グラブル

グラブルでダマスカス鋼とヒヒイロカネの違いは?どっちが貴重?

投稿日:

グラブル ダマスカス鋼 ヒヒイロカネ 違い

「ダマスカスが黒くて、ヒヒイロが金」

「いや、そういうことじゃなくて」

グラブルの貴重品ということで
ダマスカス鋼とヒヒイロカネって
あるんですが、アレ同じもの?

違いは一体何なのでしょうか?

  

関連コンテンツ

ダマスカスとヒヒイロカネの違いは?

どちらも効果は同じで

SSR武器の上限を1つ解放する。

なので名前が違うけど
効果は変わらないじゃん。

って考えがちなんですが
ヒヒイロカネには他にも
重要な役割があります。

それは「十天衆を仲間にする
古戦場武器の最終解放に
1個必ず使うことになってます。

これはダマスカス鋼では代用不可能。
決定的な違いはコレですね。

余談ですが最初はヒヒイロカネしかなくて
ダマスカスってありませんでした。

「SSR武器解放に使ってね!」

みたいな感じで実装されたんですが
十天衆の方がみんな欲しいわけで…
誰もSSR武器の解放になんて使わない。

そこで実装されたのが
ダマスカス鋼ってワケです。

スポンサードリンク

それぞれの入手手段

入手手段もそれぞれ
大きく異なっています。

ダマスカスは各イベントで
骸晶を集めたりムーン交換で
入手することが可能です。

対してヒヒイロカネは
四象イベントで手に入る
トレジャーで交換します。

またはハイレベルなどから
ごくごくまれにドロップ。

あとは古戦場の勲章を
900個も集めないと
手に入れることはできません。

四象でガンバって
交換する方が無難です。

ダマスカス鋼の方が入手する
機会が多いですね。


スポンサードリンク

ぶっちゃけどちらが貴重なの?

入手何度や用途のことを考えると
断然ヒヒイロカネの方がが貴重です。

今ヒヒイロカネを持っていて
解放したいSSR武器があったとしても
ダマスカスの入手を待ちましょう。

ダマスカスは貴重じゃないって
ワケではないのですが
比較した上でのお話です。

「ええ、でもSSR武器解放したい」

って安易にヒヒイロを使っちゃうと
いざ十天衆が欲しくなった時に
手元にあるのはダマスカスだけ…

みたいな展開になりますので
いっそ「ヒヒイロは十天衆用」って
認識でもかまわないかなと思います。

スポンサードリンク

まとめ

十天衆はそれぞれがとても強力で
ぜひ仲間にしたいキャラ達です。
ヒヒイロカネは十天衆用に!

以前はホントに集めるの大変でしたが
四象の仕様が変わってからは
意外とお手軽になりましたね。

SSR武器の上限解放をするなら
ダマスカス鋼で行いましょう。

ムーン交換以外でもイベントで
骸晶を集めて交換できるので
今やってるイベントを確認しましょう。

そんなわけで違いは一つ

「十天衆を仲間にできるか否か」

でした(・∀・)!

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル6人HL入門!難易度は?気をつけることは何?

「6人HLってなんかコワイ…」 なにせ参加人数が少ないので 失敗するイメージが強いですが いつだって挑戦あるのみ!です! 6人HLの中でもカンタンなのは? そして難しいのはどれなのか? プレイすること …

グラブル古戦場から逃げるなって元ネタあるの?

「古戦場から逃げるな。」 古戦場シーズンが近づいてくると このような発言をボチボチ見かけます。 ギスギスした雰囲気を感じる発言。 ちょっと嫌ですよねw 「古戦場から逃げるな」さんですが 何か元ネタはあ …

オールドナラクーバラはマグナ編成に必要?入れるなら何本欲しい?

「オールドナラクーバラって必要?」 ナタクから入手できる SSR武器ナラクーバラ。 オールドになるとスキルが方陣に変わるので マグナ装備で使えそうな武器になっています。 しかしオールド武器の中には マ …

グラブルフレイ90HELL攻略キャラ編成は誰を入れるべき?

久しぶりの開催になった星の古戦場。 今回は召喚石でもお馴染みのフレイが HELLとして出現します。 通常の敵よりも防御値が高く 特殊行動が厄介なフレイですが どうやって攻略するとよいでしょうか? フレ …

グラブルのゼノイフ斧ドロップはマルチでも出るって本当?

「マルチでもオノ出たよ!」 「え?ホントに?出ないよ…」 オノが出たって報告を聞きますが 自分は1本も出たことがありません… この差はいったい何なのか? トリガーの集め方や マルチプレイでの注意点も …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ