FEH

FEH伝承シグルドにスキル継承するなら何がおすすめ?

投稿日:

2021年4月28日の更新で
実装された新たな英雄。

今回は聖戦からシグルドが
伝承枠で実装されました。

伝承になると兵種、武器種共に
変化するキャラもいますが

シグルドは兵種、武器種は変わらず
剣騎馬になっています。

伝承シグルドを運用する時に
気になるのがスキル継承。

運用するなら継承したい
おすすめスキルを紹介していきます。

関連コンテンツ

伝承シグルドにスキル継承するなら何がおすすめ?

伝承シグルドは補助を
継承無しで覚えることができません。

スキルの穴埋めをするためにも
優先で継承しておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。
ルーナ、バーツから継承できます。

~その他、スキル継承おすすめ~
・遠距離反撃
射程2の攻撃でも反撃可能になるスキル。

伝承シグルドは専用スキルが強力で
高い耐久性があります。

壁役として運用することもあるので
継承キャラに余裕あれば覚えておきましょう。

ヘクトル、フリーズなどから
継承することができます。

・速さ守備の近影3
再移動が発動できるスキル。

専用奥義のおかげで移動力が4ある
伝承シグルドと相性が良いので

運用法次第になりますが
継承おすすめスキル。

子供ターナから継承できます。

・攻撃の相互大紋章
周囲の攻撃を上げつつ
自身の攻撃も上げる便利スキル。

ダメージの底上げに使えるので
可能であれば覚えておきましょう。

男クリス、リリスなどから
継承することができます。

スポンサードリンク

伝承シグルドスキル構成一例

武器:聖裁ティルフィング
補助:引き戻し
奥義:グランベルの聖騎士
 A:遠距離反撃
 B:聖騎士の加護
 C:不治の幻煙3
聖印:生命の護符3

~継承に必要なキャラ~
引き戻し :ルーナ、バーツ
遠距離反撃:ヘクトル、フリーズ

遠距離反撃を継承したスキル構成。

ダメ軽減効果スキルがある伝承シグルドは
壁役としても使いやすいキャラ。

聖印は自己回復ができる生命の護符3や
ダメ軽減できるものをセットしておきましょう。

スポンサードリンク

伝承シグルドの個体値

LV40
HP41 攻撃57 速さ23
守備37 魔防26

※武器、スキルを含めた個体値。

攻撃、守備が高く、速さが低め。

与えるダメージを増やせる
攻撃↑個体が使いやすく、アタリ個体。

攻撃守備の機先4、不死の幻煙3と
レアスキルを所持していますが

専用武器、奥義、スキル共に強力なので
できる限り継承素材には使用せず

ハズレ個体でも育成して
運用することをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

補助を最優先で継承して
スキルの穴を埋めておきましょう。

引き戻しの継承がおすすめです。

初期スキルが強力なので
そのままでも十分強いですが

継承キャラに余裕があれば
遠距離反撃、攻撃の相互大紋章なども
覚えておきましょう。

-FEH
-,

執筆者:

関連記事

FEHネイミーにスキル継承するなら何がおすすめ?

2022年1月7日の更新で実装された新たな英雄。 今回は聖魔からネイミーがFEHに初実装されました。 兵種は歩行、武器種は赤弓。 レア兵種にプラスして専用武器所持が嬉しい要素になっています。 ネイミー …

FEHバレンタインミストにスキル継承するなら何がおすすめ?

2019年バレンタイン超英雄として 実装されたミスト。 兵種は騎馬になり、武器も緑魔と 初期実装と比較して大きく変わった キャラの1人になっています。 バレンタインミストを運良く引き当てて 使って行こ …

FEHクリスマスオルティナにスキル継承するなら何がおすすめ?

2020年12月18日の更新で実装された新たな英雄。 今回はオルティナ&サナキが双界英雄枠で実装されました。 初実装は飛行でしたが双界バージョンでは飛行能力が失われて歩行になりました。 クリスマスオル …

FEH忍者男カムイにスキル継承するなら何がおすすめ?

2021年11月5日の更新で実装された新たな英雄。 今回はFEIFから男カムイが忍者バージョンで実装されました。 兵種は歩行のままですが武器種が槍に変更。 星4排出もあるのでガチャを回していたら ポロ …

FEHのデューテにスキル継承させるなら何がいい?おすすめは?

FEエコーズに登場したキャラ、デューテ。 メイ、デューテ、リンダと 青魔って可愛いキャラ多いですよねw 運良くガチャで引き当てた人。 可愛いから必死にガチャを回した人。 様々な方法で手に入れた人がいる …

サイト内検索

サイト内検索

サイト内検索

よく読まれている記事



よく読まれている記事

最近の投降



最近投稿した記事

カテゴリー



カテゴリー
TOPへ