お祭り

鍋冠祭2017年の日程と会場、みどころは?周辺のグルメは?

投稿日:

鍋冠祭 2017 日程

「え、みんな鍋かぶって…何してるの?」

その光景を見た人は、
みな一様に目が離せない…

そんなフシギなお祭りで有名な
筑摩神社の鍋冠祭です。

2017年の日程と会場へのアクセス、
みどころや写真撮影のポイント、
周辺のグルメ情報を紹介します。

関連コンテンツ

鍋冠祭(筑摩神社春の大祭)2017年の日程は?

鍋冠祭は毎年5月3日開催です。

2017年は5月3日、水曜日です。

会場は筑摩神社で行われます。

滋賀県米原市朝妻筑摩1987

移動手段ですが、会場は駐車場がないです。
車で向かう場合は駅近くの
駐車場を利用しましょう。

最寄り駅は米原駅ですが
徒歩で35分ほどかかります。
ちょっと遠いですね…

会場まではタクシーでの
移動がオススメです。

JR米原駅西口からタクシーで約5分。

車の場合は北陸自動車道
米原ICから車で約20分。

スポンサードリンク

鍋冠祭のみどころといえば?

12時ごろに準備がはじまります。
筑摩蓮沼会館で行われます。

14時ごろに筑摩の御旅所を
行列が出発します。

16時ごろに筑摩神社本殿に
参進します。

8歳の少女が狩衣姿にナベをかぶり
300人の大行列とともに
渡御する姿がみどころです。

ナベは本物ではなく
ハリボテで作ったものを
かぶっています。

ホンモノは重いですしね。

「なんでナベかぶってるの?」

諸説いろいろありますが…

まず1つめは
筑摩神社の神が食物の神だから。

2つめは
特産であったナベを
贖物(あがもの)としたこと。

コレが鍋冠祭の
原初の姿ではないかと
考えられています。


スポンサードリンク

鍋冠祭会場周辺のグルメ情報!何がおいしいの?

祭りの開始時間が14時開始なので
祭り前に食べるお昼が
おいしいお店を紹介します。

・福来路巣

電話番号:0749-52-2340
営業時間は11時30分~14時
夜は17時から22時までです。

定休日は日曜日です。

米原駅西口から徒歩約2分で到着。
祭り開始前の昼食にぴったりです。

おすすめは日替わりランチです。
おかず9品にサラダ、あげもの、刺身、
ごはん、みそしる、ドリンク付き。

コレで価格が870円!オトク感あります。
(2016年12月現在)

・和食すし処番野

電話番号:0749-52-3713
営業時間が11時30分~13時30分
夜は17時から21時30分まで

定休日は火曜日ですが
営業してることもあります。

米原駅から徒歩で約10分ほどです。

お寿司屋さんでランチもやっています。

軍艦、にぎり、茶わん蒸し、
そば、冷ややっこ、最後に食後の
コーヒーサービスもあり税込み850円。

2016年現在の値段です。
こちらもお祭り前の
昼食に良さそうなお店です。

スポンサードリンク

まとめ

2017年は5月3日、水曜日開催です。
会場は滋賀県の筑摩神社です。

ナベをかぶった少女たちの
行列がなによりのみどころでしょう。

お祭りが始まるのが14時なので
お昼がおいしいお店を紹介しました。

伊勢物語にも詠まれた
平安のころから知られる
お祭り、楽しみましょう(・∀・)

-お祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

目黒区民祭り2015!日程、さんまを無料で食べるには?みどころは?

「さんま祭りは2回ある!」 品川だけでなく目黒区民祭りも忘れてはいけません! 秋の味覚であるさんまを食べて季節感を満喫しましょう^^ さんまだけでなくステキなお祭りなので興味津々ですね♪ 今回は目黒区 …

道祖神火祭り2016の日程やみどころ、周辺のグルメ宿泊情報!

「迫力ある火祭りが見てみたい!」 日本にはいろいろな火祭りがありますが その中でも「三大火祭り」に数えられる 長野県野沢温泉の道祖神火祭りは見逃せません。 ・2016年の日程と会場 ・みどころ、チェッ …

鹿の角切り2015日程は?理由は?見る際の混雑の避け方は?

「奈良でやる鹿の角切りを見に行きたい!」 江戸時代から300年も続いている伝統行事 鹿の角切りってどんな感じでやるんでしょう。 ちょっと見てみたいなーと思いました。 ・2015年の日程とアクセス ・な …

足立の花火に屋台はある?選び方と失敗しないコツは?

「花火でも屋台はあるの?」 「どのあたりまで出てるの?」 花火大会といえばお祭り。 そして屋台が楽しみの一つですが 足立の花火には屋台があるのか? 「無いって聞いた気もするけど」 「あったような…なか …

黒石寺蘇民祭2016年の日程、みどころ、グルメおみやげ情報!

「はだか祭を見てみたい!」 それなら黒石寺蘇民祭は見逃せないですね。 「裸の男と炎のまつり」ということで 夜を徹して行われる勇壮なお祭りです。 今回は黒石寺蘇民祭に関する気になるギモン ・2016年の …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ