グラブル

グラブル風伯の羽を効率よく集める方法

投稿日:

古戦場武器を強化していくために
必要になるトレジャー「風伯の羽」

最近は古戦場武器も手に入れやすくなり

十天衆を仲間にするために
古戦場武器を鍛えている人も
増えてきたように思えます。

300個も必要なるトレジャーなので
ストッパーになることも多いトレジャー。

効率よく集める方法を紹介していきます。

☆このページでわかること☆

関連コンテンツ

グラブル風伯の羽を効率よく集める方法

風伯の羽はポートブリーズのフリクエ

「散らばった積荷」を周回することで
効率よく集めることができます。

主人公とRキャラしか
使用できないクエストですが

出現する敵は弱いので
Rキャラを育成していなくても
問題なく周回することが可能です。

Rキャラを育成していなければ
このクエストを機会に

育成しておくのもよいでしょう。
 

風伯の羽以外にも古戦場武器強化で
同じく使用すると「柔らかい羽」

エリクシールハーフの交換素材になる
「風切り四つ葉」もドロップするので

普段からやっておいてもよいクエストです。

周回する時は主人公の攻撃が全体化する
賢者でやるとより早く周回ができます。

スポンサードリンク

トレハンはあった方がいい?

風伯の羽はドロップ率がよいので
トレハン無しで周回しても
集めやすい素材です。

トレハンはできればあった方がよいのですが

トレハンをかけながら周回していくのが
少し面倒なので自分が周回する時は
トレハン無しにしています。

クエストで出現する敵が弱いので
自分の加護召喚石とフレンド加護召喚石を

両方ドロップ率がUPするものにして
周回していくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

風伯の羽の使い道

古戦場武器の強化で300個使用する以外にも

ティアマトマグナ武器の最終上限解放で
必要になるトレジャーです。

1武器に付き100個使用するので
足りなくなった場合は

また散らばった積荷を
周回して集めていきましょう。
 

それ以外の使い道として
ティアマト召喚石の交換や
R武器とも交換することができますが

あまりにも交換レートが悪く

もらっても使い道が無いので
わざわざ交換する必要は無いので

間違っても交換はしないようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

風伯の羽を効率よく集めるには
フリクエ「散らばった積荷」を
周回して集めていきましょう。

風伯の羽以外でも古戦場武器強化で
同じく300個使用する「柔らかい羽」

エリクシールハーフを交換できるトレジャー
「風切り四つ葉」も手に入るので

普段から周回してもよいクエストです。

Rキャラしか使えませんが
出現する敵がかなり弱いので

Rキャラを育成していなくても
クリアできるクエストになっています。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルの島ハードって何?どういう意味?初心者がやると良い理由

「グラブル始めたの?島ハードやっとけよ」 「半額中だから島ハードやらないとなあ」 グラブルの話をしていると 島ハードという言葉を耳にする。 グラブルは専門的な用語も多く 言葉の意味がわからない! とい …

グラブルネツァワルピリは今でも強い?サプチケで交換するのはアリ?

グラブルサービス開始初期の頃から 実装されているSSRキャラネツァワルピリ。 最終上限解放も実装されている 風属性のキャラになっています。 風属性を運用していくうえで アタッカー候補になるネツァワルピ …

グラブルキュアブラック&キュアホワイトは強い?育てた方がよい?

プリキュアコラボで手に入るSSRキャラ キュアブラック&キュアホワイト。 コラボイベントのストーリーを 進めるだけで入手できるので 簡単に手に入れることができます。 入手が簡単なキュアブラック&ホワイ …

グラブル刀剣のメダリオンの集め方は?初心者でも効率よく集める方法

「刀剣メダリオン集めなきゃ・・・」 グラブル刀剣乱舞コラボ。 2017年9月21日の21時には 終了してしまいますね。 コラボで必要になる素材。 初心者さんには集めにくいと思うのが 刀剣のメダリオン。 …

グラブルティターンは無凸でも使える?使うならやっぱり3凸前提?

マッチョの愛称でお馴染みの「ティターン」 神石と呼ばれる召喚石の1つですね。 特に狙っていたわけでは無いけど 無料ガチャ期間などでポロっと 出てくることもある召喚石です。 そんなティターンですが無凸で …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ