グラブル

グラブルサンダルフォンの召喚石って使える?取っておいた方がいい?

投稿日:

プレイアブルキャラ以外でも
召喚石になっているサンダルフォン。

どうして空は蒼いのかパート2の
戦貨ガチャ報酬になっています。

キャラとしてなかなか使える
サンダルフォンですが

召喚石も使えるのでしょうか?

取っておいた方がいい召喚石
なのか紹介していきます。

☆このページでわかること☆

関連コンテンツ

グラブルサンダルフォンの召喚石って使える?取っておいた方がいい?

~サンダルフォンは使える?~
サンダルフォンは無凸でも
光属性攻撃力50%UP。

3凸にすると光属性攻撃力が
70%UPする召喚石です。

ガチャ以外でサンダルフォンよりも
光属性攻撃力を上がられるものは限られるので

光属性攻撃力UPする召喚石で
70%を超えるもので無ければ
3凸1個を目標に取っておきましょう。
 

~サブ加護でHPUP!~
サンダルフォンは他召喚石と違い
サブ召喚石入れると専用のサブ加護があり

光属性キャラのHPを上げることができます。

3凸でも上昇量は10%ですが
シュヴァ剣が揃っていなければ

嬉しいHPUPになるので

メイン加護でよい召喚石があっても
サブで使う召喚石として作っておきましょう。

スポンサードリンク

戦貨ガチャでアタリが出たらすぐにリセットする?空になるまで引くべき?

「サンダルフォンを3凸にする!」
という目標があるなら即リセットでもOKですが

シナリオイベントの戦貨ガチャの
1個~3個目までは覇業の指輪、栄冠の指輪が
それぞれ1つずつ入っています。

これらはキャラの能力値を
底上げする時に使う育成アイテムなので
入手もなかなかしにくいものなので

可能であれば回収してから
リセットしておきましょう。

宝晶石も微量ですが入っているので
宝晶石の回収もお忘れなく。

スポンサードリンク

ダブったサンダルフォンってどうしてる?

サブ加護が発揮されるのは
同じ召喚石で1個までになります。

なのでサンダルフォンを4体入れても
効果は10%UPなので注意です。

複数使うことはまず無いので
ダブったサンダルフォンは

エレメント化するのが良いでしょう。

・・・たまにサンダルフォンを砕けず
そのまま所持している人もいますが・・・

サンダルフォンはエレメント化すると
光の属性エレメントになってくれます。

武器や召喚石の最終上限解放で
たくさん使うトレジャーなので

売却はせず必ずエレメント化で
処理するようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

サンダルフォンは配布召喚石の中でも
1・2を争う優秀な召喚石です。

サブ召喚石にすることで
光属性キャラのHPを増やせるので
3凸1個は作成しておきましょう。

ダブったサンダルフォンは売却せず
必ずエレメント化で処理していきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルアークエンジェル武器を効率よく集める方法

武器の強化素材として使用する アークエンジェル武器。 レベル100までであれば そこまで使用しませんが 最終上限解放して武器の最大レベルが 150になると不足しがちになります。 たくさん使用するものな …

グラブル刀剣のメダリオンの集め方は?初心者でも効率よく集める方法

「刀剣メダリオン集めなきゃ・・・」 グラブル刀剣乱舞コラボ。 2017年9月21日の21時には 終了してしまいますね。 コラボで必要になる素材。 初心者さんには集めにくいと思うのが 刀剣のメダリオン。 …

グラブル覇者の証を効率よく集める方法

「覇者の証が足りないなあ・・・」 キャラの上限解放に使う覇者の証。 無料ガチャ期間で逃さず ガチャを引いていると SSRキャラがたくさん増えて 証が追いつかないということも多いです。 そんなトレジャー …

グラブル6周年イベの十天衆は誰を交換するべき?おすすめはいる?

6周年イベ「こくう、しんしん」では シナリオをクリアすることで 十天衆を交換することができます。 古戦場武器を強化しなければ 仲間にできない十天衆を交換できるということで シナリオイベントの報酬の中で …

グラブルマグナ武器の余りってどうしてる?餌にしてもいい?

理想数を集めてから急に 出やすくなる気がするマグナ武器。 マグナトレジャーを集めていると いつの間にか集まることも多いですね。 そんなマグナ武器ですが余ったものは どうしたらよいのでしょうか? 特にシ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ