FGO

オートマタハント典位級3ターン周回編成星5鯖少な目でやってみた

投稿日:

素材が出にくいFGOの中でも
比較的素材が出やすいハンティングクエスト。

オートマタハントでは無間の歯車が
ドロップしやすいクエストになっています。

効率よく周回するために
3ターン周回したいところですが

どのサーヴァントを使うと
3ターン周回できるでしょうか?

難易度が最も高い典位級の
3ターン周回編成を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

オートマタハント典位級3ターン周回編成星5鯖少な目でやってみた

オートマタハント典位級。
3ターン周回編成はこんな感じです。

敵は全てアサシンですが
自分が所持しているキャスターが

育成不足な鯖が多く、星5鯖少な目の
周回編成はこれに落ち着きました。

サポートはいつも通りフレンドでも野良でも
マーリンを使用しています。

スキル1とスキル3のレベルが
10であれば周回可能です。

アーラシュの礼装は魔性菩薩でもOKです。

スポンサードリンク

どうやって周回するの?スキルの使い方紹介

どうやって周回するの?
スキルの使い方を紹介していきます。
 

・バトル1

スパ君のスキル2とスキル3を
使用してから宝具を撃ちます。

4万ダメくらい出るので全員倒せます。
 

・バトル2

アーラシュのスキル3と
マーリンのスキル1を使用。

全体強化を使ってからステラします。

キリングドールBが残る可能性もあるので
残りは他カードで削っていきます。
 

・バトル3

エリ:スキル2とスキル3使用。
バベ:スキル2とスキル3使用。

マーリンのスキル3はバベッジに
使用してから2人の宝具を撃ちます。

バベッジの宝具は防御ダウンがあるので
バベ⇒エリの順で使います。

バベッジの宝具でこれくらい削れます。
あとはメカエリチャンの宝具と

残りのカードを使うと倒しきれます。

これで3ターン周回することができます。


スポンサードリンク

無間の歯車をオートマタハント以外から集める方法

無間の歯車をオートマタハント以外で

集める場合どのクエストを
周回するとよいでしょうか?
 

~無間の歯車が手に入るクエスト~
亜種特異点Iバレルタワーの
フリクエでオートマタ系が9体出るので

バレルタワー周回で集めていきましょう。
亜種特異点まで進めていない場合は

第四特異点クラーケンウェルや
第五特異点シカゴのフリクエもおすすめです。

クラーケンウェルでは使い道が多い
凶骨もセットで集めることができます。

スポンサードリンク

まとめ

敵がアサシンになると一気に周回難易度が
上がるなあと思いました。

やっぱり運営に慈悲は無かったです。

低レアで周回する場合は
バベッジを使って行きましょう。

歯車は一気に消費することもあるので
この機会にたくさん集めておきましょう。

-FGO
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モードレッドの幕間の物語が出ない出現させる方法はどうする?

「モードレッドの幕間が出ない・・・」 今まで通りプレイしていると 再臨して絆レベルを上げると パッと出てくる幕間の物語。 しかしモードレッドに関しては いつまで経っても出ることなく レベルMAX、絆5 …

第七の門深淵なるクリスマス3ターン周回編成紹介

冥界の砂を最高効率で稼げるクエスト 第七の門深淵なるクリスマス。 HP40万近くのセイバーオルタが 登場して「こんなの周回してられるか!」 ・・・というクエストでしたが ライト版になってセイバーオルタ …

ヒュドラハント典位級3ターン周回編成紹介星5鯖少な目でやってみた

素材が出にくいFGOの中でも 比較的素材が出やすいハンティングクエスト。 ヒュドラハントは竜の牙と奇奇神酒が 集めやすいクエストになっています。 効率よくクエストを周回するうえで 3ターン周回は必須に …

ルーヴル周回3ターンで出来る編成紹介星5鯖少な目にしてみました

ダヴィンチちゃんイベントも もうすぐ終わりますねー 手稿集めに最高効率のクエスト ルーヴルも実装されました。 効率よく周回するには 3ターン周回が必須になってきますよねー どのような編成にすると 3タ …

ウフィツィ3ターン周回ができる編成紹介星3セイバーのあの人が活躍

2018年1月10日から 始まったFGO復刻ライト版イベント ダヴィンチと七人の贋作英霊のクエスト ウフィツィが実装されましたねー 人体図偽がたくさんドロップする クエストになっています。 効率よく周 …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ