食べ物

吉野家おろし牛カルビ丼は美味しい?食べて見た感想

投稿日:

2018年7月26日から
販売開始した吉野家の期間限定商品。

今回はおろし牛カルビ丼が登場しました。

ねぎ塩系と交代するような
形で追加された商品。

おろしと牛カルビの組み合わせは
なかなか良さそうに思えます。

しかし実際に食べて見なければ
味はわからないもの。

牛カルビも最近食べてなかったので
発売日に買って食べて見ました。

吉野家のおろし牛カルビ丼は美味しい?
食べて見た感想を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

吉野家おろし牛カルビ丼は美味しい?食べて見た感想

吉野家のおろし牛カルビ丼。
はたして美味しいのでしょうか?
 

~買ってきました~
値段は並で590円でした。
カルビ系は若干値段が高めですねえ。
 


見た目はこんな感じです。
想像以上にねぎたっぷりでした。
 


別枠で大根おろしが付いてきます。

後乗せタイプなので好みで量を
変えられるのはいいですねー
 

~食べて見た感想~
今回のおろし系の商品はタレの味に
醤油ポン酢が使われていますが

ポン酢の主張はそこまで強く無く
個人的には気にならない程度の酸味でした。

後乗せの大根おろしは
自分が食べたものは辛みが少なかったので
全部乗せても問題無かったです。

牛カルビと大根おろしの組み合わせはよく
美味しく食べることができました。

牛カルビ丼のバージョン違いですが
値段もほとんど変わらないので

期間内に一度は食べても
いいかなー?と思いました。

スポンサードリンク

カロリーはいくらある?

期間限定のおろし牛カルビ丼。
カロリーはいくらあるでしょうか?
 

~カロリーはいくら?~
おろし牛カルビ丼はサイズが
4種類あるので大きさで変化します。
 

小盛:610キロカロリー
並盛:824キロカロリー
大盛:1069キロカロリー
特盛:1210キロカロリー

並でも割とカロリーが高めで
大盛から1000キロカロリー越えします。


スポンサードリンク

販売期間はいつまで?

期間限定のおろし牛カルビ丼。
販売期間はいつまででしょうか?
 

~販売期間~
おろし牛カルビ丼の販売期間は
公式発表が無く不明になっていますが

夏季限定商品ということなので

8月くらいまでは
販売されていると思います。

販売終了日が明確に公表されない
限定商品になっているので

味が気になっている人は
できるだけ早めに食べておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

醤油ポン酢が使用されたタレは思った以上に
酸味が少なく食べやすかったです。

牛カルビとおろしの組み合わせはよく
美味しく食べることができました。

大根おろしは辛みが少なく
全部乗せても大丈夫なくらいでした。

販売終了日の公式発表が無く不明なので

味が気になっている人は
できるだけ早めに食べておきましょう。

-食べ物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほっともっとカルビ焼肉弁当は美味しい?食べて見た感想

2018年8月20日から 販売開始されたほっともっとの新商品。 今回のカルビ焼肉弁当が登場しました。 牛バラ肉と玉ねぎを炒めてから タレで味付けした1品。 シンプルですが美味しそうだな と、感じるもの …

ほっともっとカットステーキ重は美味しい?食べてみた感想

2018年7月2日に発売した ほっともっとの新商品。 カットした牛ステーキが上に乗った カットステーキ重が販売されました。 ステーキ肉が安値で食べられる弁当。 肉の質はそこまででも無いと わかっていな …

爽ジンジャーエール味って美味しい?食べてみた感想

「ジンジャーエール味ってあったっけ?」 スーパーで買い物をしていたら 爽のジンジャーエール味を発見する。 前は爽の新商品が発売されると よくチェックしていましたが どうもありきたりな味が続いて 離れ気 …

マックシェイクももは美味しい?2018年版を飲んでみた感想

2018年8月22日に 販売開始されたマックの限定シェイク。 今年も「ももシェイク」の 季節がやってきましたねー 去年は8月2日に販売されたので 今年はかなり遅いスタートになりました。 約1年ぶりのも …

すき家白髪ねぎ牛丼を食べた感想美味しい?販売期間はいつまで?

2017年12月13日から期間限定で すき家の白髪ねぎ牛丼が復活しましたねー 2011年4月~2013年5月までの レギュラーメニューだったこの牛丼。 ・・・一度も食べたことが なかったんですよねw …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ