グラブル

グラブル召喚石のボーナスはどれに付けるべき?おすすめはある?

投稿日:

ガチャを引いていると
たまーに出てくるボーナス付き召喚石。

+1ごとにHP+1、攻撃力は+5増加し
最大で+99にすることができます。

頻繁に手に入るものでは無いので

どれにボーナスを付けるべきか?
悩む人もいるのではないでしょうか?

ボーナスを付けておきたい召喚石はある?
おすすめ召喚石を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル召喚石のボーナスはどれに付けるべき?おすすめはある?

・総合値が高い召喚石
最終上限解放しているガチャ召喚石など

HP、攻撃力の総合値が高い召喚石に
ボーナスを付けておくのが最もおすすめです。

総合値の高い召喚石は他属性でも
サブとして使用する機会が多いので

迷った時は自分が持っている召喚石の中で
戦力が高いものに付けておきましょう。

バラバラに召喚石の
ボーナスが付いている場合は

ボーナスをリセットして1つの召喚石に
ボーナスを集めておきましょう。
 

・召喚効果が強い召喚石
シヴァ、天司召喚石など召喚効果が
強力な召喚石がいくつかあります。

これらの召喚石は無凸状態でも
使用する機会があるので

ボーナスを付けて能力値を少しでも
増やして使って行きましょう。

スポンサードリンク

召喚石のボーナスは新イベントのたびに移すべき?

召喚石のボーナスをリセットして
別召喚石に移行する場合

最大で3万ルピも消費するので

新イベントのたびにボーナスを
移行するのはなかなか大変です。

なので特定のイベントの時のみ
ボーナスを移行するようにしましょう。
 

自分が召喚石のボーナスを移行する時は
古戦場の時のみにしています。

討伐時間を少しでも短縮させるために

古戦場がある場合はできるだけ
ボーナスは移行しておきましょう。

スポンサードリンク

ボーナス付き召喚石の集め方

最も効率よく集める方法は
確定ガチャを引くことです。

月1くらいのペースでボーナス付きが
確定で手に入るレジェンドガチャを
引ける機会があるので

ボーナスが欲しい場合はこの時に
ガチャを引いておくのもよいでしょう。
 

レジェンドガチャ以外で集める場合は
1日100回限定のルピガチャで
コツコツ集めていくか

マグナHL、マグナ2HLなどで
サモンミラージュを集めておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

召喚石のボーナスは総合値が高い召喚石に付ける。

もしくは召喚石の効果が強いものに
付けておくのがおすすめになります。

どれに付けるか悩んだときは
戦力順で召喚石を並べてみて

自分が所持しているもので高いものに
ボーナスを付けていきましょう。

入手確率はかなり低いですが
ルピガチャでもボーナス付き
召喚石が手に入ることもあるので

ルピに余裕があるなら1日100回
ルピガチャは回しておきましょう。

-グラブル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブルキュアブラック&キュアホワイトは強い?育てた方がよい?

プリキュアコラボで手に入るSSRキャラ キュアブラック&キュアホワイト。 コラボイベントのストーリーを 進めるだけで入手できるので 簡単に手に入れることができます。 入手が簡単なキュアブラック&ホワイ …

グラブルラファエルは強い?雄々しき強風はどんな効果?

周年イベントでも登場した 四大天司の1人「ラファエル」 プレイアブル化はしていませんが ガチャのSSR召喚石枠として 入手することができます。 そんなラファエルですが 強い召喚石なのでしょうか? 召喚 …

グラブル刀剣のメダリオンの集め方は?初心者でも効率よく集める方法

「刀剣メダリオン集めなきゃ・・・」 グラブル刀剣乱舞コラボ。 2017年9月21日の21時には 終了してしまいますね。 コラボで必要になる素材。 初心者さんには集めにくいと思うのが 刀剣のメダリオン。 …

グラブル古戦場の戦貨を効率よく集める方法

2ヶ月1回くらいのペースで 最近は行われている星の古戦場。 戦貨ガチャから十天衆を解放する SSR武器が入手可能なイベントなので 強くなるためにはこなしておきたい イベントの1つになっています。 戦貨 …

グラブル水着ジャンヌは強い?天井で取る価値はある?

2018年の水着キャラとして 実装された水着ジャンヌ。 夏になる前に先行して実装された 水着キャラになっています。 属性も変更されて風属性になっていますが 水着ジャンヌは強いキャラなのでしょうか? サ …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ