グラブル

グラブル闇エレメントの入手方法と効率のよい集め方

投稿日:

闇属性武器を最終上限解放しようとする時に
要求される闇エレメント。

セレスト武器を最終上限解放する場合は
200個必要なトレジャーになります。

普通にプレイしているとなかなか
入手する機会が無い「闇エレメント」

どうやって入手するとよいでしょうか?
入手方法と効率のよい集め方を紹介していきます。

関連コンテンツ

グラブル闇エレメントの入手方法

闇エレメントは闇属性召喚石を
エレメント化すると入手することができます。

エレメント化できる闇属性の召喚石は
SR召喚石、SSR召喚石のみで

R召喚石はエレメント化対象外になります。

~エレメント化以外の入手方法~
・栄誉交換。
・アバターからのドロップ。

これらの方法でも入手可能ですが
手に入る数が少ないので

どちらもエレメント集めには不向きです。

スポンサードリンク

闇エレメントの効率のよい集め方

レジェンドガチャで手に入る
SSR召喚石をエレメント化することで

一気に200個入手することができます。

しかしガチャでSSR召喚石を
手に入れるのはなかなか大変なので

イベントやマルチバトルで手に入る
SSR召喚石を集めて

それをエレメント化していきましょう。

イベント、ドロップで手に入るSSR召喚石は
エレメントの取得量が20個になりますが

ガチャSSR召喚石と比較して
入手がしやすいのでエレメント集めに最適です。

・討滅戦「ディアボロス」
・マルチバトル「セレストマグナ」
・シナリオイベントで入手可能なSSR闇属性召喚石。

これらをエレメント化していきましょう。

スポンサードリンク

闇エレメントの使い道まとめ

闇のエレメントは武器の最終上限解放の他に
召喚石の最終上限解放でも使用します。

最終上限解放で最も多くエレメントを消費するのは
アヌビスの最終上限解放をする場合。

召喚石1個に付き500個使用するので
エレメント集めだけでも苦労します。

他にも英雄武器を闇属性にした場合
強化で50個必要になります。

こちらはそれほど数を消費しないので
あまり困ることは少ないです。

スポンサードリンク

まとめ

闇エレメントはSSR召喚石かSR召喚石を
エレメント化することで入手が可能になります。

レジェンドガチャで手に入る
闇属性のSSR召喚石をエレメント化すると
一気に200個手に入れることができますが

ガチャのSSR召喚石は入手機会が少ないので

できるだけドロップ、イベントでもらえる
SSR召喚石をエレメント化して

闇エレメントを稼いでいきましょう。

闇エレメントは武器の他にも
召喚石の最終上限解放に使用するので

セレストマグナ武器集めが終わっても
エレメント目当てでセレストマグナを
定期的に倒しておきましょう。

-グラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グラブル闇属性武器おすすめ初心者でも入手しやすいもの

「闇属性ってどうやって強くするの?」 グラブル6属性の中でもマグナが強く イマイチ鍛えにくい闇属性。 以前は育成に苦労しましたが 最近では入手しやすい武器も増え 以前よりは鍛えやすくなりました。 今回 …

グラブル俺達のレンジャーサイン復刻報酬は何を交換しておくべき?

グラブルシナリオイベントの中でも 良イベと言われている 俺達のレンジャーサイン。 2018年9月9日に復刻しましたねー 復刻のシナリオイベントは トレジャーを集めて報酬を 交換していく形式になっていま …

グラブル6人HL入門!難易度は?気をつけることは何?

「6人HLってなんかコワイ…」 なにせ参加人数が少ないので 失敗するイメージが強いですが いつだって挑戦あるのみ!です! 6人HLの中でもカンタンなのは? そして難しいのはどれなのか? プレイすること …

no image

グラブルサプチケ交換のおすすめ2019年6月版

2019年6月19日に販売されたサプチケ。 先月販売されたので今月は無いかな? と、思っていましたが まさかの連続販売でサプライズ感ありましたw サプチケは買ったはいいけど 「何と交換しようかな・・・ …

グラブルダークフェンサーのLBは何に振るべき?おすすめはある?

「ダークフェンサーのLB何に振る?」 主人公のジョブレベルをMAXにしてから 割り振れることができるLB。 少しでも能力をUPするために 重要な要素になっています。 しかし割り振る項目がたくさんあって …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ