グラブル

グラブル餌にしてもよいSSR武器と取っておいた方がよい武器

投稿日:

「この武器って餌にしてもいいかな?」

グラブルをプレイしていると
様々なSSR武器が手に入ります。

最高レアリティの武器ということで
取っておくべきか?餌にするべきか?

悩むことも多いのではないでしょうか?

今回はSSR武器の中でも
取っておいた方がよい武器と

餌にしてもよい武器を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル餌にしてもよいSSR武器

・数が揃ったマグナ武器
集めきったマグナ武器が後からもっと
必要になるケースは稀なので

餌として使ってしまいましょう。

シュヴァ剣も6本揃えば
もう使うことも無いと思うので

餌に使ってしまってもよいでしょう。
 

・コラボ武器
特に思い入れが無ければ
餌にしてもよい性能の物が多いです。

真化武器があれば事足ります。
 

・シナリオイベントの武器
EX攻刃+特殊スキルという形が多く
こちらも真化武器があるとまず使わないので

餌安定の武器が殆どです。
 

・アーカルム武器
方陣武器ですがスキルが10までしか上がらず
アーカルムスキルは無くてもクリアできるので

これも餌安定の武器になります。
 

・討滅戦で手に入る武器
神石でも使うことが稀なので餌安定です。

今ではすっかり真化武器集めの
副産物になっていますね。
 

以上が餌にしてもよい主な武器です。

スポンサードリンク

取っておいた方がよいSSR武器

・リミテッドシリーズ
4凸で強くなるリミテッドシリーズ武器。
入手も難しいので取っておきましょう。
 

・キャラ解放武器
4凸実装で思わぬ性能になることも。

マグナ編成だと使う機会はほとんど無いですが
リミ武器同じく入手が難しいので

一応取っておきましょう。
 

ガチャから入手できる武器は
一度手放すと入手するのが大変なので

これら2つの武器は取っておきましょう。

スポンサードリンク

餌倉庫がいっぱいになったらどうしてる?

グラブルを長くプレイしていると
餌倉庫がいっぱいになることもあります。

餌倉庫がいっぱいになってしまった場合は

スキルLV10の餌武器を作って
倉庫を圧縮していきましょう。

スキルLV10の餌は
15から20へスキルを上げる時や
バハ武器の強化などに使えるので

倉庫がいっぱいになっているなら
餌で使用するスキルLV10の
餌を作っておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

集めきったマグナ武器やアーカルム武器。
シナリオイベントに討滅戦のSSR武器は
餌に使ってしまってもよいでしょう。

コラボ武器も特に思い入れが無ければ
餌武器安定になることが多いです。

レジェンドガチャで手に入るSSR武器は
一度手放すと入手するのが大変なので

できるだけ取っておくのがよいでしょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル大鎌を操りし漆黒の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

SpaghettiSyndromeで入手できる SSR召喚石「大鎌を操りし漆黒」 カッコいい名前が付いてますが 鎧チキンことバザラガさんの キャラ召喚石ですね。 入手機会が限られる召喚石ですが 取って …

グラブル天司アニマの効率のよい集め方と使い道

天司武器をSSRにするために 必要な素材、天司のアニマ。 天司アニマは全部で4種類あり 光と闇が無いのが特徴になっています。 複数を集めるのが大変な天司アニマですが どうやって集めていくとよいでしょう …

グラブルスカイキャリッジ☆彡号の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

プラチナスカイ2で入手できる SSR召喚石「スカイキャリッジ☆彡号」 ドロシーのキャラ召喚石が ついに実装されましたね。 イベント期間でしか入手できない召喚石なので この機会を逃すと次の入手機会が い …

グラブル蒼紅之舞葉牡丹の使い道はある?エレメント化してもいい召喚石?

コウと空っぽの影法師で入手できる SSR召喚石「蒼紅之舞葉牡丹」 ユエル&ソシエキャラ召喚石の 第二弾が実装されましたね。 前回のキャラ召喚石は微妙な性能でしたが 今回のキャラ召喚石は 使い道があるの …

グラブルコーデックスアニムスは誰に使うべき?おすすめの使い方は?

「これ何だっけ?」 「あー、コーデックスのSR版かあ」 エリクシールハーフの数を チェックしている時に目についた青い本。 コーデックス・アニムスという 上限解放アイテムになっています。 これを使用する …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ