

2018年3月15日に 実装がされた戦渦の連戦の ポイント報酬でもらえるキャラクター 今回はジェロームが入手可能になっています。 仮面付けているパッと見 怪しいキャラですがセルジュの息子さんです。 戦 …

FEHサイアスにスキル継承するなら何がおすすめ?

大英雄戦をクリアすることで 仲間にできるサイアス。 杖キャラになると思っていましたが 青魔枠でFEH参戦です。 専用魔法も所持しているので 星5にして使って行こうと思っている人も いるのではないでしょ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ