グラブル

グラブル栄誉交換のおすすめ

投稿日:

HLマルチバトルをクリアして
一定の貢献度を稼ぐともらえる栄誉の輝き。

一定の栄誉を稼ぐことで
特定の報酬と交換することができます。

交換できるものが多数あるので

何を交換すればいいのか?
悩む人も多いのではないでしょうか?

栄誉交換でおすすめできる
報酬を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル栄誉交換のおすすめ

栄誉交換でおすすめできるものは
特定のSSR武器との交換になります。

オールドシリーズ、レガリアシリーズの武器は

ドロップ率が低く、数十戦やっても
ドロップが0ということも珍しくありません。

月1個制限ですが確定で入手できる
方法になっているので

栄誉交換は入手しにくい
武器と交換しておきましょう。
 

~各属性栄誉交換おすすめ武器~
・火属性
オールドエッケザックス、ブラフマンシミター

・水属性
テュロスビネット

・土属性
ニーベルンホルン、ニーベルンクリンゲ

・風属性
ラストストームハープ

・光属性
ミトロンの弓

・闇属性
アビススパイン
 

これらの武器は各属性のマグナ編成で
理想編成に入る武器でもあるので

栄誉が溜まり次第交換しておきましょう。

スポンサードリンク

武器以外で交換するなら何がいい?

・ジョブの証
英雄武器の作成、クラス4取得で
必要になるジョブの証は

栄誉で一通り交換ができます。

以前と比較してジョブの証は集めやすくなりましたが

月交換上限30個までですが1個あたり
栄誉20で証が手軽に入手できるので

武器で交換したいものが無ければ
ジョブの証と交換しておきましょう。
 

・覇業の指輪
月に3個制限ですが指輪と
交換することもできます。

栄誉が上限になりそうで
「とりあえず何か使っておきたい」
という時におすすめです。
 

武器以外の報酬と交換する場合は
この2つを取っておきましょう。

スポンサードリンク

効率よく栄誉を稼ぐ方法は?

ランクが120になるまでは
マグナHLで栄誉を稼いでいきましょう。

自発で最大40、BP参加で最大20
栄誉を稼ぐことができます。

ランクが120になってからは

シヴァ、エウロペ、ブローディア
グリームニル、メタトロン、アバターなど
マグナ2で稼いでいきましょう。

プレイヤーの参加率も高いので
栄誉も稼ぎやすくなっています。

見かけ次第参加していきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

栄誉交換は特定のSSR武器との
交換がおすすめになっています。

各属性マグナ編成をする時に
理想編成に入るものが交換できるので

栄誉が溜まったらSSR武器と
交換していきましょう。

武器以外で交換をする場合は
ジョブの証、覇業の指輪と交換しておきましょう。

ランク120まではマグナHL。

ランク120になったらマグナ2で
栄誉を稼いでいきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル英雄王の槍って使い道はある?餌にしてもいい武器?

ギルガメッシュからドロップする SSR武器「英雄王の槍」 エピックウェポンという 名称が付いている武器で 高級鞄から落とす武器は この名称が使用されています。 後付けされたものなので 知名度は若干低め …

グラブルグラニ武器はマグナ編成に必要?入れるなら何本欲しい?

最終上限解放が実装されたグラニ武器。 無課金でヴァルナ編成を組む場合は 理想武器の候補になると言われています。 ヴァルナで使って強いグラニ武器ですが マグナ編成にも必要な武器なのでしょうか? もしマグ …

グラブルのゼノイフリート周回ってどうしてる?編成は?

「もっと早くできないかな~」 「いや、トレハンは大事かな~」 グラブルでゼノイフを やってると気になるのが なんといっても効率ですね。 EX、マニアック、ヘル、 そしてマルチとありますが それぞれ編成 …

グラブル戦舞の矛の使い道はある?餌にしてもいい武器?

シナリオイベント「窮寇迫ること勿れ」で入手できるSSR武器「戦舞の矛」 火属性の中では珍しいEX攻刃持ちの槍。 レベル100まで上げることで第二スキルも付与されます。 イベントでしか入手できない武器で …

グラブル水のサポート召喚石は何を置くべき?おすすめは?

「水のサポート召喚石何置こうかな?」 召喚石の加護効果を 利用できるサポート召喚石。 フレンドの戦力にも影響出る 要素になっているので 「どれを置くとよいのだろう?」と 悩んでいる人もいるのではないで …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ